TOP NETスクラップ (デジタル) > しゃべる「iPod shuffle」が登場
2009年03月11日

しゃべる「iPod shuffle」が登場

唐突に,第3世代となる新しいiPod shuffleが発表されました。

14カ国語で「話しかける」iPod shuffleが登場--4Gバイトで8800円 (CNET Japan)

その小ささは,縦45.2×横17.0×厚さ7.8mm。
第1世代の縦長なデザインに戻りましたね。

従来の正方形クリップ型なiPod shuffleが縦27.3×横1.2×厚さ10.5mmですから,ざっくりと半分程度の大きさになっています。


Appleのウェブサイトでのギャラリーを見ると分かりますが,もはやイヤホン端子と同じ薄さにまで小型化しています。

単3電池よりも小さい!
これ以上小さくするのは,イヤホン端子の形状を変えないと無理!みたいな(笑)

重さは10.7gだそうです(従来は15.6g)。

またディスプレイを持たないiPod shuffleならではの新機能として,「VoiceOver」が搭載されました。
これからは,まったく新しい方法で音楽をブラウズしてナビゲートします。ボタンを押すだけで,VoiceOverが曲を中断せずに,音声で教えてくれます。日本語の曲名,アーティスト名,プレイリストの名前は,日本語で読み上げます。
ちゃんと日本語での読み上げに対応しているのは,嬉しいところです。

・・・が。

同じくAppleのウェブサイトで用意されている,VoiceOverのサンプルを聞いてみると,まぁ微妙にアンドロイドな感じ?(^^;
そもそもiPod shuffleの使い方って,お気に入りな曲に絞ってiTunesから持ち出すイメージがあるので,読み上げなくても知ってるよ,的な。
まず,iTunesが曲の情報を読み取ります。続いて,新しいVoiceOverキットを使って,iPod shuffleのために曲名,アーティスト名,プレイリスト名の音声をiTunesが生成します。
ということで,音声データを生成するOSによっても滑らかさが違ってくるようですが・・・

製品の由来でもあるShuffle(シャッフル)再生の他に,初めて曲順のまま再生が出来るように曲順のまま再生が出来るハードウェアなボタンがついています。
そういえばプレイリストによる再生方法も,iPod shuffleとしては初となりますね。
そのほとんどの操作が,イヤフォンのコントローラからの制御になります。

色はブラックとシルバーの2色。
いずれは多色展開するんでしょうか・・・?


<3/12追記>
第3世代iPod shuffleの発売にあわせて,iTunesも8.1にバージョンアップしましたね。

「iTunes 8.1」公開、iPod shuffleの新モデルに対応 (INTERNET Watch)
・パフォーマンスとレスポンスの向上
・第3世代iPod shuffleとの同期に対応
・友人がiTunes DJに曲をリクエストすることを許可
・ムービーやテレビ番組用のGeniusサイドバーを追加
・iTunes Plusの楽曲をダウンロードするときのパフォーマンスを向上
・手動で管理されるiPodにもオートフィルを提供
・iTunes Plusの配信楽曲と同じ256kbpsでのAAC形式での取込対応
・多くのユーザー補助を改良
・ペアレンタルコントロールを使って、iTunes UとiTunes Storeを個別に無効にできる
早速バージョンアップです!

iTunes8.1.png


■Appleのニュースリリース
アップル、画期的な新iPod shuffleを発表

■スポンサード リンク


タグ:ipod
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
「初めて曲順のまま再生が出来るようになっています」?いえいえ、初代シャッフルから可能でした。
Posted by ひろ at 2009年03月12日 07:00
>ひろ さん

おぉ,そうだったんですね・・・
初代shuffleを持たず,間違えてしまいました。

エントリ中の内容も修正させていただきました。
ご指摘ありがとうございます。
Posted by マキパパ at 2009年03月13日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails