2008年02月22日

「笑いの量」の単位は「aH(アッハ)」

人間が笑うときの度合いを数値化して,測定することができる「笑い測定システム」が開発されたそうです。

「笑いの量」測れた 関大が世界初 作り笑いも識別 (CNET Japan)

笑い測定?といっても眉唾な装置ではなく(^^;
関西大学社会学部の研究チームが開発したこの装置は,笑う際に腹部の横隔膜が震える様子をセンサーで調べて数値化すると(!)
木村教授によると,横隔膜は,声や表情で笑っているように装っても振動せず,本当に笑った時に毎秒2〜5個の特徴的な振動波を発生させるという。
なので,愛想笑いなのか,つくり笑いなのか,本当に面白くて笑っているのか。
そんなところまで識別できてしまうわけですね。

・・・お笑い大会などの審査で,観客にこの装置をつけると公正な審査ができるかもしれませんね!?

「aH(アッハ)」という単位を用意しているところが,なんともお上手でニヤリとしてしまいましたが・・・
ということで今,ワタシの横隔膜は,この振動波を発しているはず(笑)
タグ:ニュース
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

スタバの「Add Shot Day」

スターバックスでは,バレンタインが終わった翌日の15日から,新しいプロモーションが開始しています。

今のプロモーションドリンクは,定番メニューでもあるエスプレッソベースのドリンクたち。

すなわち,スタバのラテやカプチーノなどなど。
原点回帰というか,やはり定番メニューは欠かせませんね。

以前からのこのblogでもエントリしてきましたが,スタバのドリンクといえばカスタマイズです。

メニューにあるドリンクをベースに,ミルクの種類を変えてみたり,バニラやヘーゼルナッツといったシロップを加えて風味をさらに豊かにしてみたり!
飲みなれたいつものドリンクに,それは新しい発見が!!

そんなカスタマイズの一つが「アドショット」。
要は,エスプレッソドリンクのベースになるエスプレッソショットを,さらにもう1ショット追加するというカスタマイズです。



この「アドショット」が,4日間限定で「無料」となるキャンペーンが開催されます。
(通常,ショット追加は+50円です)
・Add Shot Day エスプレッソショットの追加を試すチャンス!

スターバックス コーヒー全店(ホールビーンストアを除く)で,エスプレッソ ショットの追加を無料でお試しいただけます。

2/22(金) 3/7(金) 3/21(金) 4/4(金)
・・・2/22(金)。明日ではありませんか(!)

ワタシのオススメは,トールサイズのエスプレッソベースのドリンクに,もう1ショット追加する,というもの。
(ちなみにショートサイズとトールサイズのドリンクは,もともと1ショット分のエスプレッソで作られています)

いつものクリーミーなラテが,ちょっとビターに,引き締まった味わいになってこれまた美味しいです!

応用だと,グランデサイズのラテなどは元々2ショット分入っていますので,例えばグランデラテにアドショットすると「トリプルグランデラテ」になります。
エスプレッソが3ショット(トリプル)入ったグランデサイズのラテ。

えぇ,か〜な〜り濃い味です(^^; (ワタシはそれも好きですけど(笑))

嬉しいことに,ブログの集まりでスタバ好きな方々から,(くうねるあそぶのエントリを読んで)実際にカスタマイズしてみたよ!という嬉しい声もいただいたりしました(^。^)

明日スタバに行く機会がありましたら,ぜひぜひカスタマイズしてみてください!!

ワタシもタンブラー持参で,「ダブルトールソイラテ(トールサイズのラテのミルクを豆乳に変更しさらにもう1ショット追加)」しようと思います(^^ゞ
タグ:スタバ
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | STARBUCKSとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

HD DVDの撤退にみる規格戦争にまつわる3つの法則

すでに,多くのニュースで報道され,あちこちのサイトやblogで話題になっている,東芝のHD DVD事業の終息の発表。

「次世代DVD」として争っていた,Blu-rayとHD DVDという2つのフォーマットですが・・・
HD DVDが登場して2年という短さで幕を閉じることになった要因を,デジタル・メディア評論家の麻倉怜士さんが分析しています。

麻倉怜士が分析--HD DVDはなぜ負けたのか? 歴史的考察 (CNET Japan)

注目は,AV(Audio&Visual)業界の規格戦争にまつわる3つの法則。
この法則を今回のHD DVDという規格にあてはめて,なぜ東芝が敗退したのかが考察されています。

麻倉怜士さんといえば,ワタシが昔(そして今も)はまっていたホームシアター関係で,よくお名前を拝見していました。

「家で映画館を!」と始めたばかりの頃は,とにかく情報がほしくて熱〜く読んでいたホームシアター系の雑誌の数々。
HiViAV REVIEWホームシアターファイル(←取材を受けてウチのシアターが雑誌に掲載されたことがあります(^^ゞ)などなど,氏のコラムを何度も目にしたことがあります。

さすが,この「3つの法則」による分析も,また大変に興味深い。
なるほどですね・・・


Blu-rayとHD DVDの戦いの軌跡については,次の記事も参考になると思います。

次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡【前編】なぜ2つの規格が生まれたのか (AV Watch)

【後編】のコラムも,早く読んでみたいところです。

<2/22追記>
【後編】が公開。リンクしておきます。

次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡【後編】東芝の意図とハリウッドの選択 (AV Watch)
タグ:DVD
posted by マキパパ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

モバイルSuicaの年会費無料は3月31日まで

ケータイで利用できるSuica,モバイルSuicaの年会費無料期間が,いよいよ終わろうとしています。

一般カード利用のモバイルSuicaユーザーは、年会費が必要に (ITmedia News)

最初,モバイルSuicaはJR東日本が発行するVIEWカードのみがチャージ対象でした。

その後2006年10月から,VIEWカード以外でも利用が可能になり。
ワタシもこの時,モバイルSuicaを登録していますね(^^ゞ

この時に,VIEWカード以外は「年会費¥1,000」という設定になった訳ですが,「年会費初年度キャンペーン」という事で2007年3月31日までは無料という事に。

そして,この無料キャンペーン終了間近の2007年2月になると,年会費無料期間をもう1年延長するという発表があり,年会費は2008年3月31日まで無料に。

・・・が,流石に今回は延長がなく,とうとう実質有料化となる訳ですね。
(´Д`) アァ・・・

記事中のから,あらためてサービス内容を比較してみます。

たとえば,ワタシの様にVIEWカード以外のクレジットカードを利用しており,しかもこの年会費支払いに同意しなかった場合。

Suicaの電子マネーによる電車の利用や,買い物は引き続きできます。
ただし電子マネーへのチャージは,現金や銀行からのみ。
しかも,定期券をモバイルSuica内に新規に購入し,利用することができません(!)

これは痛い。

1年以上モバイルSuicaを使い続けてきましたが,正直使用頻度はかなり高いです。
駅の自販機でのドリンク,コンビニでのちょっとした買い物。
もちろん繰越精算も,自動改札機でスイスイです。

今更止めるわけにはいきません。

しかも,年会費が¥1,000というのは高い設定かなと。
同じケータイに入っている電子マネー「Edy」は,無料だというのに。

VIEWカードを作るべきか。
¥1,000の年会費を甘んじて支払うか。

う〜ん・・・ (ーー;)
posted by マキパパ at 23:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

MOLESKINEのノートブック

普段使っていたメモ帳がいっぱいになったので,新しいメモ帳を購入しました。

せっかくなので,しっかりしてて良いものがいいなと探していた時。
隣の部署の先輩が使っていた,とあるノートを発見。

それが,MOLESKINEでした。

MOLESKINE
Ruled-Notebook(Pocket)¥1,800
ISBN978-4-903799-06-3

MOLESKINE(モレスキン)は,ご存知の方も多いでしょう。
硬い黒革の表紙と,手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴の手帳です。

ヘミングウェイやピカソ,ゴッホといった芸術家が愛用した事でも有名です。
「ダ・ヴィンチ・コード」「インディジョーンズ」「アメリ」などなど,映画なんかにもよく登場していますので,実は気になっていました。

MOLESKINE
包装を解いた状態

ワタシはそれほどメモ魔という訳ではないのですが,街中で気になったモノを忘れる前にメモするというクセがあります。

オンもオフも持ち歩いているiPod touchのメモ機能もいいのですが,いかんせん日本語入力が独特(^^;
やはりその場ですぐにという場合は,手書きに勝るものはありませんね。
(それをデジタル化してPCでどのように管理するかは別のハナシ)

MOLESKINE
MOLESKINE×iPod touch

そうそう,このMOLESKINEはずっと「モールスキン」だと思っていました(^^;
確かに英語読みの「モールスキン」というのが一般的だったようですが,イタリアにあるModo&Modo社(本社)が発音を再確認し,フランス呼称である「モレスキン」で呼び方を統一したそうです。


MOLESKINE
最後のページには拡張ポケットが!

今回購入したのは,ポケットサイズ版の横罫が入っているタイプ。
他にも,無地や方眼,スケッチブックなどいろいろなタイプがあるようです。

使い込むほどに,良い感じに革の部分とかがくたびれてくるんでしょうね。
192ページもありますので,そこそこの期間は持ってくれそうです。

携帯+iPod touch+MOLESKINE。

普段から持ち歩くグッズが,また一つ増えました(^^ゞ
タグ:グッズ
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

東芝がHD DVDから撤退!?

遅めの夕食時に,NHKのニュースで速報を知りました。

次世代DVDとして,Blu-rayHD DVDの2つの規格が争っていたわけですが,HD DVDの中心的な開発元である東芝が,撤退を検討しているそうです。

東芝,HD―DVD撤退検討 ブルーレイ支持が拡大 (asahi.com)

先月,映画配給会社のWarner Bros.が今年の夏からBlu-rayに一本化すると発表してたり,直近では世界最大手の小売であるWal-Mart(ウォルマート)が取り扱い商品をBlu-rayのみに絞り込むと発表したり。

そんなニュースを見ていた矢先に,まさか本丸の東芝がHD DVD事業からの撤退を検討始めるとは・・・実に驚きです。

そういえば,マイクロソフトもHD DVDを支持していましたけど,方針を変えるんですかねぇ?
ドライブが出なければ,Vistaで対応してても仕方ないですし・・・

でも,かつてビデオテープの規格であるベータとVHSの規格争いがそうであったように,すでにHD DVDのプレイヤーやらソフトを購入していた方々もいらっしゃるわけで。

結局,メーカー主導で行われる規格争いは,こういった消費者の犠牲がついて回りますね・・・


<2008.2.17追記>

結局,東芝からは「事業方針を検討中だが,撤退を決定した事実はない」という声明が出ています。

東芝,HD DVD撤退報道について声明 (AV Watch)

NHKニュースによるフライング報道ともとれますが,このあたりの報道を読み解いた興味深い記事があったので,リンク。

“東芝、HD DVD撤退で調整へ”報道を読み解く (+D LifeStyle)
リーク報道のタイミングからすると,情報がリークされたのは土曜日の午後だろう。このタイミングならば翌日の新聞記事には間に合い,月曜日に東芝が動き始める頃には“東芝HD DVD撤退へ”が周知となり,既成事実化してしまっているのは間違いない。そうなれば,東芝全体の組織としても撤退の方向へと踏み出しやすい。
なるほど,そういうこともあるかもしれませんね。
いずれにしても,この次世代DVDを巡るフォーマットの規格争いも,終わりが見えてきんだなぁと。

今年の夏の北京オリンピックの時には,地上派デジタルも含めてハイビジョンな映像がガンガン届きますから,各社とも「録画はBlu-rayで!」と新製品を投入しまくりな事でしょう。
HD DVDとのフォーマット争いがついていなかった頃は,ワタシも含めて消費者の様子見なところがあったと思いますが,これからは安心してBlu-ray搭載機を購入できますからね。

いよいよ,次世代DVD「Blu-ray」が一気に普及しそうな年になりそうです。
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

浦和レッズの2008レプリカユニフォーム

浦和レッズの「2008レプリカユニフォーム」が今日から発売になりました。

2008レプリカユニフォーム販売のお知らせ (2/5付ニュース)

今日は仕事が休みで,家族で美園のAEONに行ったのですが・・・
スポーツオーソリティで,発売されているのを発見。

UrawaReds 2008 Replica Uniform
浦和レッズ2008レプリカユニフォーム

昨シーズンは,地元友人と観戦に行くたびに,カップルや夫婦でレプリカユニフォームを着ているサポーター達の姿を見ては,来年こそはウチも・・・と思ってたりしていたのです。

えぇ実は。そして今年。

先日発売された浦和レッズの試合チケットホームタウン(埼玉県)優先販売の抽選で,見事2試合が当選したのでした。

これはもう,ゲットするしか!
赤く染まって,埼玉スタジアムに乗り込むしか!!


左胸に輝くひときわ大きな星

そう,この大きな星は昨年2007年のACLチャンピオンシップ制覇の証。
その瞬間をリアルタイムに,埼玉スタジアムで味わったんだよなぁ・・・

2004年Jリーグセカンドステージ,2006年Jリーグ制覇に続く,3つ目の金星です。
また実物を良く見てみたら,裾に『We are REDS!』の文字が!(涙)

どうせなら,この3つ星なレプリカユニを着たい。
そして,カミサンと心行くまで応援したい!! (^^ゞ

まずはチケットを押さえたので,後はユニフォームを買うだけ・・・だったのですが。
背番号&選手名が入った,ナンバーつきユニフォームとどちらにしようか迷っています。

1桁+選手名で¥3,150,2桁+選手名で¥4,200の追加(税込み)。
・・・いえ,値段がどうということではなく。

やはり毎年変わっていく選手達でもありますので,長く着るにはノーマルな背番号なしでも良いかなと思う反面。
特に応援している,闘莉王の背番号4を入れたいなぁというのもありますし。

なので,今日は購入に至らずと相成りました。
う〜ん,迷います・・・
(サポーターなら,毎年買えと?(^^;)
タグ:浦和レッズ
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツのハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails