2006年08月23日

冥王星は惑星ではない?

先日のニュースで,現在開催中の国際天文学連合(IAU)において,太陽系の惑星を現在の9個から12個に増やすという案が出ていましたが,一転して8個と減らす修正案が出されたようです。

惑星数、一転8個へ 冥王星「格下げ」 IAUが修正案 (asahi.com)

記事によれば,昨日の案;

(1)天体が自ら球状の形を維持できる重力をもつ
(2)太陽のような恒星を周回している天体で,恒星や惑星の衛星ではない

という内容では,今後も研究の進展で惑星が次々と増えてしまいかねない為,反対意見が続出したとの事。

今回の修正案は「同じ軌道にあった天体が合体して惑星が成長する」との理論に基づき,惑星を「恒星の周りを回りその軌道上で主要な天体」としています。

その為,海王星と軌道が交差して周辺に多くの小天体が見つかっている冥王星は,惑星から格下げされる可能性があると。

今回の案も採決されるかは不透明とのことですが・・・

いずれにしても世界中で教科書の修正はありそうですね(^^;
posted by マキパパ at 23:56 | Comment(8) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails