TOP 家族のハナシ > 夏休みに名栗川「ゆのた」で川遊び!
2013年08月18日

夏休みに名栗川「ゆのた」で川遊び!

夏休みだった4連休。

初日から某所で飛ばしすぎて,残りの3日間は大人しくしようと思いましたが。
最終日となった8月16日の金曜日。
家族で出かけられるのって,もう今日しか無いんだ!と思いたち。(*1)
急遽,川遊びに行くことになりました。

最初は近場の涼しい所(=イオン)に行こうか,なんて話をしていましたが。
いやいやいや,せっかくなので夏休みらしいことをしようと。

川遊び=飛び込み可であり,日帰りで遊べる所。
お盆の時期ですから,もちろん混雑は仕方ないとして。
ぼんやりと秩父方面,巾着田とか考えていましたが・・・

その場でググる,ググる,ググる。
Google日本語入力だと「ググる」が一発で変換できるんだぜ。

「名栗川」というキーワードが出て来ました。
名栗川。なぐりがわ。別名「入間川」。
というよりは「入間川(清流 名栗川)」だそうです。

周辺をいくつか検索して,キャンプ場を探します。
急遽思い立ったので,バーベキューはしなくてOKです。
川遊びオンリー。

・当初想定していた巾着田からそれほど遠くない
・駐車場が大きい(満車で入れないと辛い)
・駐車料金だけで遊べる(利用料とか一切なし)

ということで,地元浦和から高速に乗って100分程,走る走るおれたち。
名栗川に到着しました!
選んだキャンプ場は,こちら。


名栗川 ゆのた

途中で買い出しのためにコンビニに寄った以外は,ノンストップ。
2時間もかからずに清流に辿り着けるのですねぇ。

といっても,予約なしでいったので・・・
現地に着いたら「満車」という看板に焦るのですが(^^;

そうなんです。

名栗川沿いの一本道を走って,看板が見えましたと。
駐車場,確かにいっぱいあるねと。

っておい,満車ですって?!


非情にも赤い満車の看板

が,よーく見ると。
満車の看板は駐車場の入口を塞いでいるのではなく。
どうやら,ちょっとずらして置いてあるのでした。
だって駐車場には空きがあるんだぜ?

紛らわしいのですが,次回遊びに来た時の学習ということで。
ちなみに到着したのは,13時半を少し過ぎたくらいでした。


おばちゃんに1,000円を払って駐車券をもらいます

そう,この1,000円だけ!
利用料とか一切かからないのですね。

もっともおばちゃんに「バーベキューはしない(よね)?」と最初から聞かれたので,レンタル(こちらは有料)とかはいっぱいだったのかもしれません。
川遊びだけが目的だったので,すぐに川原へと降りることにします。


名栗川「ゆのた」の川原

息子なぞ,飛び込みできるの?場所ないじゃん〜と。
いやいやいや。飛び込み岩があるのは調べ済みなのだよ息子君。

駐車場に併設された売店の並びを通り抜けて。
文字通り川原へと「降りる」のでした。


川原へと降りる階段

結構急な階段です。
途中からは手すりもロープもないので,ちょっと注意が必要。
しかも・・・


川を渡るための一本橋

階段を降りて,さらにこの一本橋を渡らないといけません。
幅は狭いので,子供同士でようやくすれ違えるかどうか。
大人ならば前方を確認して,渡り切るか待つかしないといけません。

まぁそこは皆さん大人ですからね。
自然と人の流れができています。
ゆずりあい埼玉。

川原は正直あまり広くありません。
先行組がテントを広げのBBQで,ほとんど場所はありませんでした。

が。私たちは,今日は川遊びオンリー。
座って休める程度の空きがあればいいんだぜ。
シートを広げ,荷物を置いて,息子と川に入ります。


水が気持ち良い!!

つ・め・た・い!!

今年の猛暑の中ではありますが,流石大自然です。
ヌルいかもなんて考えはヌルくて,実に冷たい水が流れていました。
といってもそう感じるのは最初だけで,直ぐに慣れるのですけどね。

ところで息子君。飛び込み無いじゃんとか言ってたよね?


通称「飛び込み岩」

沢山の子供たちが,すでに交互に飛び込んでおります。
中には大人もいまして,その大人ですら十分飛び込める深さがある模様。
猛者なんかは,空中で一回転しちゃってるのですが。。。
お姉ちゃん,激しく背中打っててそのビキニ取れちゃうアルヨ。


飛び込むべきか?やめるべきか。それが問題だ。

何気に大きな岩を前に,躊躇する息子(笑)
この写真だと岩が小さい感じがしますが,いやいやいや。
ざっくり4m以上はあるでしょうか。

結局,私と一緒に飛び込むことにしたのでした。
そうしないと,後ろがつっかえちゃうからねぇ。
手を繋いで,なかば引っ張るようにして飛び込みザブン!

一回飛び込んで,経験して分かって,次は一人で行くでしょ?
と思いきや,次もその次も一緒に飛び降りることになったのでした。
むしろチャンスとばかりに童心に帰る私(^^ゞ

飛び込みまくって,ちょっと下流へと泳いだりもして。
水の冷たさに息子がガタブルし始めた頃合いを見まして。
ここいらで休憩とシートに戻ります。

戻ってみれば,まだ1時間しか経っていない(!)

そのあともうひと泳ぎしましたが,気持ち怪しい雲行きと遠雷の音に,潮時ですなと引き上げたのでした。
次回は早めの到着で,しっかりBBQもしたいですなぁ! >にとはなく

早めと言えば,その帰り道。
ナビの情報で,もちろん高速は渋滞していると。お盆ですし。
ならばと高速を使わずに,具体的には16号をメインにテケテケ走っていたら。
帰りはなんと90分で着いたのでした。(*2)

名栗川周辺はこういったキャンプ場,日帰りBBQ場が多いので良いですね。
参考にしたサイトのリンク。

奥むさし 山と川の探索マップ 川を探索するトップページ

リーズナブルすぎて手軽に遊べた「ゆのた」。
夏の思い出,作れました!!! (*3)


*1 子供たちも大きくなったものです。
息子はサッカーの練習が無ければ基本フリー。今のところ。
ただ中学に入った娘は,部活部活部活,塾塾塾。
ほとんど夏休みの予定が埋まっている状態で・・・

*2 ただし自宅ではなくて帰り道途中にあり次の目的地でもあったイオン与野まで。

*3 自戒的にメモ。カミサンが撮影してくれた川遊びの写真を振り返って痛感したこと。
川遊びで速乾Tシャツの着用。タレ気味の胸を隠すためにも。腹じゃないよ?


■関連エントリ
「天空の城 ラピュタ」を観終わって小学4年の息子と語り合ったこと
父の日と誕生日2013
柱のキズで背比べ2013

■スポンサード リンク


タグ:家族
posted by マキパパ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails