TOP NETスクラップ (デジタル) > Appleスペシャルイベント:新しいMacBookはMacBook Airではなかった
2015年03月10日

Appleスペシャルイベント:新しいMacBookはMacBook Airではなかった

昨晩開催されたAppleのスペシャルイベントで,印象に残ったのは新しいMacBookでした。
時計ではなく!


Apple - Live - March 2015 Special Event

最近のイベント中継は,AppleTV経由で見ています。
昨晩も,コタツに入ってくつろぎながら,コーヒー片手に見ていました。ラクチン。

この米Appleのサイトでは,ライブ中継のスクリーンショットが並んでいます。
こちらも中継に連動しながら,リアルタイムに更新されていました。
以前はどこか中継サイトはないか,画像が見られるところはないかとNETを彷徨ったものですが・・・

Apple公式で対応してくれた訳です。ありがたいことです。

Apple Watch高い!


イベントの順番とは異なりますが,Apple Watch。

こちらはもう事前にリークされた情報通りで,お値段もそのとおりでした。
買うならばスポーツエディション,しかもスペースグレイアルミニウムかな。

スポーツエディションで,サイズ38mmが42,800円。税込価格だと46,224円。
私の腕の大きさだと,きっとサイズ42mmの48,800円。税込価格で52,704円(!)


Apple - Apple Watch

お高いです。いや時計って高いものですし。スマートウォッチですし。
・・・いやいや,やっぱり高いでしょう(^^;

iPhoneとの連携が前提のスマートウォッチです。
普段使っているナイキのアプリ「Nike+Running」が最初から対応を表明してくれているので,気にはなります。
でも結局iPhoneも持って行かなくちゃならないんですよね。うーむ。
走りながらiPhoneを操作するよりは,はるかに状況を把握しやすいとは思うんですけど。

気になっていた耐水性能は,スポーツエディションではそこそこあることが分かりました
防水じゃないです。耐水です。
Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。
ランニングが終わったあとに,Apple Watchつけたままシャワー浴びちゃいけません。

そして気になるバッテリ持続時間。



通常の使用とやらで,18時間。
睡眠6時間とすると24時間で「All-day battery」というのもうなずけます。
が,毎日充電。。。

iPhoneの時も,携帯を毎日充電するなんて・・・という違和感がありましたが,すっかり慣れました。
時計を毎日充電することにも,いずれ慣れるのでしょうか。

時計というデザインのデバイスだけに,どうしても既存の時計と比較しちゃうんですね。
iPhoneと連携したアイデアのあるアプリや,使い方が出てくることに期待をしつつ。
初代Apple Watchは購入見送りかなぁ。

4月10日(金)より,アップルストア直営店での試着と予約が始まります。
ファッションと同じで,試着しちゃうと心が動くかもしれませんけど!(笑)

新しいMacBookはMacBook Airではなかった


記事タイトルを繰り返しちゃいました。
今回のスペシャルイベントで印象に残ったのはむしろこちらの方です。


Apple - MacBook

プレゼンを見ていて感じたこと。
新しい「ノートブック」を生み出すという,徹底したこだわりがビシビシ伝わりました。

新しく開発したバタフライメカニズムのキーボード。
その薄すぎる筐体のほとんどに詰められたバッテリー。
感圧という新しいセンサーが搭載されたトラックパッド。
12インチのRetinaディスプレイが搭載された,余分な部分がない美しいデザイン。
嗚呼,完全なる発明です。

これは買いですよね。これまでで最も軽くて最もコンパクトなMacBook。
920gって,1kg切ってるんですよ?そして1.3cmの薄さだなんて!
お値段だってそこそこじゃない?

・・・ちょっと待て。

頭脳であるCPUは,Intel Core M プロセッサだとぅ?!
処理に負荷がかかるRetinaディスプレイ,それに重いOS X Yosemiteを動かすのに十分なパワー?
一抹の不安感が出てきます。

この違和感て,2008年の初代MacBook Airが出てきた時と似たような感覚。
あの時も,CPU性能の微妙な低さと,それに対する価格設定(当時で22万以上!)のアンバランスさに,ふと冷静になったのでした。



今回の新しいMacBookは,CPUまわり以外はほぼ完璧。
価格帯だって,十分魅力的。なのに,なのに・・・!!

メインマシンとして,様々な処理をガシガシとするのではなく。
NETブラウズ,SNSの読み書き,ブログを買いたり,サブマシン的な使い方。
でもこれだと,iPad Airにキーボードをつけたマシンじゃない。言い過ぎ?

USB-Cが一つきりというのも賛否出ていますが,これだと現状ではiPhoneもそのまま接続する事が出来ません。
うーむ,そこもワイヤレスでやれと?!

まぁ私の中で期待していた,「MacBook Air Retina」じゃなかったということです。
様々なシチュエーションがあり,新しいMacBookが買い!という方も大勢いて当然だと思います。



スペシャルイベントと同時にオンラインのアップルストアでも公開されたわけですが・・・
現時点でまだ注文が出来る状況ではありません。
即ポチっと出来る環境じゃなくて,良かった?(^^;

同時発表の幾つかのマイナーバージョンアップしたMacBook ProやAirとの比較。
Macのモデルを比較する - Apple Store(日本)

やはり新しいキーボードの感じや,感圧トラックパッド操作感を試したり。
どれくらいサクサクと重いOS X Yosemiteが動くのか。
この先のOSバージョンアップに耐えうるのか。

毎年買い換えるもんじゃなし,これを買って,2年とかそれ以上戦えますかと。
実際に実機を見て触って持ち上げて,見極めてからでも遅くないかもなぁ。

いずれ出るであろう,USB-Cを搭載してより薄く軽くコンパクトになった「真の」MacBook Air Retinaを待ち続ける?
まぁこちらも実機の動作を見て,ポチるかもですけれども(笑)


以上,昨晩のスペシャルイベントの感想でした。


■関連エントリ
アップルが3月9日にスペシャルイベントを開催!「Spring forward.」2015
Macworld 2008:基調講演のまとめと「Air」考 (2008)
MacBook Air触りました!(Macworld 2008報告会) (2008)

■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 10:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
新型Macbookはセカンド機としての使用目的かなと思いますし、Appleらしいスマートな感じだと思いますね。USBだけというのは。9月の発表に期待というところですかね。
Watchは高い印象ですが、5万円台の時計として考えれば、安いのかもしれません。今後、価格が下がることを期待したいですね。

今期から、Macユーザーになったので、今まで以上にAppleの発表が楽しみになりました。
Posted by takamziu at 2015年03月14日 16:22
> takamizu さん

新型MacBookは,むしろ新規ユーザにはとても魅力的なんだろうなと思います。
NETの論壇を見ていても,あーだこーだ言っているのは私を含めて既存ユーザーな気が(^^;

地元友人ともこのMacBookについては語り合ったのですが,結局はどのように使いこなすかなんですよね。
SNSウォッチングマシンならばiPad,むしろ大型化したiPhone 6でも十分ですし・・・

Apple Watchは・・・時計という分野に対するアップルのブランド力にこれから期待でしょうか。
Posted by マキパパ at 2015年03月22日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails