2014年05月04日

アップルストア銀座で「ゴールデンウィークキッズワークショップ」に参加しました2014

ゴールデンウィークです!

アップルストア各店で開催する「ゴールデンウィークキッズワークショップ」。
何かのタイムラインでしたか,募集記事を見かけてすかさず申し込み。
満席になる前に予約することができました!

申し込んだのは,5/4(日祝)開催のムービーのワークショップです。

Apple - お近くのApple Store - ゴールデンウィークキッズワークショップ
指先だけで家族の映画を作りませんか。映像やビデオクリップの取り込み方から、特殊効果の使い方まで。iPadのiMovieでムービー制作を楽しく学べます。いつもお使いのiPadにお気に入りの家族の動画を入れてお持ちください。世界に公開したくなるような傑作を作って、ご家族のみなさんと一緒に楽しみましょう。6歳から13歳までの方が対象で、参加にはご予約が必要です。
息子がYoutubeなどの動画を見るだけでなく,そこから作る方へを興味をもっており。
しかもこの日は午後から出勤の午前半休と。
そんな感じがちょうど重り,しかも予約できたのでラッキーでした。

ちなみに5/3はフォトのワークショップ,明日5/5はガレージバンドのワークショップです。
日程さえ合えば参加したい・・・したかったです。

ということで,息子と久しぶりのアップルストア銀座へ。有楽町へと向かいます。

Apple Store Golden Week Kids Workshop 2014
ゴールデンウィークキッズワークショップ

懐かしのセミナールームです。
以前にStart Mac体験モニターで,それがご縁での家族での取材を受けたり。
それ以降も何度か子供たちのジュニア向けワークショップなどで利用してきた場所です。
(なので銀座という選択なのです(^^ゞ)

9:00〜10:30というセミナーでしたので,集合時間は8:45。早っ!
でも,開店前(アップルストア銀座は10時開店)のストアに入るという,ちょっと貴重な経験(^ ^)

実はこの早い時間という事が,この後に別の貴重な経験をすることに繋がるのです。
早速セミナールームへ。


>> まさかのスタンディングオベーション?! (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

浦和レッズ試合観戦(2014Jリーグ第10節 v.s. 横浜F・マリノス)

今シーズンようやく!ようやくレッズ観戦に行けました。

3連休の中日,曇空。やもすれば,雨。
カミサンは所要にて外出のため,息子と二人での参戦です。

対戦相手は,横浜F・マリノス

RedDiamonds 20140429
浦和レッズ v.s. 横浜F・マリノス

ゴールデンウィーク最中ということで,ファミリー向けイベントがいっぱい。

浦和レッズ『ファミリーJoinデイズ』開催! 〜ゴールデンウィーク(4/29&5/3)は家族みんなで埼スタに行こう!〜|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

本当は「Enjoy! On the Pitch」という,芝生コートでの裸足サッカーをしてみたかったのですが・・・
息子の気分が乗らず(^^;

久しぶりのスタジアムをぐるりと回りながら,試合開始まで息子と散歩していました。

>> 統制の無い応援という体験。(続きを読む)
posted by マキパパ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツのハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

学校でのぎょう虫検査と座高測定が来年度で廃止に

あのキューピーちゃんの絵で思い出す。

ぎょう虫検査中止
懐かしの!

一部では「ポキール」というと通りが良いかもしれません。
「ぎょう虫卵検査」ですね。フィルムでギュッとやるアレです。

そういえば先日息子がやったばかり。
低学年の頃はカミサンがやっていましたっけ。
今では自分で出来るから!とやっていたようです(^ ^)

中学に入るまでやるものと思っていましたが・・・
今朝,新聞を読んでてビックリ。

来年の2015年度で廃止が決定したそうです。

学校での座高測定とぎょう虫検査、来年度で廃止 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
文部科学省は30日、同省令の学校保健安全法施行規則を改正し、学校での健康診断の項目から座高測定と寄生虫卵検査を外した。
寄生虫卵検査は,1958年からスタート。57年の歴史に幕を閉じます。
下水道の整備や,化学肥料の普及で感染率が激減していたそうです。
そういえば,私自身が子供の頃の検査でも,誰もひっかからなかったような?

一方の座高測定は,1937年にスタート。78年も続いていたと。
何でも戦時体制下で,「胴長は健康」という考えから始まったそうです(!)
いやいや子供の頃は,むしろ「足が長いか短いか」の競い合いだった気がするのですけど!
つまり胴が短い方が足が長いとされる(笑)
「測定に意味なし」「結果活用されていない」ということで廃止。

どちらも,そりゃそうですわな(^^;

来年といえば,息子がちょうど小学6年生。
結局そのまま最後まで検査って感じですね。

むしろ「あれが最後の年だった」という思い出になるのかも知れません。


■関連エントリ
ビールの本場ドイツで「ビール離れ」ですって!?
スキージャンプ飛ぶ?跳ぶ?「異字同訓使い分け」手引が42年ぶりに見直し
月の裏側はどうなっている?(閲覧注意)
祝!2020年「東京五輪」決定に思う
「これまでで最大の素数を発見」で家族との小話。
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails