2007年06月11日

ラニーニャ観測で夏の気象は?

ペルー沖の太平洋で,ラニーニャ現象が発生している模様と,気象庁より発表があったそうです。

梅雨短く、夏は猛暑・渇水…気象庁がラニーニャ観測 (YOMIURI ONLINE)

ラニーニャ現象とは,東太平洋赤道上で海水の温度が低下する現象。
反対に海水の温度が上昇する現象が,エルニーニョですね。

このラニーニャ現象が発生すると,梅雨明けが早くなり,夏場は気温が高めで少雨となる傾向があるそうです。
記録的な猛暑,そして少なかった降雨による夏場の渇水が気になります。

ちなみに・・・

エルニーニョは,スペイン語で「男の子」という意味。
ラニーニャは反対の現象なので・・・「女の子」という意味だそうです。

へーへーへー。
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(23) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails