TOP NETスクラップ (社会) > 「浦和うなこちゃん」の左手に故やなせたかし先生へ感謝の団扇が
2013年10月17日

「浦和うなこちゃん」の左手に故やなせたかし先生へ感謝の団扇が

浦和駅西口や,別所沼公園に「浦和うなこちゃん」の銅像があります。

江戸時代から続く「浦和のうなぎ」をPRするマスコットキャラです。
実は,さいたま観光大使でもあるんだぜ。

さいたま観光大使「浦和うなこちゃん」のお話 − さいたま観光コンベンションビューロー

このblogくうねるあそぶにも何度か登場しています。
雨降った日には見ちゃいけないよ,とか。

浦和駅西口にある「浦和うなこちゃん」の銅像。
彼女の左手には,いつも団扇(うちわ)が握られています。

浦和うなこちゃん
今日(10月17日)の浦和うなこちゃん

この「浦和うなこちゃん」の作者である,やなせたかしせんせい。
先日,10月13日に永眠されました。

朝日新聞デジタル:追悼 やなせたかしさん

代表作である「アンパンマン」は,1973年の絵本がはじまりです。
私もその後のアニメは見ていた記憶があります。
時は流れ,私の娘も,息子も。
いっぱい映画化されましたものねぇ。

親子でお世話になったアンパンマンです。
先生のご冥福をお祈りいたします。

そして,浦和うなこちゃんが「今」持っている団扇がこちら。

浦和うなこちゃん
やなせたかしさん ありがとうございました

うなこちゃんが泣いてます。でも,口元には感謝の笑みが。
作者であるやなせたかし先生への,感謝のうちわでした。

うなこちゃんが左手に持つ団扇は,日々変化しています。
今もっているこの団扇も,訃報を聞いて作られたのでしょう。

誰が作り,持たせているの?
Google先生に聞いてみると,リビング埼玉のサイトが見つかりました。

「うなこちゃんうちわ」の作者登場!2012年コレクション |リビング埼玉Web
誰が作っているのか、気になりませんか。
制作者は、元・浦和区長の平澤 憲さんをはじめ、さいたま市浦和区役所の総務課地域商工室の方々です。
元浦和区町でしたか(!)
直々にご自分でうなこちゃんに持たせているそうです。

せっかくですから,この団扇の裏はどうなっているのだろうかと。

浦和うなこちゃん
団扇の裏面

裏面も,同じデザインでした。
「さいたま観光大使 浦和うなこちゃん」という文字がなく。
「やなせたかしさん ありがとうございました」のフォントが表面と異なっていて,より手書きっぽくなっていますね。

とってもステキな団扇だな,と思います。

子供たちはもう,アンパンマンからは卒業してしまいましたが。
この団扇は,見せてあげたいなぁ。

合掌。


■関連エントリ
息子いわく「浦和うなこちゃん」はイチゴらしい
蒲焼の元祖「小島屋」でうな重をいただきました@浦和(うなぎ)

■スポンサード リンク


タグ:浦和
posted by マキパパ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (社会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails