2008年02月16日

東芝がHD DVDから撤退!?

遅めの夕食時に,NHKのニュースで速報を知りました。

次世代DVDとして,Blu-rayHD DVDの2つの規格が争っていたわけですが,HD DVDの中心的な開発元である東芝が,撤退を検討しているそうです。

東芝,HD―DVD撤退検討 ブルーレイ支持が拡大 (asahi.com)

先月,映画配給会社のWarner Bros.が今年の夏からBlu-rayに一本化すると発表してたり,直近では世界最大手の小売であるWal-Mart(ウォルマート)が取り扱い商品をBlu-rayのみに絞り込むと発表したり。

そんなニュースを見ていた矢先に,まさか本丸の東芝がHD DVD事業からの撤退を検討始めるとは・・・実に驚きです。

そういえば,マイクロソフトもHD DVDを支持していましたけど,方針を変えるんですかねぇ?
ドライブが出なければ,Vistaで対応してても仕方ないですし・・・

でも,かつてビデオテープの規格であるベータとVHSの規格争いがそうであったように,すでにHD DVDのプレイヤーやらソフトを購入していた方々もいらっしゃるわけで。

結局,メーカー主導で行われる規格争いは,こういった消費者の犠牲がついて回りますね・・・


<2008.2.17追記>

結局,東芝からは「事業方針を検討中だが,撤退を決定した事実はない」という声明が出ています。

東芝,HD DVD撤退報道について声明 (AV Watch)

NHKニュースによるフライング報道ともとれますが,このあたりの報道を読み解いた興味深い記事があったので,リンク。

“東芝、HD DVD撤退で調整へ”報道を読み解く (+D LifeStyle)
リーク報道のタイミングからすると,情報がリークされたのは土曜日の午後だろう。このタイミングならば翌日の新聞記事には間に合い,月曜日に東芝が動き始める頃には“東芝HD DVD撤退へ”が周知となり,既成事実化してしまっているのは間違いない。そうなれば,東芝全体の組織としても撤退の方向へと踏み出しやすい。
なるほど,そういうこともあるかもしれませんね。
いずれにしても,この次世代DVDを巡るフォーマットの規格争いも,終わりが見えてきんだなぁと。

今年の夏の北京オリンピックの時には,地上派デジタルも含めてハイビジョンな映像がガンガン届きますから,各社とも「録画はBlu-rayで!」と新製品を投入しまくりな事でしょう。
HD DVDとのフォーマット争いがついていなかった頃は,ワタシも含めて消費者の様子見なところがあったと思いますが,これからは安心してBlu-ray搭載機を購入できますからね。

いよいよ,次世代DVD「Blu-ray」が一気に普及しそうな年になりそうです。
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails