TOP 家族のハナシ > 調神社で本厄の厄払いをしてきました2013
2013年01月10日

調神社で本厄の厄払いをしてきました2013

今年も厄年です。しかも「本厄」。

生まれたときを1歳とする古来の数え年で,42歳が本厄にあたります。

昨年は「前厄」の厄除けを地元神社でお願いしてきました。
当然,今年に入って前厄は明けます。
そして本厄に入るわけです。

つまり本厄の厄除けが必要と。

2013厄年早見表
地元神社に掲載されていた厄年早見表

正月のフットサルで,何でもないシーンで右太もも裏が肉離れしてしまい。
いきなり災いが降ってきましたが・・・

でもお払いするに越したことはありません。
連休中の今日,地元の調神社(つきじんじゃ)に行ってきましたよ。

調神社
調神社 | 社団法人さいたま観光国際協会

平日の昼間ではありましたが,参拝客もチラホラ。
私とカミサンはすぐに受付に向かったのですが,すぐ後に同じように赤ちゃん連れの家族4人でお払い(奥様が厄年らしい)が続きました。

調神社
調神社 祈願受付

お払いに伴う,祈祷初穂料は「5,000円からお気持ちで」と変わりません。
用紙に住所氏名を記入し,また家族に振りかかる厄払い用の御守もいただけるので,同居家族の人数も伝えます。

本殿でお待ちくださいとのことで,昇殿。
ここからは撮影禁止です。

私たちの前にも,同じように厄払いな感じの祈願をされている(厄払いの最中)方がいました。
控えの間で,浦和レッズからサッカーボールが奉納されているのをチェック。
すでに選手たちの祈願は終わっているのでしょうか・・・

順番がきて私たち2人,そして後からの家族4人,合計6人で本殿へ。
厄払いの祈願です。
右足の負傷で正座の姿勢は辛かったですが,身を引き締めて頑張りました(^^;

祈願後は,いつものお神札(おふだ)をいただきます。

調神社厄払御守
調神社 厄払御守

名前入りのお神札と御守り。
同居の両親,カミサン,子供たちの分の御守り。
あと今年はお神酒ではなく,破魔矢でした。
カミサン,お神酒ではないとちょいと残念そうです(^^;

そして神棚にお神札を供えようとして・・・

!!!

昨年いただいた前厄のお札を置きっぱなしでした > <
前厄は明けたので,神社に返さなくちゃいけません。
ついでなので小さなお守りも全部入れ替えるため,子供たちに渡しました。

・・・ちゃんと昨年渡したお守りを,それぞれ持ってくるから偉い(笑)


最後に祈願後にブラリと調神社を散歩した際の,例によって兎の写真をば。
調神社は,狛犬ではなくて狛兎なのです。

調神社羽子板
賀正 羽子板の兎

今年は早めの(1月9日)参拝だったので,まだ正月羽子板の飾りが残っていました。
大晦日から目にしていたアレです。

狛兎表
手水舎(てみずしゃ)の兎

えーと。
なんか後ろがどうなっているのか気になったので・・・

狛兎裏
手水舎(てみずしゃ)の兎(裏)

はい,裏側をパチリ。
なんかカウンターに肘ついて駄弁っているオバサマに見えなくも・・・ない。

失礼しました!

調神社巳年
神楽殿に奉納された今年の干支「巳(白蛇)」の画

毎年思うのですが,この奉納された絵はどこの団体が書いているのでしょうね。
昨年とは作者が違いますから,持ち回りで書いているのでしょうか??

ということで,すでにアイタタな右足ではありますが。
今年も無事,1年が過ごせますように。


■関連エントリ
調神社で前厄の厄払いをしてきました2012
家族で「十二日まち」へ2009
ムスコの七五三
夫婦で十二日まちへ(2007)
TIIDAの安全祈願(2006)

■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

調神社で後厄の厄払いをしてきました2014
Excerpt: 年が明けまして,私の本厄も明けたわけです。 が,厄年というのは続きます。考えられています。 前厄,本厄ときたら,その次は後厄となるわけです。 厄年早見表平成二十六年(2014年)厄年早見表 ※年..
Weblog: くうねるあそぶ
Tracked: 2014-01-21 03:19
recent article


Related Posts with Thumbnails