TOP 家族のハナシ > ムスコのおたふく風邪
2008年05月22日

ムスコのおたふく風邪

昨晩はとても大変な夜でした・・・

ムスコが流行性耳下腺炎,いわゆる「おたふく風邪」にかかりました。

・・・コトの起こりは,昨晩寝かしつけたあと。
カミサンと二人,コーヒーを飲みながら録りためたドラマを見ていたとき。
寝かしつけたはずのムスメが,2階から降りてきました。

「(弟が)泣いててうるさい!」と。

夜泣きなんて,ここしばらくなかったこと。
珍しいこともあるもんだとカミサンが様子を見にいき,ワタシはムスメを寝かしつけようと遅れて抱っこしたら・・・

カミサンの悲鳴?が。

「いたいの?いたいの?」
「だいじょうぶ!?」

ただ事ならぬ気配を感じて様子を見ると,確かにムスコが泣いている。
右ほほをパンパンに腫らして。

なぬ!?右ほほが(!)

ほんの4時間ほど前は,何事もなかったムスコ。
というか,オフロの時も食事の時も,まったく前兆はなかったといいます。

寝起きなので,とりあえず機嫌が悪く,ただほほが痛いと言っている。
そして熱がある様子はない。

最初は虫歯がひどくなった?
一緒に寝ていたムスメの寝返りで,空手キックがまともに入った?
なんて思いましたが(ナイナイ)

カミサンの「おたふくじゃない?」という言葉で,急遽病院にいくことに。

時間にして,深夜1時半過ぎです。
こんな時間にやっている病院は?と探したら,カミサンがすぐにどこぞのチラシを持ってきました。
さすが,頼りになります。

痛がるムスコをティーダに乗せて,向かった先は「大宮医師会市民病院」。
さいたま市の委託を受けた二次救急医療施設の『さいたま市小児救急医療センター』では,小児の二次救急患者を24時間体制で受入れております。
一次救急診療としては,小児科の救急患者の受け入れを24時間365日行っており,広く地域住民の皆様に利用されています。
24時間受付ということで,電話したら「すぐに来てください」と。
ホント,助かります。

病院に到着したのが,2時過ぎ。
24時間体制の小児救急病院というだけあって,5組ほど子連れファミリーが順番待ちをしていました。

受付時点で「おたふくの可能性」を伝えていましたので,待合場所も他の患者さんから離されて隔離状態です。

ということで,1時間ほど順番待ち。
ムスコも泣きながら眠ってしまい,カミサンもうつらうつらと。
そりゃ3時近いから眠いヨナー。
ワタシまで眠ってはいかんと,twitterでつぶやいていたり(^^;

ようやく呼ばれて,またグズるムスコを起こして,診察。
やはり「おたふく風邪」でした。
・耳の前にある唾を作る臓器に,おたふく風邪ムンプスウイルスが感染することによって発症する疾患
・感染した人の唾液感染(くしゃみなどの飛沫)もしくは接触でうつる
・潜伏期は約2週間,その後にほほが腫れる症状が出て発症
・大抵一方の唾液腺が腫れ,その数日後に片一方の唾液腺が腫れる
・発症する1週間くらい前からウイルス分離がされて,この時期に感染させる危険あり
・一度かかると終生免疫がつくので,再びかかることはない
潜伏期が2週間・・・幼稚園で,今おたふくは流行っていません。
2週間前はどこに行った?デパート??

とにかく,ムスコはどこぞでこのおたふくのウィルスに感染してたわけですね。
症状やら感染経路,発症についてなどをリアルに聞くと,可哀想です。

そして「薬はなし」。
つまり,腫れの症状が引いてなくなるのを,ただ待つだけとなります。
痛みが続いたら使ってと,座薬で痛み止めだけ出していただきました。

そして何よりも。
カミサンとワタシ,そしてムスメの全員が「おたふく未経験」。

ムスメはおたふく風邪の予防接種をしているそうですが,ふだん間近で遊んでいるので心配。
そして,大人の時期におたふく風邪にかかると合併症を起こして睾丸炎や卵巣炎になることも。

ただ,もうムスコからウィルスは飛散しているわけで,あとはなるようになるしかないねと帰りのクルマで話していたのでした。

自宅に帰ってきたのが,3時半過ぎ。
えぇすぐに仕事ですとも。

とにかく,なにか他の病気というか大事でなくて良かったです。
土曜日はムスメの小学校で運動会があるのですが,お留守番していようね。

・大宮医師会市民病院
さいたま市北区宮原町2-125-16
048-665-6511

大きな地図で見る




■スポンサード リンク


タグ:病気 家族
posted by マキパパ at 04:03 | Comment(4) | TrackBack(2) | 家族のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
ムスコさん、お大事にです。
おたふく、私は記憶にないのですがやったらしいです。
私の友人が20歳頃に発症してタマタマが腫れて大変だったそうです。
種切れの心配もあったそうですが、無事にパパになったので一安心でしたが。

まあ、お気をつけてください。
Posted by けんぽ at 2008年05月24日 09:18
>けんぽ さん

ありがとうございます。
ワタシの中では,おたふくを経験したような気がしたのですが・・・
母親から改めて知らされた,衝撃の?事実。

ムスコの右ほほの腫れもすっかり引きまして,心配していた左ほほの腫れは症状が出ませんでした。
明日の様子をみて,月曜には幼稚園復帰かなという感じです。

そうなんですよね,大人になってからのおたふく風邪。
おたふく風邪のウィルスは分泌腺組織に親和性があるらしく,特に組織が活発化している大人は要注意だとか。
ムスコから,カミサンとワタシが感染っていない事を祈りマス・・・
Posted by マキパパ at 2008年05月24日 22:35
大変な一夜でしたね(>_<)
その後仕事とは・・・お疲れ様でした。
でも、こういうときに24時間受け入れをしてくれる病院があると助かりますね(^^)
マキパパさんと奥様も感染していませんように。
むすこさんお大事に!!
Posted by なっち at 2008年05月25日 18:25
>なっち さん

ありがとうございます。
しかも仕事の後は,ブロガーが集まるイベントがあったりと結構ハードでした(^^;

いざというときに,すぐに24時間受付可能な病院が出てくるのはカミサン偉いなぁと。
備えあれば憂いなし,ですね。ホントに。

仮に感染していたとすれば,あと1週間ほどでおたふくになるかもしれません。
さて,結果は・・・!?
Posted by マキパパ at 2008年05月26日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【おたふく風邪】についてブログで検索すると…
Excerpt: おたふく風邪 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
Weblog: 病名・病気・医学のブログリンク集
Tracked: 2008-05-27 06:59

ムスコのおたふく風邪(再)
Excerpt: 昨日のハナシ。 朝起きたときに,なんとムスコが「おたふく風邪かも」(!) と,カミサンが言ってきました。 !? 一寸待て。 2年前,幼稚園年中のときにおたふく風邪にかかったよね? その時のエン..
Weblog: くうねるあそぶ
Tracked: 2010-05-19 01:48
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。