2012年06月30日

「和浦酒場」で牛レバーにさよならを@浦和(居酒屋)

しっかりとさよならをしてきました。
でも君とはまた逢える気がするんだ。

2012年7月1日。
食品衛生法に基づき食中毒の恐れがある牛の生レバー(肝臓)の提供を,厚生労働省が禁止するとした日。

その前日である6月30日,私がソリストできる数少ない店の一つ「和浦酒場」で味わってきましたよ。(*1)

かけつけでポテサラと刺身盛り合わせを,日本酒であわせながらゆっくりとつまみつつ。

満を持して登場です。
じゃじゃーん!!

和浦酒場 本店
レバ刺し

福福福福福福福福福福福福
福福福福福福福福福福福福

こういうのに気づくとは,流石と言わざるをえない(笑)

久しぶりのレバ刺しです。牛レバー。
いろいろまぁ食べる機会を逸していたので。
・・・豚のレバ刺しとレバテキは先週食べた気もしますけれど(^^;

生食なんてここ数年で覚えた食べ方ですが,それだけに一気にはまりました。
まだまだまだまだ,食べ続けていたかったのに。

和浦酒場 本店
ちゅるるんっと

この味わい,ずっと忘れません。
独特の風味,くさみ,そして食感。血の味。
なぜこれが美味しいのでしょう?動物としての本能でしょうか!

今回は若大将が特別に仕入れていただいたものを,提供していただきました。
静岡からかけつけた私に,わざわざ残しておいてくれたのです。

本当に感謝!!(涙)

和浦酒場の居心地の良さと料理の美味しさ,日本酒の発見は本当に素晴らしいです。
今日も最初のポテサラ以外は全て「おまかせ」でした。
この料理にあうお酒を,このお酒に合う料理を,というパターン。

それでも調度良く満足できるのって,なかなかないことです。

和浦酒場 本店
締めの定番,卵かけご飯。T.K.G!

若大将の翔さん,もとこさん,そしてちーさま。
本当にありがとうございました。(*2)

ごちそうさま!!!

*1 あとは浦和のブラット,そしてダブコット。えぇ静岡でも開拓します。したい。できるかな。
*2 そしてちーさまが,本日をもってしばらく休業とのこと。本当のお別れもあったのでした。えーーーーー



関連ランキング:居酒屋 | 浦和駅


■関連エントリ
「くら川」で至高の料理に舌鼓を打つ!@浦和(食と燗)
実に落ち着く雰囲気と素敵な笑顔いっぱいのバー「BAR KUDAN」@浦和(オーセンティックバー)
「和浦酒場 弐」で小麦そばランチ!@浦和(らーめん つけ麺)
「和浦酒場 弐」でつけ麺ランチ@浦和(らーめん つけ麺)
「和浦酒場」で日本酒新発見!@浦和ナイト2(日本酒居酒屋)続きを読む
タグ:浦和 肉料理
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails