2006年03月09日

後厄のお払い

今日は仕事が休み。

カミサンの後厄の御祓いを地元の神社で行ってきました。

昨年が女性大厄の本厄33歳でしたので,今年が後厄。
多少はトラブルもありましたが,大きなケガも無くどうにか乗り切れましたので(^。^)
お札をお返しして,きちんと後厄の御祓いもしてと・・・

ハプニングは忘れた頃にやってくる。
いや,予期してたというべきか?

木曜日の午後4時前という事もあり,私たち家族の他は誰もいない神殿内。

5歳になるムスメは,御祓いの最中も集中できるだろうと心配はないのですが,2歳になるムスコは・・・祝詞を上げる時間が持つはずもなく。

カミサンが前面に座り,ワタシと子供達がその後ろで座って待機する形ですが,ムスコは御祓いが始まってまもなくソワソワ。

予測はしていたので,すぐさま棒付きキャンデーを取り出して渡す。

しばらくは大人しくしてると思いきや・・・

キャンデーを口に含んでワタシの抱っこという結界を抜け出すと,久しぶりのだだっ広い畳の空間を大いに気に入った様子で,「ゴロンゴロ〜ン」と言うと横になって転がり始めました(!)。

ゴロ〜ンと言いながら,20畳近くはある神殿の畳を端から端まで転がるムスコ。
止めようにもカミサンは御払いを受けている当人ですし,ワタシもなんか動き出すタイミング?を逸してしまい。

カミサンもムスメも,笑いをこらえるのに必死です(^^;

ゴロンゴロンと転がって満足したのか,ワタシの「メッッ!」という怒った顔が効いたのか,ようやくワタシの腕の中に戻ってきました。

と,同時に御祓いが終わり,神主さんがこちらを振り向く!!
間一髪!!!

いや,これを間一髪と言うのでしょうか?(笑)

最後に御祓いしてもらったお札とお守り,そして御神酒を貰ったのですが,すぐさま食べ物の気配を感じたのか「何貰ったの?何?」と神主さんに聞く始末。

流石に神主さんも笑っていましたねぇ。

バチアタリムスコ,怖いもの知らず。
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(8) | TrackBack(0) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails