TOP NETスクラップ (デジタル) > iPhone 5のスリープ/スリープ解除ボタン不具合で交換プログラムスタート。交換は5月2日から!
2014年04月26日

iPhone 5のスリープ/スリープ解除ボタン不具合で交換プログラムスタート。交換は5月2日から!

iPhoneのスリープボタンは,結構弱い箇所だなと思うのです。

iPhone 4の時は,このスリープボタンに泣かされましたなぁ。
「アクセシビリティ」のAssistiveTouchを表示させて,ロックしてましたっけ。
iPhone 5では,そんなのいやずら。

iPhone 5
iPhone 5のスリープボタン

でも一部のiPhone 5のスリープボタンで,ボタンが機能しなくなる問題があることが判明したとして,アップルが交換プログラムをスタートしました。
えっえっ?!

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム - Apple サポート
ごく一部の iPhone 5 モデルのスリープ/スリープ解除ボタンが機能しなくなる (または断続的にしか機能しなくなる) ことが判明いたしました。対象となるのは 2013 年 3 月以前に製造された iPhone 5 モデルです。
2012年9月にゲットしたので,思いっきり対象に入りそうな感じの私のiPhone 5。
心配です。

まぁ現状は普通に動作しているのですけどね・・・
あと,一番新しいiPhone 5sや5cも対象ではありません。

該当かどうかを調べるには


具体的にどうやって調べるのかは,上記リンク先からiPhoneのシリアル番号で検索。
対象かどうかが分かります。

iPhone 5のシリアル番号は,「設定」アプリから。
「一般」→「情報」と進み,一覧から「シリアル番号」を探します。

12桁の英数字なので,覚えるメモるのは大変。
なので,シリアル番号あたりをタップし続けます。
すると「コピー」という吹き出しがでますので,iPhoneに覚えさせることが可能です。

つまり,スリープボタン不具合の対象機かを調べるには,iPhoneで直接調べた方が楽です。

1) 「設定」アプリからシリアル番号をコピー
2) iPhoneのSafariから交換プログラムのリンク先を開く
3) シリアル番号をペーストして送信,チェック完了!

って感じで,メモることなく完了します。
ちなみの私のiPhone 5は・・・?

iphone5-sleepwakebutton
入力されたiPhone 5のシリアル番号は本プログラムの対象になりません

ホッ,良かった。大丈夫のようです。
これ以上対応することはありません,とのことで終了しました。

いや待て。

そういえば,今の私のiPhone 5。
カメラに小さなゴミが入って本体ごと交換した機体,でした。
2013年6月の事なので,その頃にリペアされたiPhone 5で新しかったのかも?


交換は5/2(金)からスタートだそうです。
2013年3月以前にiPhone 5を購入された方,チェックお忘れなく!


■関連エントリ
iPhone 5のカメラに小さなゴミが→本体ごと無償交換でした (2013.6)
「iPhone 5」開封の儀 (2012.9)


■スポンサード リンク


タグ:iPhone apple
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。