TOP Gourmet > 「和浦酒場」で日本酒新発見!@浦和ナイト2(日本酒居酒屋)
2009年06月08日

「和浦酒場」で日本酒新発見!@浦和ナイト2(日本酒居酒屋)

ビックコミックオリジナルで連載中の「蔵人(クロード)」というマンガあり。(*1)
(えーと,ワタシは未見ですが(^^;)

その作品中に「あやか」という居酒屋が登場するそうなのですが,そのモデルとなった居酒屋が浦和にあるそうな。

DSCF8619
和浦酒場

その「和浦酒場ってあやかのモデルなんですよー!」ということをtwitterで教えていただいたお知り合いブロガーさんたちが,こぞって地元浦和の和浦酒場に飲みに来ていただくことに。
昨日の日曜日に,「浦和ナイト2(和浦の会)」となったのでした。(*2)

ホント,皆さん日本酒大好き!!

実は「浦和ナイト2(和浦の会)」の下見のために,2度ほど地元友人と和浦酒場に訪れておりまして
そこで知った,「くさくない」日本酒の美味しさ,豊富さ,そして冷でも燗でもない「ぬる燗」。

まさに,
ミイラ取りがミイラになったという表現は適切ではないですが,下見に行ったはずが下見で終わらなかったというか,またリピートしてしまいました!的な。
的な!(笑)

DSCF8616
始まりはいつも「うなこ」

浦和駅の西口に,お知り合いブロガー諸氏が6名。
皆さん酸いも甘いも噛み分けた,酒の達人ばかりです。

ホント日本酒を飲み始めたばかりのワタシで,すいませんm(__)m

店に入るなり,店主に「今日入ったばかり」の酒を見せていただきました。

DSCF8622
「亀の翁」「亀の王」「清泉純米吟醸」「清泉純米」

と,みなさん「かめのおう!」「きよいずみ!!」と歓声をあげていらっしゃる。
さすが,よくご存知で・・・(^。^)

清泉は,以前地元友人のエピソードを聞いていたので,ワタシもずっと飲みたいと思っていた日本酒。

こんなに早く巡り合えるとは・・・(涙)

DSCF8636
薄い平型のお猪口で乾杯!

注ぎ口が大きく,日本酒の香りがとても素晴らしい。
そして「ぬる燗」。
ふうわりとした香りが,お腹に染み入っていきます。

ただ何でも「ぬる燗」が良いかというとそうではなく。
店主自らが何度も試行錯誤して(それこそ温める温度を1度ずつ調整して)これが旨い!という所を見つけているわけです。

なので「冷」もあれば「燗」もある。
それぞれのお酒のパワーが開く温度がある。

深いなぁ。

深いといえば,料理もまた旨し。

DSCF8624
注文時は「右半分全部!」という大人買い(笑)

DSCF8628
にらもみ

DSCF8631
生とうもろこし

DSCF8641
本当に旨いアジフライ(本当にウマイ!(笑))

などなどなど。

途中からは,「この料理にあうお酒を」。
そして「このお酒にあう料理を」。

えぇお酒と肴の無限ループ状態です(^^ゞ

でもそれぞれに違う日本酒を用意いただき,肴を持ってきていただき。
すべて答えてくれる和浦酒場の店主,スタッフの皆さんが凄い。
また持ってくるお酒を知り,ちゃんと蔵元まで話のネタにしているブロガーの皆さんも凄い!!

間違いなく,チェーンな居酒屋では味わえないこの雰囲気。
こういう雰囲気で飲むお酒って,本当に美味しい。

ワタシ的には,「花垣」「きもとのどぶ」も美味しかったと今後のためにメモしておきましょう。

DSCF8658

DSCF8662
純米酒 神亀

DSCF8667

もう,いったいどれくらいの日本酒を飲んだのだろう。
まさに杯を重ねていくワタシ達。
チェイサー(お水)を併せて飲んでいたのも,グイグイいけるコツかもしれませんね。

こうして浦和ナイト2の夜も更けていくのでありました。(*3)

Flickrのまとめ写真,Setはこちら。
URAWA NITE2 JUN07/2009

日本酒。

まだ入口からその奥を覗いただけですが,少なくともその奥にはとてつもない深さがあるという事は分かりました。
日本酒は翌日に残る体質なので,年中飲むわけには行きませんが,「日本酒を飲みたくなったら和浦酒場に」ということです。

酒は純米 燗ならなお良し
酒は純米 燗ならなお良し

「和浦の会」,ぜひぜひまた開催しましょう。
ごちそうさま!!


*1 ちなみに浦和には「蔵人」という居酒屋もあります。
ランチで利用したことあり(^^)/

*2 ちなみに最初の「浦和ナイト」はこちら

*3 2次会として,和浦酒場 弐にも行っています。

DSCF8682
生牡蠣と純米酒 天遊琳(てんゆうりん)

酒瓶には「牡蠣限定」とあるわけです。
最初は「夏季限定」と空耳しましたよ?
こんなお酒を用意してくれる「和浦酒場 弐」も要チェックです。


■ご一緒したブロガーさんのエントリ(随時更新)
和浦の会@和浦酒場で日本酒をとことん楽しんだ
(くりおねさん/くりおね あくえりあむ
浦和の夜は、昏々々と更けてゆく。
もとおとこもとこさん/もともこも鳴き笑い
日本酒へのこだわりが半端ない!「和浦酒場」「和浦酒場 弐」(浦和)
(ネタフルさん/[N]ネタフル


■関連エントリ
「浦和丸」で網焼き焼き@浦和ナイト(浜焼酒場)
「蔵人(くらうど)」でランチ@浦和(和ダイニング)


和浦酒場 WAURA DINER
048-824-0701
営業時間 17:00〜26:00 (L.O.25:30)
年中無休

大きな地図で見る


■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[レストラン・外飯]浦和の夜は、昏々々と更けてゆく。
Excerpt: 記録はあるけど記憶がないこともあったりなかったり。 記録とは、記憶の改変・改ざんを許さないもの‥とは思いますが、そもそも「記憶」になる段階で(=掘り起こす過程で)自分の都合の好いように解釈する(再構..
Weblog: もともこも鳴き笑い
Tracked: 2009-06-12 10:18
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。