2012年01月18日

調神社で前厄の厄払いをしてきました2012

論語によれば「四十而不惑(しじゅうにしてまどわず)」と言いますが。

日本では平安の古来より厄災が降りかかるという年齢,いわゆる「厄年」に近づきます。
特に厄年は「数え年(生まれたときを1歳とする古来の数え方)」に基づくことが多いので,現在の満年齢で40歳を迎えるかたは,数え年で41歳。(*1)

この数え年で41歳というのが,いわゆる男性の「前厄」にあたるわけです。

・・・ということに,単身赴任先の静岡浅間神社で気づきました。
正月から続くセールもひと段落して,ようやく初詣をした日のことです。

普段は厄年なんてあまり気にしてないですからねぇ・・・
当事者になって焦るの法則(^^;

静岡浅間神社

テキスト化すると次のようになります。
平成二十四年(2012年)厄年早見表
※年齢は数え年です

【男性】
前厄 24歳(昭和64年生),41歳(昭和47年生),60歳(昭和28年生)
本厄 25歳(昭和63年生),42歳(昭和46年生),61歳(昭和27年生)
後厄 26歳(昭和62年生),43歳(昭和45年生),62歳(昭和26年生)

【女性】
前厄 18歳(平成7年生),32歳(昭和56年生),36歳(昭和52年生)
本厄 19歳(平成6年生),33歳(昭和55年生),37歳(昭和51年生)
後厄 20歳(平成5年生),34歳(昭和54年生),38歳(昭和50年生)
昭和47年生まれは,現在の数え方では今年の誕生日を迎えると40歳。
これを数え年で数えるから41歳となるわけですね。

そして男性の場合,42歳の本厄は「大厄」と呼ばれる最も注意しなければならない年齢とされています。
当然,その前後3年間の前厄や後厄も注意が必要。

今年ってば大厄の前厄(!)

確かに人生半ばではありますから,体にもピークを過ぎてきたという前兆も出てくるものです。The OMEN.
風邪が治りにくくなったなとか,肩こりが酷くなったなとか。
まぁ幸い,今のところ人間ドックの結果も含めて健康状態は非常に良好です。

が。過信はいけません。
災いは忘れた頃にやってくる。

別段信心深いというわけではないのですが,凶事については出来ることなら触れたくない。
苦しいときの神頼みとは良く言ったものでして・・・

お払いをするのなら,地元浦和の神社と決めていました。(*2)
私自身の七五三や,子供たちの七五三。そして嫁いてくれたカミサンの厄払い。
それらを全てやってきた「調神社(つきじんじゃ)」です。

調神社 | 社団法人さいたま観光コンベンションビューロー

ということで,先日帰省した際にカミサンと行ってきました。

兎がいっぱいの調神社 (続きを読む)
posted by マキパパ at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails