TOP 時事 > 「マキコミの技術」出版記念パーティーでした
2010年12月16日

「マキコミの技術」出版記念パーティーでした

2007年に発売された「クチコミの技術」の続編とも言うべき,「マキコミの技術」。
ついに,2010年12月17日(金)に発売となります。

Impress Japan: マキコミの技術

それに先駆けての15日,出版記念パーリーが開催されました。
いつも何かとお世話になっている著者のお二人のお祝いに,行ってきましたよ!

#makikomi
発売日より2日早く手に入れた「マキコミの技術」

著者のお二人は,「最近すっかりインプレスっ子」というコグレマサト @kogure さんと,いしたにまさき @masakiishitani さん。
確かに最近の共著ってば,インプレス,インプレス。

でもインプレスの本て,PDF版もセットになっているので好きです。
自炊こそしませんが,iPhoneやiPadに入れて読書というのも最近では良くやりますので,助かります。

今回の「マキコミの技術」も,ちゃんとPDF版があるのですね。
インプレスダイレクトで販売もしていますし,本を購入した方にはデータを無料でダウンロードできるサービスも健在。
これは嬉しいですね!!

本そのものはまだしっかりと読んでいませんので,パーリーの嬉しかったことを写真と共にログしておきます。

#makikomi #makikomi
■豚組しゃぶ庵

今宵のパーリーは,おなじみの(そして「マキコミの技術」にも取り上げられている)豚組しゃぶ庵
えぇ,今年は何かと行きましたね,豚組しゃぶ庵。
来年もきっと,何かと行くことでしょう。

パーリーの最中,豚組社長の中村仁 @hitoshi さんに見せられたGalaxy Tabが,脳裏に焼きついていたり。(あの軽さ!)
でもiPadは愛しているけん,浮気はしないモンね。

にしてもヒトシさんのスタンプって,ユースケサンタマリ (ry

#makikomi #makikomi
■高山「大根男」社長

高山 @nori_taka さんは,今年になって知り合ったというのに,すっかり大根男です。
大根男が大根男なのは,実はこの「マキコミの技術」でも取り上げられているという(!)

パーリーの受付でいただいたのが,高山社長の会社「使えるITを,世界から。」オーシャンブリッジのノベルティ。
お願いしていないのに,高山さんの裏の休日の顔という「かわうそスタンプ」を押してもらいました。
右の写真,最高のドヤ顔で手にしているのは,「マキコミの技術」の表紙絵作者のサインです。大根をすりおろしている!!
ワタシもサインいただいたので,その件は後述。

高山さん,来年はコグレ家と一緒に那須旅行に行きましょうねぇ!!

#makikomi #makikomi
■「クチコミの技術」と「マキコミの技術」

今宵のパーリーのために,本棚の奥深くしまってあった前作「クチコミの技術」を持っていったのでした。
著者のお二人にもスタンプを押してもらいましたよ!

このスタンプといい,ヒトシさんや高山さんのスタンプといい,ちょっと羨ましい。ワタシも作ろうか知らん。

「クチコミの技術」から,もう3年経過したのですね。
もう3年,されど3年。あの頃はtwitterなんて,まだ広まってなかった。

今でこそ普通にテレビドラマでも出てきたり,「〜なう」が流行語大賞になったりと認知されましたが・・・
ソーシャルメディアの時代に,あえてblogを続けなさいと著書で,何より実際にblog更新を続けていらっしゃるお二人のブレない姿勢は本当に素晴らしいと思います。

keep on blogging ですね。

#makikomi
■「マキコミの技術」Tシャツ on コグレマサト

なんと,マキコミの技術の表紙がTシャツに(!)
顔を写せませんが,著者のコグレマサトさん。
色々な公開トークではお面を被っていましたが,苦しくなってやめちゃったそうです。
keep on OMENですね。

彼には,ホント公私ともにお世話になっています。
ふだんこのblogでは地元友人として何度か登場してたり。
が,あえて今日は地元友人=コグレマサトさんと同列で書きます。

幼稚園,小学校と同じで,子供たちがまた同じという地元浦和の縁。
まさか社会人になって再会して,しかもこんなにbigになって(体も),家族ぐるみでお付き合いするとは思ってもなかった。
本まで出版するようになるだなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

今日は出版おめでとう!おめでとう!!

・・・でも肝臓は大切にね。

#makikomi
■「マキコミの技術」出版お祝いケーキ

Tシャツかよ!と思ったら,なんとケーキまで!!
お菓子で書いた絵が,似てます,似てますよー

コグレさんの大学の後輩という,@JunxJunx さんの作品です。
彼女,別にケーキ職人でもないそうなのですが,なんという腕前!

カットされたケーキを豚しゃぶしゃぶの後にいただきましたが,表面が実に不思議なモチモチっとした食感。
聞いてみたところ,マシュマロが元になっているそうです。なるほど!
いや,ホント美味しかったです。ごちそうさまでした。

今度,子供たちの誕生日ケーキを作っていただきたい,たいな!
(マキコミ!!)

#makikomi
■「マキコミの技術」の表紙 零号機

と,これまで何度も出てきたこの表紙の女の子。
この写真は初期のデザインをスライドショーでながしていたのを,パパラッチしたものです。
作者は,野村宗弘 @nomura1234 さん。

野村宗弘 - Wikipedia

現在イブニングで,「とろける鉄工所」を連載中のマンガ家さんです。
なんでもコグレマサトさんたっての希望で,今回表紙を書いていただいたそうです。

流石のマキコミ力。
まきこみか!じゃなくて,まきこみりょく。
すごいな!

今宵のパーリーにもいらしてまして,ミーハーマキパパ。
さっそくサインをいただいたのでした。

#makikomi #makikomi
■マキパパさんへ

プロだから流石なのですが,あの表情をスラスラスラっと書いてくださる。
「目」の部分を何度かペンを重ねていて,拘っていらっしゃったのが印象的でした。

#makikomi
■サイン完成!!

表紙の裏の部分。サイン完成!
いやー,記念の一冊になりました。

ありがとうございます!ありがとうございます!
もったいなくて,この本は保存用にします。

そして読書用にもう一冊購入・・・ あ,電子書籍版があるのでそちらで読もう。
iPadのi文庫HDにはもうインストールしたし(^^ゞ
ふんふんふーん♪

#makikomi
■「マキコミの技術」 p.27

実は,ワタシのtiwtterでのコメントも,「マキコミの技術」に掲載されているのです。
それもあって,この著名な方々のスタンプやサインでピッカピカになった「マキコミの技術」は献本いただいたのでした。
ありがとうございます!

そしてワタシのtwitterアカウントは,@makipapa です。
どうぞフォロミー。


ということで,パーリーのログはここまで。

ステキな,そして楽しい会をありがとうございました。
じっくり読みますので!(*1)


*1 twitterにて,「マキコミの技術」で気に入った/感銘を受けたフレーズをゲリラつぶやきします。
ハッシュタグはパーリーでも使われた,#makikomi です。





■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「マキコミの技術」出版記念パーティーに行ってきた。
Excerpt: どうも、麦酒男です。 コグレマサトさん、いしたにまさきさんが「マキコミの技術」という本を 出版されるということで、その記念パーティーにお邪魔してきました。 場所は、春のビールミーティングでもお世話にな..
Weblog: 生ビールブログ −とりあえず生!−
Tracked: 2010-12-19 09:07
recent article


Related Posts with Thumbnails