TOP 時事 > 玉蔵院の枝垂れ桜も花満開2016(浦和)
2016年04月01日

玉蔵院の枝垂れ桜も花満開2016(浦和)

新年度スタートです。

その4/1にローテーションとはいえお休みの私。
子供たちと地元の桜を見に行こうと,お散歩へ。

もとい桜のお花見は口実?で,本当はiPhone SEを探していたのです。
iPhoneのSpecial Editionを。

この4月から高校に進学する娘に,とうとうiPhoneを与える時がきたのです。
これまでは地元中学に徒歩通学でしたが,これからは電車通学。
ずっとお下がりのiPhone 5をWiFiで活用してきましたが,もう限界ですよと。

結論としてAppleストアでシムフリー版iPhone SEとFREETELのSIMで運用が決まり。(*1)
と,iPhone SE探しは別の記事に書くとして・・・

それまでは「どごがにiPhoneSEいねがー?」「どごにもいねがー!」となまはげの如く吠えていた娘も,一転して「桜見に行こう(はぁと)」と表情が変わったのでした。ホッ

向かった先は,浦和ではおなじみの桜の名所。
玉蔵院の枝垂れ桜です。

玉蔵院枝垂れ桜2016
浦和玉蔵院の枝垂れ桜 by Canon EOS M2 EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

玉蔵院枝垂れ桜2016
もう新緑もちらほらと見えてきています

玉蔵院枝垂れ桜2016
枝垂れた中からパチリ

玉蔵院枝垂れ桜2016
古刹 玉蔵院

玉蔵院枝垂れ桜2016
たくさんの人が枝垂れ桜に魅入ってました

玉蔵院枝垂れ桜2016
昨年もいた猫ちゃんがいました!(ただし御守は付けてない)

時たま風が吹くと,桜の花びらがチラリホラリ。
なんとも風流な時間で,娘も(元から持ってる)iPhoneでカシャカシャ写真を撮っていました。

と,娘から気になる質問が。
「桜って,バラ?」

桜ってバラの仲間だったの?!


知る人ぞ知る今頃な気づきではありますが・・・

確かに枝垂れ桜にはこのような説明書きがあったのです。
てかずっとここにあったはず。今頃気づくなと(^^;

玉蔵院枝垂れ桜2016
シダレザクラ バラ科

・・・バラ科(!)

Wikipediaにだってちゃんと書いてあります。
サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。
バラだけじゃなくモモまで(!!)
さらにGoogle先生に聞いていくとイチゴやリンゴ,ナシなどなど。
身近な果物が,同じバラ科であることが分かりました。

バラとはいうものの,たくさんの種を含むのですね。
基本形は花弁(花びら)・がくは5枚、雄蕊は10本ないし多数あり、雌蕊は1本のものから多数分立するものまで多様。葉は単葉または複葉で根元に托葉がある。
ということだそうです。

現在知っているバラは,品種改良が進んだものであり。
基本となる原種の野ばらは,ソメイヨシノにも似た花弁が5枚の花だそうな。
なるほどね,兄弟。いや姉妹?

いやーiPhone探しの散歩のつもりが,ひとつ勉強になりました(笑)

桜を求めて,もうしばらく散歩を続けます。
勤務地でもあるし,上野の桜も見に行かなきゃだわ。

2016 Cherry blossom | Flickr - Photo Sharing!

※1 FREETELで良いかなと思った所に地元友人の援護?射撃が。また悩むのであります。





■関連エントリ
桜の開花宣言@東京2016
玉蔵院の枝垂れ桜も開花直前2015
桜の開花宣言と上野公園の夜桜2015
一足早く桜満開!スタバ上野恩賜公園店2015
ブラリと浦和の桜をお散歩撮影2014

■スポンサード リンク


タグ: 家族 浦和
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails