2008年07月01日

Mac OS X 10.5.4リリース!

Appleから,Mac OS X Leopardの最新バージョンとなる「Mac OS X 10.5.4」がリリースされています。

「Mac OS X 10.5.4」リリース、「Safari 3.1.2」など含む (INTERNET Watch)

先日,iPhone 3Gがソフトバンクからと発表された時もそうでしたが,今回の10.5.4リリースの報もtwitter経由が一番早かったかも。
フォローの張り方にもよるとは思いますが・・・感謝感謝です。

前回の10.5.3のリリースが5月29日なので,わずか1ヶ月でのリリースですね。
まぁWindowsシリーズも,毎月セキュリティパッチを出しているわけですが(^^;

自宅に帰ったところで,NETを巡ります。
10.5.4の導入で,主だったトラブルは出ていないかなぁとチェック(^^;
たぶん,無い(笑)

ということで,iMacにアップデート導入です。
アップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」から。

Leopard10.5.4.jpg
Mac OS X 10.5.4

自動更新による差分は,容量にして59MBでした。

・・・が,パッチ終了後の再起動をかける際に,全てのアプリケーションが消えた所で,Mac OS Xがそのままフリーズ。
小一時間待ってみましたが,そのまま一向に再起動する気配がありません。

やむなく電源ボタン長押しによる強制終了をして,あらためて起動します。
結果,再起動できましたが,念のため改めて「ソフトウェア・アップデート」を実行してみると・・・

あれれ?また再起動を求められてしまいましたよ!?

とりあえず,もう一度再起動をしてみると,今度はちゃんとなにがしかのインストール作業画面がでてきて,無事にアップデートが行われている様子。
無事に再起動が終わったのを確認して,もう一度ソフトウェア・アップデートをかけてみましたが,ちゃんと「最新版」と表示してくれました。

焦ります(^^;

もし同じ症状が出て電源ボタンによる再起動を行った方は,あらためてソフトウェア・アップデートをかけてみる事をお勧めします。

今回のアップデートでMac OS Xが全般的に改善され,安定性や互換性,セキュリティが強化されるとの事。
カレンダーアプリ「iCal」の修正や,WebKitの脆弱性に対応した「Safari3.1.2」も含まれていますね。

またCNET Japanの記事によれば,このiCalのアップデートは,次世代.Macである「MobileMe」リリースに向けた下準備の意味も含まれているとか・・・

いずれにしても,今回も「Mac OS X Leopardを使用しているすべてのユーザーに推奨」しているこのアップデート。

Mac OS X Leopardも,どんどん安定感が増していってほしいですね。


■関連エントリ
Mac OS X 10.5.3リリース!
iPhone from Softbankに対する各社のコメント

Apple Store(Japan)
タグ:Mac
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails