TOP スポーツのハナシ > ACL準決勝の第一戦:浦和レッズ対ガンバ大阪
2008年10月08日

ACL準決勝の第一戦:浦和レッズ対ガンバ大阪

今宵はACL(=AFCチャンピオンズリーグ)の準決勝第一戦です。

先々週の準々決勝では,見事クウェートの強豪アルカディシアに勝利した浦和レッズ。
試合後にスタジアム一体となって歌った「We are Diamonds」は,未だに耳に残っています。

今晩の準決勝では,同じくコマを進めてきたガンバ大阪と戦います。
試合会場は,アウェイとなる万博記念競技場

仕事から帰り,夕食をとりつつ。
カミサンが録画しておいてくれた,CSテレ朝チャンネルの中継試合を観戦です。

ACL史上初となる,日本勢同士の対戦。
ぱっと見はJリーグでのガンバ戦なのですが,レッズのユニフォームがDHL仕様(国際試合用)な所がやはり違います。
でも,やはりACLじゃないような,変な気分・・・

・・・なのは最初だけ。
両チームも,Jリーグ以上に「勝利」に対する執念を感じさせる,素晴らしい内容でした。

試合開始から,両チームとも激しいぶつかりあいです。
かなり早いパス回し。
ちょっとのミスが,すぐに相手チームへのチャンスにつながる。

かなり緊張した展開でした。
でもその均衡を破ったのが・・・

MF細貝のダイレクトシュート!
ディフェンスの間を抜け,ゴールに突き刺さります!!

準決勝でもMF相馬が見事なダイレクトボレーを放ち,ゴールしましたっけ。
細貝のこのシュートも,実に見事でした。

が前半終了間際には,左からの見事な突破を見せてくれる相馬にイエローカード。
相馬はイエローカードの累積で,次回の第二戦に出場することができません。

後半開始後は更に激しくなります。
とにかくホームで勝たなくてはいけないガンバが,ものすごいプレッシャーでゴールを狙ってきます。

開始後,コーナーキックの攻防で細貝にもイエローカード。
細貝も累積で,第二戦出場停止・・・

しかも,微妙な位置でしたが,ファウルでPKを取られてしまい。
決められて,同点に。

ケガで欠場が続いていたFW達也が久しぶりに復帰した姿を観られたのが,救いかも。

試合終了間際には,なんと遅延行為ということでGK都築にもイエローカード。
この都築も累積で,第2戦は出場停止です。

カミサンが「都築が出ないのなら(10月22日の)埼スタ行かない」と。
をいをい,チケットもう取ってしまったよ!(^^;
カミサンにもイエローカードです。

そのまま試合終了ということで,結果は1-1のドローでした。
激しすぎるドロー。

浦和レッズの試合結果はこちら
ガンバ大阪の試合結果はこちら

引き分けという結果でしたが,アウェイでの1点はやはり大きく。
準決勝第2戦では,0-0でもアウェイゴール数でレッズの勝利です。

とはいえ,0-0で終わる気がしません。
3人も出場停止が出てしまいましたが,ベンチにも素晴らしい選手はいます。

やはりここは,勝利です。勝利なのです!!
10月22日(水),埼玉スタジアムでお会いしましょう。

We are Reds!

■関連エントリ
ACL準々決勝の第一戦:浦和レッズ対アルカディシア
ACL準々決勝の第二戦:浦和レッズ対アルカディシア(ホーム)




■スポンサード リンク


タグ:浦和レッズ
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツのハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

acl準決勝 テレビ
Excerpt: ACL準決勝日本対決はG大阪がゲームを支配するも1−1ドロー[10.8 ACL準決勝第1戦 G大阪1-1浦和 万博] ACL準決勝第1戦が8日行われ、万博記念競技場ではホームのガンバ大阪と07年..
Weblog: 効率が10倍アップする新・知的生産術 自分をグーグル化する方法
Tracked: 2008-10-09 06:48

ACL準決勝の第二戦:浦和レッズ対ガンバ大阪(ホーム)
Excerpt: 10月8日のACL準決勝第一戦を受けて,いよいよ今晩は第二戦,しかもホーム。 最近バイクを売却した地元友人の愛車にカミサン共々乗せてもらい・・・ 一路,埼玉スタジアム2002まで観戦に。サンキュー!..
Weblog: くうねるあそぶ
Tracked: 2008-10-25 01:57
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。