TOP NETスクラップ (デジタル) > 米アップルは日本での「iWatch」登録商標を特許庁に出願済み
2013年07月02日

米アップルは日本での「iWatch」登録商標を特許庁に出願済み

予てから開発がウワサされている「iWatch」。

この「iWatch」の商標を登録するために,米アップルは既に動いていました。
日本での登録商標は6月3日に出願され,特許庁より6月27日に公開されたとのこと。

アップルが日本で「iWatch」の商標出願−特許庁に - Bloomberg
【発行国】日本国特許庁(JP)
【公開日】平成25年6月27日(2013.6.27)
【公報種別】公開商標公報
【出願番号】商願2013−42097(T2013−42097)
【出願日】平成25年6月3日(2013.6.3)
【出願人】
【氏名又は名称】アップル インコーポレイテッド
【住所又は居所】アメリカ合衆国 95014 カリフォルニア州 クパチーノ インフィニット ループ 1
商標区分は「9(コンピュータほか)」と「14(測時器及び計時用具ほか)」で出願とのことで,まさに「時計型の新しいコンピュータ製品」なのでしょう。
無事に特許庁の審査がおりれば,iPhoneを「アイフォン」ではなく「アイフォーン」と呼ばなくてはならなかったような事態は防げるのでしょうかね。

ちなみにアメリカでの特許(商標ではなく)については,今年の2月21日に米特許商標局が公開していました。
「フレキシブルディスプレイ付きの双安定スプリング」という特許で,具体的なiWatchのコンセプトではありませんが,フレキシブル(柔軟)なタッチディスプレイ装置を備えた幅広のリストバンド,そんな感じでしょうか。


Apple patent filing points directly to 'iWatch' concept with flexible touchscreen display(AppleInsiderより)

果たしてどんな製品となるかはまだ分かりませんが・・・
少なくとも,第6世代のiPod nanoにバンドを付けて腕時計型にしたような「ダサい」デザインにはならなそうです(^^;

ただ,iPhoneやiPadなどと連携する情報を表示するとして,そこまで四六時中情報に包まれたいかというとそれも疑問。
まぁ私の想像なんかよりもはるかに超える体験を,アップルは用意してくれるに違いないでしょうけど!

Googleのメガネ型「グーグルグラス」にAppleの時計型「iWatch」。
2014年はウェアラブルコンピュータの年になるのでしょうか?!


■関連エントリ
「WWDC2013」の会場に「7」「X」バナーが!
「Remembering Steve」February 24,1955 - October 5,2011
iPhone 5のカメラに小さなゴミが→本体ごと無償交換でした

■スポンサード リンク


タグ:AppleWATCH apple
posted by マキパパ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails