2007年06月07日

ティーダの一部車台にリコールが

ワタシの愛車ティーダの一部車台に,リコールが出ています(!)

ノートなど6車種のリコールについて (日産リコール関連情報)

届出表によれば,
無段変速機の前進用クラッチハブにおいて,強度が不足しているものがあります。そのため,そのまま使用を続けると,当該ハブに亀裂が発生し,最悪の場合,ハブが破断して,前進できなくなるおそれがあります。
というもの。

リコール対象となるティーダは次の通り。
(形式,車台番号範囲,製作期間,対象台数)

・DBA-C11
C11-049345〜C11-090008
平成17年5月12日〜平成18年3月06日
16,226台

・CBA-JC11およびDBA-JC11
JC11-003813〜JC11-015009
平成17年5月11日〜平成18年3月7日
2,576台

幸いにも,ワタシの愛車は発売されたばかりの平成16年10月製作。
車台番号も,まだ1000番台とかなり若造です(^^;

ティーダと同じくCVT(無段式変速機)エンジン搭載のノートキューブマーチウィングロードなどにも対象が広がっています。

オートマ車なだけに,クラッチが壊れるのはシャレにならんです。

車台番号範囲と対象台数を比較すると分かりますが,番号範囲にある全てのティーダが対象という訳ではないようですね。

思い当たる車台の方は,早めにお近くのディーラーでチェックです!
タグ:TIIDA
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | with TIIDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails