2008年06月30日

「ウイスキーナイト」日比谷BAR WHISKY-S@銀座(ウイスキーバー)

先日のハイボールナイトでお世話になった日比谷BARの方々が,ウイスキーとハイボールを楽しむ会を開催しますよ!というお誘いがありまして,昨日(6/29)さっそく参加させていただきました(^^ゞ

題して「THE WHISKY-S NIGHT Vol.1」!
事前にいただいたチラシには,「究極 燻香酒 炭酸割楽会開催」となにやらモノモノしく・・・(笑)

場所は,日比谷Bar WHISKY-Sにて。

DSCF0482
日比谷Bar WHISKY-S「ウイスキー日和。」

地下へと続く階段を降りて店内に入ると,先日のハイボールナイトでもお世話になったバーテンダー加藤さんに,受付をしていただきました。


この方です! from ハイボールナイト

加藤さんて,このWHISKY-Sの店長さんだったんですね・・・

またカウンターには,同じくハイボールナイトでお世話になった「Bartender@伝道師」こと長谷川さんが。


このビデオは長谷川さんご自身から「YouTubeで見ましたよ」と(!)

そしてずらっと並んだグラス,ウイスキー,燻製料理の数々。
期待は高まります。

今回は特にブロガー向けのイベントではないので,どちらかというとWHISKY-Sの常連さんばかりという感じでした。
参加者が入ってくるたびに,バーテンダーさんたちが「○○さん!」と名前を呼んでいます。

基本はやはりハイボールです。
ウイスキーのソーダ割り。

DSCF0487
冷凍庫でキンキンに冷やされたウイスキーズ!(の一部)

他にも山崎の12年ものとか,普段は凍らせないだろ!というウイスキーが贅沢にも冷やされておりました。

なんでも,ここWHISKY-Sの炭酸水メーカーは特殊なものを使用しており,炭酸が強めに出るそうです。
グラスに氷を注いで冷やした後に,ウイスキーをワンショット。
そこにこの炭酸水メーカーから,ブシュッっと炭酸水を注ぐわけです。

サントリーから市販されているTHE PREMIUM SODAと,このWHISKY-Sオリジナルの炭酸水を比較させていただいたのですが,確かにドライ感が違います。
こんな炭酸水でつくるハイボールですから,美味しいわけなのです!

さすが,ウイスキーバーだなぁと。
銀座で飲める常連さんが,羨ましく思います(^_^)b

DSCF0488
「マイブレンドウイスキー」

イベントの一つであるオリジナルブレンドをつくる「マイブレンドウイスキー」は,飲みに夢中になるあまり参加できませんでした(^^;

WHISKY-Sオリジナルブレンドのウイスキーのハイボールで乾杯をした後。
ワタシは白州,角,山崎,そしてラフロイグに行き・・・
と,えーと途中からあまりよく覚えていません(^^;

そして恒例?らしいビンゴゲーム大会。
長谷川さんの名司会のもと,大変な盛り上がりでした。
市販の角についてくるグラスをはじめ,山崎のボールペン,ウイスキーミニボトルのセットやらレアなウイスキーのワンショットチケットなどなど。

参加者全員がビンゴになるまで続けていただきました。
ワタシはウイスキーのミニボトルセットが。

DSCF0490
あの「山崎蒸留所秘蔵モルト」がさりげなく?入っていますよ!

一緒に参加したメンバーの方は,まさにレアウイスキーのワンショットチケットが当たりまして(!)
長谷川さんが,本気なのか冗談なのかナイショにしてくださいといっていたので,「某1970年モルト」「某○周年記念(非売品!)」とだけ書いておきます(笑)。

角の4リットルボトルが当たったメンバーは,さすがに困っている様子でしたが(^^;

なんて貴重なウイスキー体験!
日比谷Bar WHISKY-Sは,サントリーの蒸留所と何かと直結しているらしく,こういった秘蔵モルトがいろいろと眠っているそうな。
もっと飲みたい,また飲みに来ますから!

DSCF0513
WHISKY-Sカウンター

DSCF0514
年代もののお酒もずらっと並んでいます

DSCF0518
なんと「山崎の扇子」をお土産でいただきました!

山崎の扇子は,カミサンも大喜びです。

WHISKY-S NIGHTの後は一度お開きになったのですが,一緒に参加したメンバーと再びWHISKY-Sで2次会となったのでした。
正直,しこたま飲みましたね〜。無事に帰れたのかしらん??

本当に楽しくて,美味しかった体験。
どうもありがとうございます!またぜひぜひ!!

[参加メンバーのエントリ(随時更新)]
日比谷Bar WHISKY-Sにてウイスキーナイト (あひるちゃんがゆく)


■関連エントリ
「ハイボールナイト by サントリー」に行ってきました
日比谷Bar新宿1号店@新宿(バー)
posted by マキパパ at 23:12 | Comment(4) | TrackBack(2) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

スタバの「株主ご優待ドリンク券」2008

昨日の株主総会を受けて,さっそく本日スタバの株主優待ドリンク券が届きました。

DSCF0480
2008年版 株主ご優待ドリンク券

ベースはコーヒーの木のデザインでしょうか。
昨日いただいた,株主総会のお土産のパッケージも同じデザインでした。

DSCF0477
株主総会のお土産(フタを閉めた状態)

この券があれば,店舗で発売されているどんなドリンクでも,そのサイズや追加オプションも自由にオーダーできます。

株主優待制度についてのご案内(2005年2月9日改定)
日本全国のスターバックス コーヒー店にて,お好きなドリンク1杯をお召し上がりいただける『株主ご優待ドリンク券』を贈呈させていただきます。
※ドリンクの種類、サイズ、オプションは問いません。
毎年重宝しています。

仕事中にと,ベンティサイズでヘーゼルナッツを加えたカフェモカとか。
えぇ甘々ですけれども何か? (笑)

有効期限は,2009年3月31日までです。
さて,今年は何に使おうかなぁ・・・


■関連エントリ
スタバの株主総会2008
スタバの株主ご優待ドリンク券(2007年)
タグ:スタバ
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | STOCK&FUND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

スタバの株主総会2008

今日は10時から2712スターバックスの株主総会でした。

場所は昨年と同じく,両国の国技館
毎年増える株主の参加数対応で,昨年からこの広い会場へと移っています。

200806270857000.jpg
スターバックスコーヒージャパン 第13回 定時株主総会開場

・・・実は仕事が夜勤明けでの参加でした。
突発でシステム変更の対応が入り,いやおう無く夜勤。
徹夜明けですが,そんなことに構ってはいられませんよ?えぇ(^^ゞ

ということで,開場が9時からなのですが,8時半過ぎには国技館に着いてしまい。
でもすでに200人くらい?の株主たちが開場を待っています。

やはりスタバの株主って,主婦だとか(子連れもいたり)若いカップルとか,ワタシも含めて一般的な株主が多いんですよね。

開場と同時に地下のコーヒーサービスに入ったのですが,今年はあらかじめホットまたはアイスコーヒーが用意してあり。
昨年はホットコーヒーのみだったので(しかも株主質問で思いっきり指摘されていた)改善されたようです。

このコーヒーと,紙袋の中にミニバウムクーヘンやガムシロップなどコンティメントが入っているというセットでした。
こちらも昨年はテーブルの上にお菓子の皿が用意してあって,みんなで「取り合い奪い合い」状態だったので,ちょっとは緩和されたというところでしょうか(笑)

200806270906000.jpg
会場サービスのコーヒー&バウムクーヘン

ちなみに,ワタシがこの写真を携帯カメラで撮影した際は,他でもあちらこちらでパシャパシャ写真を撮っている方が多く。
記念撮影的なのもあれば,ワタシのように明らかに丁寧に並べて撮影している方もいらっしゃる。
なかには一眼デジカメを持参で連写している主婦っぽい?株主も(!)

ブロガー,お仲間ですな(^。^)

早めのコーヒーサービスにありつけたので,総会開場入りも早いです。
席にだいぶ余裕があったので,議長席の目の前に,前から3番目という位置をゲットです。

ここで椅子に座っていると,さすがに徹夜明けの睡魔が・・・襲ってきたのですが,株主総会召集通知の記載事項を読みながら,耐えます。

耐えているうちに総会開始の時間となったのですが,以外にも前の方の席はガラガラのままです。
あらら,今年はずいぶんと参加が減ったのかな・・・と思ったのですが,そういえば今日27日は各社で株主総会開催のピーク日だったんですね。
会場の都合でピーク日に重なったようですが,来年は一考してほしいところです。
(ちなみに株主質問の時に参考として出てきた今年の参加株主数は,2,600名ほどとのこと)

ということで眠さを耐え切りまして,株主総会の始まりです(^^;

今年の争点は,第4号議案の「退任代表取締役に対し退職慰労金贈呈の件」でした。

この「退任代表取締役」とは,一昨年までCEOを勤めていた角田さんの事。
今期で代表取締役を退任し,この株主総会での承認を経て来期からは代表権の無い取締役に就任するそうですが・・・

この議案をそのまま書き出してみます。
本総会終結の時を持って,当社代表取締役を退任されます角田雄二氏に対し,その代表取締役在任中の功労に報いるため,当社の定める一定の基準に従い,金260,000,000円を上限として退職慰労金を贈呈いたしたいと存じます。なお,その具体的金額,贈呈の時期,方法等は取締役会にご一任願いたいと存じます。
(以下略)
つまり,角田さんに2億6千万円(を上限とした)退職慰労金を支払いたいのですが?という議案なわけです。

第1号議案「剰余金処分の件」で提示されている,今期の配当金にかかる総額が約4億3千万円。
配当金総額に対して50%以上もの金額を退職慰労金として支払いたいということです。

当然株主からすれば,桁違いに多すぎる,その分を配当にまわしてもいいではないかという意見が出てくるわけです。
(まぁ昨年が1株200円に対して今年は1株300円と増配してくれてますが)

実際にその質問が出て,担当オフィサーやマリアCEO自ら説明を繰り返しますが,また「4号議案の件で!」と株主から質問が上がり。

ただ,途中から会場の空気が変わり,質問の前に4号議案について賛成の意を示す株主が多くなりました。
と同時に,その発言に対して会場から拍手が沸き起こります。

上場して900億円もの売上高がある株式会社の代表取締役の退任に伴う報酬や慰労金で,たかだか2億6千万というのは少ない方だという株主の方もいらっしゃいました。

ワタシ的にも実は同じ「賛成」意見で,日本にスターバックスという会社を呼び込み,サザビーと組んで10年以上にわたり,ここまでのブランド価値へと成長させた功績は大きいんじゃないかと。

逆に,一昨年に代表取締役社長の座をマリア氏に譲り,そして今期を最後に代表権のない取締役にまでなってしまう。
なにか,角田さんがどんどんスタバから離れていってしまっているようで,寂しい限りです。

他にもいろいろと質問は出たのですが,例年あるような「お客様相談係りへどうぞ」的な質問は無かったように思います。
やはり株主総会ピーク日で,分散した結果でしょうか・・・?

議決に入りますが,当然賛成多数で全議案が滞りなく可決して終了となったのでした。

ということで,今年のお土産です!

DSCF0472
コーヒー豆とエプロンの形をしたシェイプクッキー

この東アフリカ産の豆「KITAMU(キタム)」。
スワヒリ語で「おいしい」という意味を持つそうです。
日本での店舗での取り扱いが無かったと記憶していますが・・・

これからのプロモーションとして発売するんですかねぇ?

さてさて,明日(には届くであろう)の株主優待券が楽しみです!


■関連エントリ
2008年スターバックスの株主総会は
スタバの株主総会2007
スタバの株主総会(2006年)
株主総会(2712スターバックス)(2005年)
posted by マキパパ at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(2) | STOCK&FUND | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

Bar DOVECOT @浦和(オーセンティックバー)

一昨日の試写会の帰りですが,カミサンと一緒に地元のBARに行きました。

ワタシの中では,もう定番と化している地元のバー「Bar DOVECOT」。
既に何度か通っているのですが,一つの独立した記事にしていなかったなぁと,あらためてエントリする次第です。

Bar DOVECOT バー ダブコット

リンク先はサントリーのBAR-NAVIなのですが,そこで分類されているバータイプは「オーセンティックバー」。

オーセンティック(authentic)とは,「本物である」とか「正統的である」という形容動詞。
その形容どおり,ほのかに薄暗い照明,ほどよい狭さの空間,そしてゆったりと落ち着いた雰囲気。

まだまだBAR巡りが少ないワタシですが,このBar DOVECOTがすでに一つの指標になっているくらいです。

DSCF3630

ロイヤルパインズホテルの前にある小道にある,お気に入りの沖縄料理「あじと」があるビルの3Fで,隠れ家っぽく営業しています。
田中アップルさんが導いてくれなかったら,入れなかったかも(^^;

写真の看板にあるとおり,開店は1999年。
(1999年7月18日だそうです)

個人的にお気に入りなのが,特徴的な凹凸のあるカウンターのコーナー一面に張り巡らされた,レザーの柔らかな感触。
ひじをついても痛くならず,肩肘張らずにゆったりとお酒を飲むことができます。

もちろん,ひじをつきながらお酒を飲んでもマスターには怒られませんので(^^;

そのマスターは秋山裕司さん。白のバーコートが似合います。
カミサンいわく,声が森本レオに似ていると。
そういえば穏やかで優しい雰囲気も似ている気が・・・ !?

秋山さんの経歴ですが,実は元高校の英語教師とのこと(!)
その後翻訳家を経てバーテンダースクールに入校し,銀座の有名店「MORI BAR」の毛利隆雄さんに飛び込みで弟子入り。
そして浦和でBar DOVECOTをオープンされたそうです。
(開店の際は,毛利隆雄さんも来店されたとか)

店名の「DOVECOT」とは,英語で「鳩舎」のこと。
平和のシンボルである鳩が羽根を休める鳩舎のような,「平和の使者が集う場所」でありたいと願う秋山さんの思いを込めたネーミングだそうです。

・・・ということで,初めて(そしてようやく)カミサンを地元のBARに連れてきたワタシ。
まぁ好きなものを飲んでと「ハイボール」をオススメしたいところでしたが,カミサンの注文は即答で「ビール!」。
えぇビール党でしたね,アナタ(^^;

そんな話をしていると,これまたなじみとなったバーテンダーの渡邊真弓さんが「ちょうど今日入荷したばかりの期間限定ビールがありますよ」とお薦めしてくれたビールが「アンカー・サマービール」でした。

photo.jpg

Anchor Summer Beer アンカー・サマービール
アンカー・サマービールは、現代で最初のアメリカの小麦ビール,モルトの50%以上に小麦麦芽を使用することにより,クリーンな風味が香り立つオールモルトビールです。
伝統的な上面発酵で1984年の夏より醸造されています。
一口飲ませてもらいましたが,確かに小麦独特の味わい。
実にさっぱりとしていてフルーティな味わいもありつつも,ドライな感じもあり。

いつもはスーパードライをグビグビ(笑)なカミサンも,美味しい!と。
麦とホップと水だけで作り出す,ビールの原点だそうです。
しかもこの「サマービール」の原料となる麦の半分以上が小麦とのことで,それがこのまろやかなさっぱりとした味わいに繋がっているそうです。

そして,この期間限定「サマービール」専用のグラスに注がれているんですね。
Bar DOVECOTには,他にもいくつか外国の地ビールが置いてあるのですが,それぞれに専用の「美味しく飲める」形をしたグラスが用意してあるそうです。

・・・と,そんなハナシをしながら,もうすっかりバーテンダーさんと打ち解けているカミサン。

バーテンダーの渡邊真弓さん。流石です。
この知的美人な渡邊さんの存在も,このDOVECOTがお気に入りな理由の一つだったりします(^^ゞ

ワタシは最初の一杯はハイボールでしたが,次の一杯は・・・とメニューブックをめくっていると,マスターの秋山さんが「これはいかがでしょう?」と指し示した先が・・・

イチローズ・モルトのカードシリーズでした。
そういえば,先日[N]ネタフルのコグレさんと飲みに来たときにときに「これが埼玉生まれのシングルモルト!」と絶賛していましたっけ。

マスターもよくご存知という肥土伊知郎さんが,いかに苦労してこのモルトを作ったのか。
お酒の専門誌に掲載されている伊知郎さんのインタビュー記事まで出してきていただいて,ワタシも一丁前に質問なんかしちゃったりして,お酒を通してのおしゃべりを楽しませていただきました。

イチローズ・モルトの写真を撮ることすら忘れていましたよ!?
経験したものをすぐに写真に撮りたがるのは,ブロガーの性(さが)ですね・・・(^^;
おしゃべりに夢中になって,実際に飲んだカードシリーズの銘柄をメモするのを忘れました。
痛恨の一撃。

ということで,ワタシたちのようなお酒&BAR初心者でも,十分に楽しめる気さくなBARです。
外観で敷居が高いと思ってはイケマセン。

帰り際にマスターの秋山さんに「今日は何かの記念日ですか?」と聞かれました。
単に映画の試写会に行った帰りなのですが,子供を自宅において久しぶりにカミサンと二人きりでデートしたんですよ,これも記念ですよ!なんて事をしゃべってたそうですよ,ワタシ(^^ゞ

「そうです」というのも,結構酔っ払っていましたからねぇ・・・
とても上機嫌だったんだと思います。

「Bar DOVECOT」,えぇまた行きますとも!

バー ダブコット
048-833-0234
営業時間 18:00〜01:00(0:30 LastOrder)
日曜祝日休業


大きな地図で見る


■関連エントリ
「ハイボールナイト by サントリー」に行ってきました
レベルストック@浦和(ショットバー)
沖縄料理「あじと」でランチ
幼稚園の60周年記念と沖縄料理「あじと」
posted by マキパパ at 02:17 | Comment(4) | TrackBack(1) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

映画「クライマーズ・ハイ」の試写会に行きました

昨晩ですが,今年の7月5日から公開される映画「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。

映画「クライマーズ・ハイ」公式サイト

USENの株主になっている訳ですが,今年の株主優待の一つがこの「クライマーズ・ハイ」の試写会でした。
配給会社のGAGA(ギャガ)はUSENの子会社なので,こういった映画の優待券も(抽選で)もらえるんですね。

ということで,カミサンを誘っての久しぶりの新宿デートです(^^ゞ

場所は,東京厚生年金会館,18時開場。
会社から歩いて10分程度という,ナイスな場所です(笑)

200806242103000.jpg

「クライマーズ・ハイ」とは,「登山中に興奮状態が極限にまで達し,恐怖感が麻痺する状態」のことです。
かといってこの映画は山岳冒険映画ではなく,実際の日本航空123便墜落事故(1985年8月12日発生)を元に,架空の地元新聞社を舞台にした群像ドラマです。

この御巣鷹山の日航機事故という未曾有の大事故を報道する,地元新聞記者たちの興奮(←このあたりがクライマーズ・ハイなわけです)と混乱に満ちた1週間が描かれています。

主演は堤真一さん,監督は原田眞人さんです。
ご存知,横山秀夫さんの小説が原作となっています。

原作者の横山秀夫さんは,もともと群馬県の上毛新聞記者として,実際に真夏の御巣鷹山に登り,約1ヶ月半にわたり事故現場を取材しています。
この経験が元になっている,リアルな新聞記者たちの仕事ぶり,部門を越えた現場のぶつかりあい。

ワタシはもちろんこの小説を読みましたし,またNHKで2005年に放映されたドラマも見ました。
映画化されるにあたって,どのようにこのボリュームが2時間25分という上映時間に収まるのかが心配ではありましたが・・・



心配は杞憂。
報道にそれぞれの信念を持ってぶつかり合う新聞記者たちのドラマに,男泣きです。
映画開始から終了まで,片時も目が離せませんでした。

NHKドラマ版の佐藤浩市さんもかなりイイ味を出していましたが,映画版の堤真一さんも素晴らしい(あのキレっぷり!)。
堤真一さんといえば,「ALWAYS続・三丁目の夕日」や「魍魎の匣」と主演作の映画を観ることが続いているなぁ・・・

ただ,やはり原作のエピソードも省かれている箇所がありますし,新聞記者の現場を知らないと(=原作を読まないと)ハテナ?な箇所もあるかもしれません。

その日の原稿締切を遅らせるために,「奥の手」と称して配達するトラックのカギを盗むシーンがあるのですが,カミサンはトラックのカギとは思わずにどこか倉庫のカギと思ったようです(^^;

とはいえ,やはりあの新聞記者たちのぶつかり合い。
自分の信念があるからこそ,上司ともガチで言い合いができる。
編集と販売という,部門を越えてのせめぎあい。
もちろん綺麗ごとだけじゃなくて,特ダネという野心や過去の大事件を扱って今の管理側についている者たちの保身や邪心。

そんな群像ドラマを見ているだけでも,充分楽しめます。

派手な特撮シーンや特殊効果が使われているわけではありません。
ある種ドキュメンタリー番組な感覚。
もちろんお笑い要素があるわけがありません。
男泣きしたので感動映画かというと,それともちょっと違う。

そんな硬派な映画でした。
組織という中で働く個人であるワタシ的に,とてもオススメしたい映画です。

<追記>
このエントリ作成中にググって見つけた,横山秀夫さんのインタビュー記事をリンクしておきます。

『クライマーズ・ハイ』まで17年〜ジャーナリズムの世界からフィクションの世界へ(『有鄰』第452号 2005年7月)

そうか,そういうことだったのか。


■関連エントリ
映画「魍魎の匣」を観てきました
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました




タグ:映画館
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

「iPhone 3G」の料金プランと端末価格が発表に

ようやくiPhone 3Gの通信料金プランと,端末価格が発表になりましたね。

iPhone、月額通信料金は7280円からに--ソフトバンクモバイルが発表 (CNET Japan)

ソフトバンクから発表された,プレスリリースはこちら。

iPhone 3G向けサービスの詳細について

月額7,280円という内訳。
1) 基本料金プラン「ホワイトプラン(i)」:月額980円
・1〜21時まではソフトバンク携帯電話宛の国内通話が無料で利用可能
・受信通知付きメールサービス「Eメール(i)」が無料で利用可能
・メールアドレス「@i.softbank.jp」が付与
・このプラン以外にも基本料金プランが多数あり
2) データ定額制プラン「パケット定額フル」:月額5,985円
3) ネット利用代金「S!ベーシックパック(i)」:月額315円
この1)2)3)の合計金額な訳ですが。

・・・が。

プレスリリースを読む限り,この「パケット定額フル」と「S!ベーシックパック(i)」は加入が必須なわけですね。
なお,iPhone 3Gをご利用のお客さまは,基本料金プランに加え,「パケット定額フル」および「S!ベーシックパック(i)」(月額315円)に必ず加入いただくことになります。
まぁiPhone 3Gを購入してNETをしないわけはありませんし,逆に言えば知らず知らずにパケットを消費していそうな気もしますので,定額プランの導入は分かります。

まぁ「定額」ではなくて,「し放題」な感じだったら割安感もありましたが・・・
(月額の最低料金があって,一定以上使ったらそれ以降は定額,みたいな)

現状の料金プランの一つ「PCサイトダイレクト」はMAX9,800円なので,ぱっと見で5,985円とは「安いプラン出してきたな」と思いましたが・・・

基本料金コミコミで月額料金4,980円なEMONSTERに比べると,やはり高いかなぁと(^^;


そして,端末価格について。

24ヶ月に渡って分割払いを続ける=2年縛りな買い方をすれば;
・ 8GBモデル:月々960円×24カ月=23,040円
・16GBモデル:月々1,440円×24カ月=34,560円
になります。

つまり,その分が月額通信料金7,280円に上乗せになるわけですね。
・ 8GBモデル:月額通信料金7,280円+端末分割払960円=月額8,240円
・16GBモデル:月額通信料金7,280円+端末分割払1,140円=月額8,720円
んふふ,月々8,000円超え!!
もちろん実際の通話料が,更に上乗せになります。

したらば,2年縛りを嫌って端末を一括購入しようとします。
プレスリリースにある「分割金」をそのまま掛け算すると;
・ 8GBモデル:月々2,880円×24カ月=69,120円
・16GBモデル:月々3,360円×24カ月=80,640円
になるわけですね。

た,高い・・・

プレスリリースに「携帯電話端末の販売価格の決定は,各代理店において行われます」とはあるものの,やはりそのくらいの価格になってしまうと。

Worldwideで,$199だったり$299だったりするんではないの?
やはり2年縛り後の,端末価格設定でしたか(´ー`)ノ

ということで,ドコモと併用できない月額料金というわけではないですが(いえ買いますってば),ドコモのパケホーダイは解約必須ですね・・・

それ以前に,7月11日に果たして購入できるのか!?!?

購入といえば,プレスリリースにこんな説明が。
iPhone 3Gはソフトバンク携帯電話取扱店で販売します。
おぉう?

販売について,「ソフトバンクショップ」には限定されていない表現ですね。
ということは,ビックカメラやヨドバシなど家電量販店などでも販売するんですかねぇ?
そして現在ソフトバンク携帯を取り扱っていない,アップルストアでは販売しないということに?

まだまだ,情報が足りません。

We need more Information !!


■関連エントリ
「iPhone 3G」未だに予約扱い中
ソフトバンクショップで「iPhone 3G」予約完了!
WWDC08:iPhone 3GとFOMAとEMONSTERと
posted by マキパパ at 23:12 | Comment(4) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

「プレミアム無濾過リッチテイスト」が届きました

先日キリンの「ザ・プレミアムナイト」に参加して,思いっきり堪能させていただいたチルドビール「ザ・プレミアム無濾過<リッチテイスト>」。

プレミアムナイト終了後に住所を聞かれたのですが・・・
今朝クール宅急便で12本届きました(!)

DSCF0465

この6本セットがもう一つあって,合計12本です。
なんと1ダース!

ありがとうございます〜(^。^)

チルドビールだけあって,クール宅急便なのです。
要冷蔵10℃以下,賞味期限90日。

DSCF0467

今回は,あえてグラスに注がずに。
スタイニーボトルのように,直接ボトルでグイっといただくことにしました。

DSCF0469

カミサンと乾杯。
お風呂上り,ビールがこれまた美味しいのです。
味に苦味が無い,とてもフルーティな味わい。

これです,これこれ!!

容量が330mlなのですが,一気飲みしちゃいそうな勢いです。
プレミアムを一気。嗚呼贅沢(笑)

ただ,ボトルで飲み始めたカミサン・・・

「ボトルだと,泡が無いよねぇ,泡。」 (!)

ビール党なカミサン。
はい,明日はグラスに注いで飲みましょうね,グラスに(^^;


■関連エントリ
キリンの最高級ビール「ザ・プレミアム無濾過」のプレミアムナイト
タグ:ビール
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails