TOP NETスクラップ (デジタル) > 「Windows 7」の価格が発表に
2009年06月26日

「Windows 7」の価格が発表に

今年の10月22日(米国)でのリリースが発表されていた「Windows 7」ですが,日本での価格やパッケージが発表されましたね。

Windows 7、日本国内の提供価格が正式発表 (CNET Japan)
・Windows 7 Ultimate
通常版 38,800円/アップグレード版 26,800円
・Windows 7 Professional
通常版 37,800円/アップグレード版 25,800円
・Windows 7 Home Premium
通常版 24,800円/アップグレード版 15,800円
(値段は全て参考価格)
日本でのパッケージ販売は,この3パターンになるわけですね。
MicrosoftのPressPassによれば,この3パターンの概要は次のとおり。
・Windows 7 Ultimate:あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディション
・Windows 7 Professional:仕事と家庭のどちらでもPCを活用するユーザーに最適なエディション
・Windows 7 Home Premium:最新のデジタルライフを実現する、ホームPCユーザーに最適なエディション
※Windows 7 Starter(基本的なホーム PCユーザーのニーズに応えるエディション)はOEMよりPCにプレインストールでのみで提供されます。
まぁWindows XPにおける,ProfessionalとHomeの違いみたいなものでしょうか。
Windows 7の「Windows XPモード」が動くのは,Professional以上でしたね。



あわせて,6月26日(金)からは,Windows Vista搭載PCを優待価格でWindows 7にアップグレードすることができる「Windows 7 優待アップグレード キャンペーン」が開始。

そして,オンラインショップ限定で先行予約をすることで,ざっくり半額近く安くWindows 7を購入することができる「Windows ありがとう キャンペーン」も期間限定で開催中です。
・開催期間:2009年6月26日(金)〜7月5日(日)
・Windows 7 Peofessional アップグレード版 → 14,777円(通常 25,800円)
・Windows 7 Home Premium アップグレード版 → 7,777円(通常 15,800円)
あら,これは安い!

Mac OS X v10.6 Snow LeopardのLeopardからのアップグレードが29ドルという安さには適いませんが(っていうかSnow Leopard安すぎ(笑)),Windows 7はベータテストでもおおむね好評ですし,Vistaから早くアップグレードしたい=間違いなく購入するよ!という方にはオトクな設定だと思います。

ということで,もちろん自宅母艦のiMac用にSnow Leopardアップグレードは間違いありませんが・・・
愛機ThinkPad X200用に,このありがとうキャンペーンの優待価格でポチっといかせていただきました。

Windows 7 Professional。
待ち遠しいな〜 (^^ゞ


Windows ありがとう キャンペーン



■関連エントリ
「Windows 7」は2009年10月22日にリリース

■スポンサード リンク


タグ:Windows
posted by マキパパ at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。