2006年05月26日

HIVの起源特定か

エイズウィルス1型(HIV1)の発生は,アフリカのカメルーンに生息する野生のチンパンジーが起源となっていることが明らかにされたそうです。

HIVの起源、カメルーンのチンパンジーと特定 (asahi.com)

記事によれば,この一帯に生息するチンパンジーに潜むサルエイズウィルス(SIV)が,20世紀初頭にサルからヒトへと種の壁を越えて感染。
そこで突然変異が起きてHIV1になったと考えられるそうです。

鳥インフルエンザウィルスも,ヒトへの感染の結果突然変異を起こし,新型ウィルスとなって世界を駆け巡って流行しました。

・1918年のスペイン風邪(H1N1) 2500万人死亡
・1957年のアジア風邪(H2N2) 11万人死亡
・1968年の香港風邪(H3N2) 40万人死亡

エイズもインフルエンザも,パンデミックを引き起こしているウィルス。

種の壁を越える感染。
怖いことです。
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | NETスクラップ (社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails