TOP 体験モニターなど > docomo STYLE series「P-06B」の手書きフォトが面白い!
2010年08月09日

docomo STYLE series「P-06B」の手書きフォトが面白い!


iPhone 4のホワイト,まだかなまだかなーと待っていたら。(*1)

docomo STYLE series「P-06B」のホワイトが届きました!(えっ

docomo STYLE series P-06B
docomo STYLE series P-06B

これは,お世話になっているCyberbuzzさん経由でのモニターです。
ちなみにモニター後は,そのままいただけることになっています。
ありがとうございます!ありがとうございます!!

メインで使用しているのはずっとiPhone 3Gなのですが,家族が皆ドコモユーザなので,ドコモFOMAケータイと2台持ちです。
ファミリー割引で,しゃべってもメールしまくっても定額ですからね。

ちなみに現在使用しているのは,むかーし昔のモデル,N902i
カミサンのケータイは都度機種変更しているものの,ワタシは結局iPhone 3GがメインなのでFOMAは文字通り電話だけできれば良いや,と。

N902i and P-06B
N902i & P-06B

なので,機種変更するタイミングがずっとないまま,2005年11月発売の名機をずっと使い続けていたりします。
電池パック,2回交換済み(ドコモショップで2回とも無料でした)。

2005年の端末から,一気に2010年夏モデルという最新端末へ。
不安もありますが,まずは届いたパッケージを開封します!

docomo STYLE series P-06B docomo STYLE series P-06B

docomoケータイの箱,とーっても久しぶり。
なんだかんだいってワクワクしますね(笑)

docomo STYLE series P-06B docomo STYLE series P-06B

パッケージの中身。
最近のケータイは,マニュアルがだいぶ薄くなったのですね。
液晶が感圧式のタッチパネルなので,ストラップタイプのタッチペンがついています。

しかもその液晶は,ぐるりんと回転するデュアルフェイスデザイン。

docomo STYLE series P-06B docomo STYLE series P-06B

こんなメカニカルな機構だけあって,そこそこ持った感じは厚みを感じます。
(高さ:約114 mm × 幅:約51 mm × 厚さ:約19.9 mm)

重さは148gとのことですが,確かにいつもiPhone 3G(133g)を持っていると「ちょっと重いな」と感じます。
ただ,この大きさにして必要な重さという感じです。
これで軽かったら,なんか中身スカスカみたいな(^^;

またラウンドフォルムを採用しているので,適度な丸みが美しく,かつ持ちやすいですね。

この「P-06B」の特徴は,大きく4つあります。
・防水性能を備えた美しいラウンドフォルムデザイン
・高速起動&高速オートフォーカス1320万画素カメラ
・タッチパネルで手書きダイアリー
・手書きフォト/メモ
防水機能がしっかりしているだけあって,SIMカード(FOMAカード)の装着までには隔壁を開けなければなりません。

docomo STYLE series P-06B docomo STYLE series P-06B

裏ぶたを外し,防水の隔壁を外してからようやく電池パックが外せます。
そしてSIMカードやら,micro SDカードのスロットが出てきます。

docomo STYLE series P-06B

SIMカードは良いとして,micro SDカードを取り出すときはいつも電源OFFにしなくてはならないのですね。
防水性能から仕方ありませんが,ちょっと不便といえば不便。

まぁ最近のケータイでは,こういった外部メモリを外す機会はそんなにないのかもしれませんけど。

とりあえず,目玉機能である「手書きフォト」を試してみます!
マニュアルも読まずに,カメラを起動して撮影。
そしてデータBOXのマイピクチャから,「手書きフォト」を・・・

どうしても出来ない (>o<)

マイピクチャに「手書き」というフォルダがあって,開くと「手書きフォト/メモ」が出てきました。
コレダ!と撮影したデータをそこに移動してみても・・・やはり出来ない。
サブメニューのどこを探しても,「手書きフォト」が呼び出せないのです。

結局マニュアルを開くことに。
なんと「手書きフォト」は,液晶を回したビューアスタイルでないと出来ないらしい(!)

docomo STYLE series P-06B
ようやく「手書きフォト」でカキカキ

そもそも通常の開いている状態では,タッチペンでの操作自体が出来ないようです。
せっかくの感圧式タッチパネルなのに・・・

確かに通常開いているとき(ノーマルスタイル)は,デザイン的に手元にダイアルキーがきますから,ケータイを操作するのはダイアルキーがメインになるのは分かります。
ただ,わざわざタッチパネルの機能まで切ってしまうのはどうかなと。

カメラで撮影して,手書きフォトでデコレーションして,そしてメールを送る。
その時に文章もビューアスタイルで打てますが,やはりキー操作には劣ります。
かといって,その都度液晶をクルリンと回転させるのは面倒ですし・・・

ちょっとその辺りは惜しいなと思いました。

あと細かいところですが,ビューアデザインで書くアイコンをクリックすると,それぞれのアプリが起動します。
が,一つ前の操作に戻ったり,終了したりというボタンが「クリア」という言葉で表示されるのですね。

ここもちょっと違和感がありました。

まぁとりあえず手書きフォト完成です!!

docomo STYLE series P-06B
初手書きフォト!!

今までが今までのN902iということもありますが,カメラの起動は超絶早いですし。
液晶もPanasonicならではのVIERAケータイということで,とってもキレイ。
この「手書きフォト」は慣れると操作もスイスイなので,より写真に面白さを追加できますね。
(ブロガー写真向けな面白さ,です)

どちらかというと,やはり女性向きなケータイなのかもしれませんね。
実際,この「P-06B」のFAN SITEがオープンしていますが,ブロガーさんの体験レポートはみなさん女性ばかり。

docomo STYLE series P-06B FAN SITE
docomo STYLE series P-06B FAN SITE(モバイル)

何を隠そう,カミサンもじーっとこのP-06Bを見ているわけです。
というかこのblogを書いている間,すでに手にとって何やら写真を撮影して手書きフォトを楽しんでおります(笑)
しかも,先の特徴の一つである「手書きダイアリー」機能がいたく気に入っている様子。

い,いかん。
このままではせっかくの最新ケータイがカミサンに取られてしまう(^^;(^^;

モニター機会,ありがとうございました。


*1 待っていたのは前のハナシ(遠い目)。
すでにブラックiPhone 4をオンラインで予約中です。
あなたが来るのが遅すぎたんだ,然様ならホワイ党!!!!!


■関連エントリ
「瞬足」の2010年春モデルをムスコが履く!
映画「オーシャンズ」を観てきました
IKEAでムスコの学習机を買ってきました
全長90センチの迫力「フィッシャープライス ウルトラ恐竜スパイク」は大きかった!


■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験モニターなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails