TOP NETスクラップ (デジタル) > twitter APIの認証方法が変更→クライアントの更新が必要に
2010年04月27日

twitter APIの認証方法が変更→クライアントの更新が必要に

いまや(良くも悪くも)生活の一部となったtwitterです。

現状twitterクライアントを利用するときは,「ユーザー名」「パスワード」が必要なわけですが,この夏からそのAPIでの認証方法がtwitter側で変更になりますよ,というハナシ。

Twitter APIの認証方法が6月末にOAuthへ移行,クライアント更新を -INTERNET Watch
米Twitterが2010年6月30日にTwitter APIの認証方法を変更することから,Twitterクライアントの利用者は新しい認証方法に対応したバージョンにアップデートしない限り,Twitterを利用できなくなる可能性がある。
さまざまなWebサービスを利用していて,この「OAuth(オウオース)」による認証を受けるときがあります。

このOAuthに対応したWebサービスでは,そのサービスにパスワードを教えることなく,認可情報を受け渡すことができます。

例えば,ワタシもよく利用しているtwitterと連携した写真投稿サイトのTwitpic

これも右上の「Sign in with Twitter」をクリックしてログインしようとすると,次のようなOAuth認証の画面が出てきますね。

OAuth.jpg
TwitpicのOAuth認証

この場合は,twitterのOAuthを通してTwitpicのサービスにログインしているので,Twitpic側には特にIDやパスワードが必要ないわけです。
※↑認識間違っていたら教えてください(^^;

ちなみに,twitterの画面右上の設定から「外部アプリ」をクリックすることで,過去にどんなサービスをtwitterでOAuth認証させてきたかが分かりますね。

iPhoneなどで利用しているtwitterクライアントでは,つぶやきを送受する際にその都度クライアントに登録したtwitterのユーザー名+パスワードを送受信しているそうです。
それが,今年2010年6月30日からは,このOAuthによる認証方法に変えるというのが今回の発表です。

つまり各種Twitterクライアントは,認証方法をOAuthに変更しないといけなくなるよ!修正版をリリースしないと使えなくなるよ!!
・・・という訳です。

逆にいうと,クライアントからの利用で6月30日以降にタイムラインやらつぶやきができない場合は,この認証方法の変更の未対応が疑えると。

ワタシがiPhoneで,Macのデスクトップで,そしてFirefoxのアドオンとしても愛用しているEchofonは,まだこの認証方法に対応していません。

まだ6月30日まで時間があるとはいえ,リリースされるまではちょっと心配ですね。
まぁ開発陣はアップデートも頻繁に対応してくれていますから,大丈夫とは思いますが・・・

そして心配といえば,OAuthへの変更の結果。
クライアントでのtwitterの動きが遅くなってしまわないかも,ちょいと心配だったり。

最後にワタシのtwitter IDは次のとおりです。
ブログの更新情報も流しています。フォローはどうぞお気軽に〜!

マキパパ (makipapa) on Twitter


■関連エントリ
Seesaaブログに「Topsy」のtwitterボタンを設置する方法
twitterに課金システムが!?
twitterの「Lists」機能がきた!
Appleも公式twitterアカウントを追加(英語)
「twitter」はMacで開発されていた!
Twitterの日本語版サービス開始


■スポンサード リンク


タグ:twitter
posted by マキパパ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails