2013年06月28日

iPhone 5のカメラに小さなゴミが→本体ごと無償交換でした

私のiPhone 5は予約開始と同時に予約し,発売日当日に手に入れたものです。

発売日は昨年,2012年9月26日。

それから1年は立っていない先日。
いきなり本体交換となりました。新品同様!

きっかけは,カメラの内側ガラスにまで入り込んだゴミ。
ゴミというか塵。


これでもレンズ表面を拭いた後です

この状態が続き,撮影すると大きめな3つの影が映り込んでしまうようになったのです。
色がたくさんな場合,暗めな場合は気にならないのですが・・・
白い部分が多いと,明らかに分かるレベル。

NETで検索すると,Touch Labさんのエントリを見つけました。

iPhoneのカメラにゴミが入っていないか確認する方法 | Touch Lab - タッチ ラボ
しかしながら、構造上そのカバーとカメラモジュールのと間に隙間が生じることがあり、ゴミやホコリが侵入。
大きさと場所によっては、撮影した画像に影響が出ることがあるようです。
リンク先にもある通り,あらためて白い壁の前でカメラアプリ起動。

はっきり分かりますよ,はっきり > < (*1)

というわけで,私もジーニアスバーへ持ち込む事にしました。
もちろん予約必須です。

Apple Store銀座へ持ち込んだのですが,予約時間に着いて待つこと5分。
お兄さんが現れ,iPhone 5の症状を説明します。
レンズの部分を見せ,またカメラアプリ越しにボヤけている様子も見せましたが・・・

「交換しましょう」
「えっ。」

早いよ,早すぎる決断。

何でも,iPhone 4ならば部品交換等ができるのですが,iPhone 5はパーツが密接過ぎて,本体ごと交換ということになるようです。
バックアップは?と聞かれて,もちろん毎日ですと。
今朝もしてきたばかりですと。

お兄さんが私の契約状況をチェック。
また私はiPhone 5の契約と同時にAppleCare+ for iPhoneにも加入しています。
その場で交換していただきました。
もちろん無償です!!

交換の際は,目の前でお互いに確認しながらリセット作業を行います。
「設定」ー「一般」ー「リセット」ー「すべてのコンテンツと設定を消去」となります。

思えば,購入してから静岡に持ち帰って,しばらくは裸族だったiPhone 5。
その間に一度だけ道路に自由落下させ,右側面に悲しいキズがありました。
「Man & Wood」の天然木ケースで普段は隠れていましたが・・・

そのキズともおさらばです!

新しいiPhone 5,もちろんホームボタンとかカチカチ感がぜんぜん違う。
あら1年も立たないで,そんなに変わってたものなのかと。
正直,嬉しいですなぁ!!

先のAppleCare+ for iPhoneのリンク先にもありますが,通常であれば本体ハードウェアの無償保証は1年。
私のように発売日近辺で購入した方は,あと3ヶ月もすれば1年が経過することになります。

レンズのゴミが,塵が,埃が気になる方。
早めにサポートを受けることをオススメします!!


*1 あまりにはっきり写っていて驚き,キャプチャするの忘れました。
嗚呼痛恨のミス・・・


■関連エントリ
予約した「iPhone 5(BLACK 32GB)」を発売日に無事ゲット!そして月々の支払い内容
「iPhone 5」予約完了!ソフトバンクで黒で32GBな理由
iPhone 5のケースは「Man & Wood」の天然木ケースにしました
posted by マキパパ at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails