2010年06月13日

小惑星探査機「はやぶさ」が放つ最後の光

珍しく日曜日にblog更新。というのも。

探査機「はやぶさ」の地球帰還を,Ustreamによってリアルタイムに見ていたのでした。

Hayabusa back to the earth (approx. 22:30JST) on USTREAM

2003年に打ち上げられた「はやぶさ」は,地球と火星の間の軌道を回る小惑星イトカワの探査機です。

実は途中はトラブル続き。
2005年7月にイトカワの撮影に成功し,11月には岩石採取のための着陸に成功したものの。
燃料漏れによるトラブルで地球との更新が途絶えて,結果的に3年も帰還を延期したのでした。

そして2010年6月13日の今宵,地球に還ってきました。
直前で最後の果たしたあと,星の光となるために。

・・・という予備知識をこちらのサイトで事前に仕入れて。

質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの? - 毎日jp

イトカワの砂を採取した(と思われる)カプセルを,今日の20時前に地球に向けて発射。
ただ,そのカプセルをできるだけ正確に落とさなくてはいけないので,できるだけ地球に近づいてから発射して,自らは大気圏に突入して燃え尽きてしまうわけです。

人類初となる小惑星の岩石採取に挑んだ探査機の,はかない最後。
その姿は,大気圏突入で見事な流れ星となる。

事前に予告されていた時間の22時半。
先のUstで,じっとNET越しに静かに写る夜空を見ていましたよ!!

明るく輝いた最後! (続きを読む)


posted by マキパパ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。