2008年10月21日

電子マネー利用時の二重引き落としに注意

昨日のニュースですが,電子マネーの利用履歴に注意!のハナシ。

電子マネー、二重引き落とし続出…店側が誤操作 (YOMIURI ONLINE)

電子マネーという目に見えない情報。
機械で読み取るだけに,情報が読み取れない状態の時・・・

その際,人の誤操作によって引き起こされてしまう訳ですね。
二重引き落としです(過剰徴収)。
読み取りが不十分だった場合にはブザーが鳴り,客は再度カードをかざすことで手続きが完了する。
 ところが,操作に不慣れな店員が,ブザーが鳴った後に端末の電源を切ったり,別の端末を使ったりして,再度カードをかざすよう求めた場合,代金が二重に引き落とされてしまう。
電子マネーは基本が前払い式なので,利用者が支払う時点で決済が完結してしまう。
クレジットカード方式は後払いなので,引き落とし前に利用履歴などを確認して,決済前に修正が可能。

その違いが,やはり大きいのだなぁと。

ワタシもモバイルSuicaを利用して,2年以上になりますが・・・
幸いなことに,一度も二重引き落としはなかったように思います。

モバイルSuicaなので,その場で利用履歴が見られる,ということもありますね。
実際直近の履歴を見ても,その形跡はなく。

結局は,現金そのものを使うのが一番安全とは思いますが・・・
世の中の流れとして,お金という情報の電子化は今後さらに進んでいくと思います。

カード式のタイプでも,PCなどを使わずに利用履歴が見られるような端末。
そういう端末が,利用する近くに置いてあると安心ですね。


■関連エントリ
モバイルSuicaに変更
posted by マキパパ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails