2006年11月30日

[Start Mac #04] 簡単!Windowsとのファイル共有

iMacを弄りだして,早1週間強。

とりあえず,おおよそのMacOS Xの動きに慣れてきたものの・・・

MacOS Xは,ファイルの置き場所を考えなくていいほどにSpotlightなどの検索機能が充実してますし,実際にとても分かりやすいGUIだと思います。

・・・が,やはりワタシはWindows使いなんですね(^^ゞ
というよりもMS-DOSの頃から「ディレクトリ」「フォルダ」という概念でHDDに書き込まれているデータを見ていたワタシ。
未だにMS-DOSライクなファイラー,Pyxisを愛用しているくらいです。
キーボード操作だけで,かなり素早くファイル操作ができるんだもーん(笑)

別にOSの解析をする訳ではないのですが,Windowsではアプリケーションでファイルを作成すると,保存する場所は「どこのフォルダの中」という形で明示します。
なので,MacOS Xでも,HDDのデータの中身はどのようになっているのか,ファイルを作成するとどのように保存されているのか。

見たい。実に見たい!
見ることで,MacOS Xに感じていたモヤモヤ感がなくなる気がする!!(^^ゞ

・・・という理由から,WindowsからMacの中を覗いてみる事にしました。
要はWindowsとMacでの「ファイル共有」ですね。

MacからWindowsへの共有はモニターのみなさんもやっていらっしゃいますが,それだとWindowsから持ってきたデータがどこに入るのかが分かりにくい。
単にまだまだ使いこなせていないだけ? >ワタシ(^^;

NETで共有方法を調べてみます。

以前バージョンのMac OSでは,Windowsとファイル共有するためには,ソフトでサーバーを立てたり,専用ソフトを利用したりする必要があったそうです。
が,MacOS XになってからはSMBプロトコルが搭載され,簡単にファイル共有できるようになったと。ブラボー!

実際に調べた手順でMacOS Xを設定し,
・愛機ThinkPad(WindowsXP SP2)
・母艦デスクトップ(WindowsVista RC1 ビルド5536)
からiMacを覗いてみましたが,両方とも実に簡単に共有することが出来ました。
ハラショー!!


では,設定手順です。

基本は,WindowsでいうところのLAN上の名称(ワークグループ)を同一にします。

Finderからアプリケーションを開き,ユーティーリティーフォルダの中にある「ディレクトリアクセス」を開きます。

「SMB/CIFS」にチェックを入れて,設定をクリック。
接続したいWindowsマシンのワークグループ名称と,同一の名称を設定します。

img2.jpg

iMacの内蔵Ethernetは,DHCPサーバーを参照する形になっているので,IPアドレスは特に設定しません。
(システム環境設定からネットワークの設定)

次に,システム環境設定から「共有」を開きます。

「Windowsファイル共有」をチェック。

img3.jpg

何と,実際これで設定完了!

そこに表示されている「Windowsユーザーは"\\xxx.xxx.xxx.xxx\zzzzzzz"でこのコンピュータにアクセスできます」とのメッセージどおり,Windowsのマイネットワークからアクセスすると・・・

iMacのHDDの内容が見れました!!(涙)

ちなみにiMacでHDDのアイコンをクリックして中身を見ると,このようになります。

img1.jpg

これをWindows XPから見ると,こんな感じに(^^ゞ

img4.jpg

MacOS Xでは,どうやらファイルの形式をOSが判断して,適宜ドキュメント,
ムービー,ミュージック,ピクチャーといったフォルダに格納しているようですね。

試しにiMacのPicturesフォルダを覗いてみると・・・

img5.jpg

Photo Boothフォルダに撮影した画像データ群を発見(笑)

iMacのHDDに格納されているデータを直接見たことで,一つMacOS Xのモヤモヤが晴れた気がします。
ファイルの保存場所を気にせず使える便利なOSなのに,ついつい覗いてしまうのはWindows使いの悲しい性でしょうか(^^;

ちなみにiMacの画像は,MacOS Xのグラブを利用して画面をキャプチャしました。
tiff形式で画像が保存されるので,今回のファイル共有でiMacのDocumentsフォルダからWindowsにコピーし,irfanviewでjpg形式に変換しています。

とにかく,これで愛機ThinkPadや母艦デスクトップとデータのやりとりができるようになったiMac。

・iPodをiMacで管理させる(iTunesの移行)
・子供達のとりためた画像データを,iPhotoで作品にする

といった当初の目標に,一歩近づいたのでした。
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(8) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails