2013年09月29日

大相撲秋場所の「和装day」でいただいた床山てぬぐい

平成25年の大相撲九月場所(秋場所)が終わりました。

幕内優勝は,東横綱の白鵬。14勝1敗という成績です。
4場所連続。27度目。40場所連続二桁白星。
28歳の大横綱ですね(昭和60年3月11日生)。

静岡単身赴任の頃から本格的に見だした大相撲。
今ではすっかり夫婦で楽しんでいます。(*1)
カミサンも力士の名前と顔がだいぶ一致するようになりました。

基本,場所中はテレビ観戦。
日中に録画しておいて仕事後の「録画部」というやつです。

そして今場所は,9日目(9月21日)に両国国技館へ観戦にも行けました。
昨年の九月場所にも行っており,それ以来1年ぶりとなります。

どすこい秋味!秋場所九日目ですし。
秋場所だけに秋味という名のビール

大相撲の場所中は,実は朝早く8時40分から取組が始まっています。
この日はお昼過ぎに伺ったので,3連休の最後とはいえ国技館の中は写真のようにまだガラガラ。
もちろんこの後に満員御礼の札が下がるのですが・・・

今年の秋場所は,大相撲協会によるキャンペーンがありました。
「和装day」。(*2)
着物、髷など、相撲の文化は日本の文化に根差したもの。日本の和文化を大切に・・ そんな想いをこめて、大相撲九月場所は「和装day」を2日間設定いたしました。「思いっきり、日本文化を楽しむ!」をテーマに和装で大相撲を楽しんでいただく2日間!皆様の素敵な晴れ姿でのご来場、お待ちしております。

この2日間というのが,2日目(9月16日)と9日目(9月21日)のこと。
9日目!ドンピシャで観戦日だったのですね。

ということで,着物・・・は持っていないので,甚兵衛を持って行きました。
持って行きましたというのは,当日は雨降りそうな曇り空で寒かったので。
両国国技館で着替えさせていただきました。
にわか和装で申し訳ありません。

先着300名とのことで,配布時間の13時にはすでに入口は行列ができており。
アンケートの記入をして,ちゃんと貰えたのでした。

和装day特製てぬぐい
「和装day」特製てぬぐい

このデザインは,床山さんの道具を表しています。
床山(とこやま)とは,力士の髷や役者・人形の鬘などを結い上げる職に就く方のことです。
びん付け油,すき櫛,前掻け,揃い櫛,荒櫛,握りはさみ,髷棒,先縛りなどを使って大銀杏を仕上げるわけですが,どれがどの道具なのでしょうか。

先着300名ということは,2日間で600名の方に配られたわけです。
大相撲興行時の国技館の定員は11,098名ですから,両日とも満員御礼で22,196名のうちの600名。
わずか2.7%?!

まぁもっと多く配っているのかもしれませんけれど(笑)

平成二十五年九月場所のサイン入り。
大事に使いたいと思います。


*1 大画面に映し出される「特徴的な」お客さんを見つける愉しみ。えっ
*2 リンク貼ろうと思いましたが,もう次の十一月場所(九州場所)の準備で開けないんだぜ。




■関連エントリ
大相撲秋場所5日目に行ってきました2012@両国国技館
スタバの第18回定時株主総会2013@両国国技館
タグ:大相撲
posted by マキパパ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツのハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails