2007年01月31日

[Start Mac #09] ProCareのStudioSeries #2

今日は仕事帰りに再び銀座のApple Storeへ。

ProCareという,Apple Storeで受けられるメンバー限定サービスの,「Studio Series(無料スタジオクラス)」にまた参加してきました。

今参加しているStart Mac体験モニターでは,このProCareの利用もモニターの一つとなっています。(ありがたやありがたや(^^ゞ)

参加時間は夜の18時半〜20時半という遅い時間帯。
平日でも会社帰りに利用できるので,嬉しいですね。
もっとこの時間帯のクラスを増やしてくれるといいんですが・・・


今回受けたのは,「iPhoto入門」。
iPhotoとデジタルカメラを使って、あなたや、あなたの人生に関わるすべての人たちにとって生涯残る思い出を作るために必要なことを、すべてお教えします。
アップルのエキスパートが、このエキサイティングでパワフルなアプリケーションのすべてをお見せし、デジタル写真の驚くべき世界を余すところなくご紹介します。
昨年12月には初心者向けのクラスに参加しましたが,今回は一般向けスタジオクラス。
成長しています,自分(笑)

このiPhotoというのは,お気に入りの写真のすべてを整理・編集し,しかも色々な形で共有できる,オールインワンのアプリケーションの事です。

前に友人からMacBook ProによるiPhotoのデモを地元の飲み屋さんで見て衝撃を受けましたが,今や自分もMacで使っている様になっているのがなんとも不思議です(^^ゞ


銀座のApple Storeは,昨日発売されたばかりのiPod shuffleの新色が並べられていました。

iPod shuffleに新色追加--5色のラインナップで販売開始(CNET Japan)

ファッション業界において今年の最もホットなカラーだから」という理由で追加された新色,オレンジが印象的。
もうiPodは「ファッション性を重視するアイテム」である,との自覚があるわけですね。
iPod nanoで展開している,ブラックやレッドの発売がなかった理由も↑のリンク先で読む事ができます。

バレンタインシーズン間近ということもあり,フロア内は相変わらずの混雑でした。

いつもの様に,自動運行する透明なエレベータに乗って4Fへ上がります。
3FではWorkshops(無料セミナー)が開催されているのですが,前回の講師だった小沢さんがプレゼンしてました。(相変わらずCuteです!)

そこから階段で5Fへ。
スタジオ・トレーニング・センターに向かいます。

applestoreiphoto.jpg

受講前にトイレを済ませたのですが,4回もこの場所に来ていると流石にもう迷わないですね(笑)

今回の講師は濱部さんという男性のMac Specialist.
ふとした笑顔が,お笑いタレントのロバート秋山をギュッと細くした感じに似ているかも??

参加者はワタシを含めて男性が5名,女性が4名の合計9名。

年配の方が半分程いらっしゃいまして,Macというコンピュータで写真を管理しよう,何か作ろうという気持ちでMacを選択され,年間¥9,800−もするProCareに加入して学ぼうとされている訳ですね。
モノを作るの好奇心に年齢は関係ありません。凄いことです。

最初にCanonのIXY Digital 500で適当にスタジオクラス内を撮影。
それをベースに,iPhotoに取り込み,加工し,作品に仕上げるというわけです。

IMG_1775.jpg

IMG_1777.jpg

IMG_1782.jpg

こんな風に堂々とスタジオの写真を撮影できるのも,iPhotoのクラスならではですね(笑)

ちなみに,受講中は使用しているMacBook上で.Macにログインし新規メールを作成,そこにポイントを記入⇒保存という形でメモを取っていました。
Webメールベースなので,自宅でそのまま見れるという訳です。

上のアップした写真データも,その方法を使っています(^^ゞ

この写真の取り込みで,ようやくiPhotoの「ロール」という概念が理解できまして(^^;
要は「カメラから取り出したフィルムに名前をつけること」ですね。

名前をつけてフィルムを管理していたように,デジカメから取り込むときにその写真をひとかたまりにして認識することが出来ます。

写真にメタデータを与えることで,まさにiTunesのようにデータを並べ替え,特定の写真を抽出し,お気に入りのプレイリスト(=アルバム)を作成したり。
操作体系が同じなので,非常に分かりやすいですね。

ふと自宅のiMacに取り込んだ子供達の写真データを思い出していました。
ムスメが生まれてから6年。その間にムスコも生まれ,撮りためた写真が優に5,000枚以上!
今更ロールのようなメタデータを設定するのは至難の業!!
かろうじて日付ベースでの管理はできますが,何か上手い方法を探さないといけませんね・・・

う〜ん (>_<)


写真の管理では,写真を編集するところも教わりました。

「全画面で編集」というのが,大画面で見やすくて,操作もしやすいので便利ですね。
iPhotoで写真を選択後,左下にある四方向に矢印が伸びた四角のアイコンで可能です。
iMacのモニターを始めてから今までは,普通にiPhoto内で編集のマネゴトでしたので・・・(^^;
エフェクト追加などもできますが,iPhotoはオリジナル画像を覚えているので,操作一つでいつでも元通りに戻せます。

また講師の濱部さんから,レタッチの面白いエピソードが。

子供向けのクラスも教えているそうなのですが,そこで子供達がお父さんやお母さんの写真で眉毛をレタッチして消したり,口を消したりして楽しんでいたとの事。

なるほど,ウチのコにもやらせてみよう!(笑)

ただこの写真の補正について操作方法だけではなく,上手な補正方法のコツなどもお聞きしたかったところです。
本格的なものはプロ向けクラスのPhotoshopやAperture入門などで学ぶとして,iPhotoでもここまで補正できる!みたいな。


次にiPhotoのデータを作品にし,共有するところでは・・・

iPhotoからメール送信を選択すると,簡単に画像データサイズを圧縮できたり。
もっとたくさんの写真を共有したい時は,iPhotoと同じiLifeソフトであるiWebを使ってホームページの作成をしてみたり。

また取り込んだ写真を使って,カレンダーや写真集,グリーティングカードなども作り,完成見本も見せていただきました。

ふと,ムスメの幼稚園卒園記念に。
この2年間の写真を使って絵本を作ってあげようと思い立ったわけですね,これが(^^ゞ


最後にはスライドショーのポイントを少しやりましたが・・・

とにかく多機能で,使い方もそれこそ様々なiPhotoというソフト。
これを2時間で学ぶのはとても時間が足りません!!

ぜひ複数回シリーズ化などは出来ないでしょうかねぇ・・・ >アップル様

スペシャリスト濱部さんも最後に話していましたが,講座形式をとっている以上,ある程度は参加者の理解や作業具合を見ながら進めていく為,内容も限られて遅くなってしまうとの事。

そういう意味では,ここの3Fで行われているWorkshopsはセミナー形式ですから,参加者は聞いているだけ。
講師はどんどん先へとプレゼンできるため,それなりに技やTIPSを出せて発見ができるそうです。

なるほど,という事は・・・

3FのWorkshopsでヒントやコツをつかみ(無料)。
2FのGenius BarThe Studio(予約制)でアドバイスやマンツーマンの技術サポートを受ける。

更にProCareに加入すると・・・

今日の様に5FのStudio Seriesで少人数の講座形式で実際に操作しながら学べたり。
2Fで1時間のプライベートレッスンを受ける事ができ。
またGenius BarやThe Studioの予約に融通が利くようになり。
(以上全て無料,ProCareの9,800円/年のみ)

アップル製品の販売店,売場というだけでは収まらない,「Apple Storeの使い方」というのが見えてきました。

いよいよMacという製品にハマってきたようです(^^ゞ >ワタシ

最後にスタジオクラスのアンケートに答えて終了となるわけですが,「アップルの製品についてひとこと」といった設問があったので・・・

iPhoneを日本で発売してください!!

と,しっかりお願いしてきました(笑)

Apple Store(Japan)
Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

Windows Vista!

もうあちこちのニュースやblogで話題となっているWindows Vistaがいよいよ発売されましたね。

マイクロソフト、個人向けWindows Vista/Office 2007を発売(PC Watch)

ワタシも製品候補版(Vista UltimateのRC1)をずっと使い続けてきましたが,Windows Aeroの見た目もさることながら,いたるところにシステムの堅牢性を誇示するような仕掛けもあったりして,完成が楽しみでした。

母艦デスクトップ(Pentium4 3GHz,メモリ1.5GB,マザボ内蔵グラフィックIntel 945Gの224MB)という環境ですが,このWindows Aero機能もサクサク動いてくれてまして。
斜めになったウィンドウが重なり合う,見た目が印象的なWindows フリップ 3D(Windowsロゴキー+Tab キー)によるタスク切替もサクサク。
もちろんWindows フリップ 3Dの状態で,一覧化された動画のウィンドウもそのまま動いています。

そういえば過去のエントリで,Macのタスク一覧表示機能であるExpose´と比較画像を載せた事もありました。

DSCF9130.JPG

まぁ今は愛すべきiMacとMac OS Xがありますので,しばらくはOS単体でのVistaは購入せず。
いずれプリインストールされたVista搭載PCを購入するでしょうし,それまでは今のXPを使い続ける事でしょう。
・・・Vista RC1の使用期限は2007年5月末までですので,それまでには何とかしないといけませんけど(^^;


XPといえば,Media PlayerとチャットアプリのMessengerが,ともに最新版が公開されていますね。

マイクロソフト、XP向け「Windows Media Player 11」の日本語版を公開(INTERNET Watch)
マイクロソフト、「Windows Live Messenger 8.1」正式版を公開(同)

どちらも良く使うアプリだけに,すぐにインストールしました。


そしてインストールといえば,最新のiMacやMacBookはWindowsが動きます
(いわゆるIntelプロセッサ搭載Mac)

Start Mac体験モニター仲間の間でも,すでに製品版のVistaをお使いのMacにインストールされた方がいらっしゃるようで・・・

流石です〜 (^o^)

伊藤浩一のW-ZERO3応援団
[Mac]MacBookにWindows Vistaをインストール

朝之丞のTry and Tested
Apple MacBook + Boot Camp Beta 1.1.2 + Windows Vista Ultimate(製品版)








タグ:Windows Mac
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(2) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

[Start Mac #08] おかえり,iPod。

「WindowsからMacへ,iTunesのデータを移行しよう!」

Start Mac体験モニターを通してiMac 20"を試用するにあたり,やりたかった事の一つに「iPodをiMacのiTunesで管理する」という事がありまして。

つまり,WindowsのiTunesデータをMacに移行するという事です。

2004年初めにiPod 3G(第三世代)を購入して以来,ずっとWindows+iTunesで使ってきており,全く不具合も問題もありませんでしたが。

せっかくのiPod。せっかくのiMac。
両方ともその背中にはアップルのマーク。
アップル(iPod)にはアップル(iMac)を!

そんな訳であまり深い理由は無いのですが(笑),iTunesの環境移行をしましたのでモニターレポートをエントリしたいと思います。

ちなみにiTunes 7以降では,ライブラリやプレイリスト,★のレーティングや再生回数などなどを2つの方法で移行することができます。
DVDやCDにバックアップして移行
iPodのディスクモードを使って移行
でも今回は,PC-Mac間で直接データをコピーする方法で行ないました。

実は過去に,Windows間でこの方法でiTunesの環境移行を行なった事があり,非常に簡単だったもので・・・(^^ゞ

愛機ThinkPad X31(ノート)から母艦Gateway(デスクトップ)にiTunesを環境移行した際は,
(1) 楽曲やPodcastなどの音源データ
(2) ライブラリデータ
の2つをPC間でコピーした覚えがあります。

今回はさらに,
(3) 「WindowsとMac」
という,OSやファイルシステムの違いも気になるところです。

そのあたりを踏まえて,NETでいろいろと検索。
そして実際にiTunes環境の移行作業。

・・・結論。

実に簡単でした!!


移行で行なった作業は,Windows側のマイドキュメントフォルダ内にある ;
・「\My Music\iTunes」フォルダにある各データ
を,Mac側の;
・「(ユーザー)/ミュージック/iTunes/」フォルダ
にコピーするだけ。

そう,これだけ!(^^ゞ


参考までに,今回行なったマシンとOSは次の通りです。
・Windows : Gateway 5020j (Windows Vista RC1)
・Mac : iMac 20" (Mac OS X 10.4.8)
(Windows XPでも同様に設定できるはず)

具体的な移動データはどれかといいますと・・・

・ 移動元データのあるフォルダ
\(ユーザー名)\My Documents\My Music\iTunes\

・ 移動するデータ
1) 「 iTunes Music 」フォルダ内にある音源データ全て
2) 「 iTunes Library.itl 」 (ライブラリ情報ファイル)
3) 「 iTunes Music Library.xml 」 (ライブラリ情報ファイル)

iTunesVista.jpg

このデータをMacの「(ユーザー)/ミュージック/iTunes/」フォルダにコピーします。

iTunesMac.jpg

コピーする際のポイントは2つあります。
・ Mac(移動先)のこのフォルダには,既に「 iTunes Library 」「 iTunes Music Library.xml 」ファイルが存在するので,とりあえず他のフォルダに移動しておく(コピーではなく)
・ Windows(移動元)のiTunesより,[詳細設定]>[ライブラリを統合]を実行して全ての音源データを「iTunes Music」に集めておく
Windowsの「 iTunes Library.itl 」ファイルは,Macでは「 iTunes Library 」と拡張子がついてないファイルなのですが,とりあえずWindowsからそのままコピーした「〜.itl」ファイルをそのまま使って問題ないようです。

ちなみに(3)で心配したOSやファイルシステムによる違いは全くありませんでした。

以前のエントリ「[Start Mac #04] 簡単!Windowsとのファイル共有」でも書きましたが,Mac OS XはホントにWindowsと親和性が高く。
特に意識せずに,そのままファイルをWindowsからMacにコピーするだけでした。

これだけで,iTunesのお気に入りのプレイリストや再生回数,★マーク情報やPodcastの登録情報など,必要なデータが全て引き継がれます!!

ライブラリファイルの「〜.itl」や「〜.xml」データがどのような作りかは分かりませんが,何ともはや簡単な事ですね〜。


唯一,過去のWindows間の環境移行で発生しなかった作業が。

移行後にiTunesを起動すると,一部音源データに文字化けが発生していました。
Macが対応している,ユニコードに発端がありそうです。

iTunesmoji.jpg

文字化けしているときは対象ファイルを右クリック(Macでも右クリックが使えるんですよね〜),[ID3タグを変換]を選び[文字列を変換]にチェック,一番上の「ASCIIからISO Latin-1へ」を選ぶ事で,文字化けが解消されました。


この状態で,iPod 3GをMacにつなぎ・・・

いえいえ,せっかくですからiPodのフォーマットもWindows仕様(FAT32)からMac仕様(HFS+)に変えてしまいましょうと(^^ゞ

iPodの復元(工場出荷状態に戻す)をiTunesで行ないます。
それまでアップデータプログラムが別になっていましたが,iTunes 7からは一本化されたので,分かりやすいですね。

またWindows(移動元)のiTunesはもう使わないでしょうから,[詳細設定]>[コンピュータの認証を解除]を行います。

iTunesPCU.jpg
iTunesでは,購入した楽曲などは5台までの再生が認められていますが,この「認証解除」を行って移動元の環境で再生できないようにすると,再生可能な台数を減らさないまま移動できるという訳です。


という事で,あらためてMac仕様になったiPod 3GをiMac 20"に接続。
無事に認識,同期化,移行が完了しました!!


ようやくMacにつながったね。
「おかえり,iPod」。


お祝いに?iTunes Storeから楽曲を購入しちゃったりして(^^ゞ

購入したのはThe Rolling Stonesの「She's a Rainbow」。
初代iMacのCMで使われていた曲です。



カラフルで華やかなスケルトンボディの初代iMacが,この曲にあわせてクルクル踊る,なんともインパクトのあるCMでした。
PCが初めて(特に女性)という方がカワイイ!と見た目やイメージで購入し,モノ作りの世界でもスケルトンブームを巻き起こしたのは有名なハナシ。

最新のiMacで再生してあげます(笑)

DSCF9553.JPG

ちなみにこのiPod 3Gは,ライトアップ時にじんわりと赤く光るギミックがお気に入りです。

既に一度iPodバッテリ交換プログラムでオーバーホール交換していますが,これからも大事に使っていきたい1台ですね。

(そりゃもちろんビデオ対応のiPod 5Gも欲しいけど(^^;(^^;(^^;)


 iTunes Music Store(Japan)
Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

iPhoneの3Dモデル

Blog!NOBONさんの「みんなで「iPhone」の3Dモデルを貼り付けよう:)」から。

ワタシも早速貼り付けてみます(^^ゞ

iPhone

あらためてこうして見ると,前面タッチスクリーンのiPod。

実機の発売が待ち遠しく。
そして「日本で発売!」の発表も待ち遠しく。

実現しますように。

Apple Store(Japan)
Apple Store(Japan)
タグ:iPhone apple
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

あの「マックとパソコン」の新しいCM

残業で遅くなり,一人テレビを見ながら夕ご飯を食べていた時・・・

久しぶりに見る,ラーメンズの2人が演じる「マックとパソコン」のCM。
しかも,年賀状編以来の新しいバージョンのCMでした。
マック君は,旅行の思い出をblogで表現。
パソコン君は,その思い出を仕事であるかのように円グラフで表現。

まぁ相変わらず堅物な「パソコン」君ぶりでしたが(^^;

ワタシが参加しているStartMac体験モニターでも,座談会の時に話題となったり,モニターレポートの宿題になったりと,何かと気になるCMでもあります。

とりあえずモニター機のiMacを立ち上げてアップルのサイトへ。

これまでのCMと同じく,「Macをはじめよう」のコーナーで,新しいCMが公開されていました。



・セキュリティ編
・円グラフ編
・再起動編

Windowsユーザーは,要Quicktimeプラグインです。

モニター仲間であるしゅん爺さんのblog「iPod nanoなの。」でも既に記事がエントリされてますね。さすが!!

改めてこの3種類を見ましたが,いやはや(笑)
セキュリティに対して心配は要らないよ!という,強気な発言も相変わらずです(^^;


Intel Macとなって,Macの中で普通にWindowsXPが稼動して同時に使えるようになった今,もっと親和性を強調してもいいのに,と思ったワタシ。

再起動編のCMで,マックとパソコンが「二人ともマイクロオフィス使えるしね」とセリフを合わせるところはインパクトあると思うのですが・・・
(昔からですけどねw)

Apple Store(Japan)
Apple Store(Japan)
タグ:apple Mac
posted by マキパパ at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(2) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

今年の花粉は少なめ?

ワタシを含めて身に覚えのある人にはと〜っても気になる,毎年のこのニュース。

今年の花粉の飛散量は,地域により平年並みから20%程度という予想が出ています。

今春の花粉予測「平年並みから20%程度」(asahi.com)

昨年に杉が花芽をつける時期の日照時間が少なかった東北から九州北部にかけての地域で,花粉量が例年よりも少ないという調査結果を踏まえたとの事。

環境省の報道発表資料はこちら

色々なニュースのリンク先で知ったのですが,全国の観測地点からの1時間ごとの情報を「はなこさん」で知ることが出来るんですね。

「はなこさん」は愛称だそうでw
正式名称は「環境省花粉観測システム」。

今年の観測情報配信開始は2月1日からだそうです。
タグ:花粉症
posted by マキパパ at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

FirefoxのTabを3D切り替え

窓の杜を見ていたら,面白いFirefox用アドオンが紹介されていました。

「Firefox」のタブ切り替え時に3Dエフェクトを付加する拡張機能「Tab Effect」(窓の杜)

Firefox
は,複数のWebページをTab(タブ)を使用して切り替え,1つのウィンドウ内で複数のWebページを見ることができるTabブラウザです。

そのTabの切り替え時に,表示された画面そのままにサイコロの様にグルリと3D回転するアニメーションを加えるアドオン(機能追加)ソフトが,ここで紹介されている「Tab Effect」。

実際に愛機で使用しているFirefox2.0.0.1にインストールしてみましたが・・・
おおー面白い面白い!!



そんなに画面負荷も無く,サクサクと3DアニメしながらTabが切り替わります。
(要:DirectX 8以降,つまりWindowsのみ)

・・・



まて,まてよ?

どこかで見たこのエフェクト効果。

Mac OS XのFast User Switchingや,iPhotoなどのトランジションでお馴染みのキューブエフェクト効果ではないですか。

Windowsでそれが再現されるのを見るのは,何か新鮮でした(笑)。


Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)
タグ:Firefox Mac
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails