TOP NETスクラップ (デジタル) > Windows+Safariで複合的脅威が
2008年06月03日

Windows+Safariで複合的脅威が

Windowsでもスムーズに動くようになった,Apple製ブラウザのSafari

このWindows版Safariに,複合的なセキュリティ問題があることが,マイクロソフトより発表されています。

「Safari」Windows版の複合的脅威について、Microsoftが警告 (INTERNET Watch)
この脅威により,Windows Vista/XP上でSafariを使用すると,ユーザーの許可なしにファイルが自動的にダウンロードされ,保存されてしまう可能性がある。その上で, Windowsが実行可能ファイルを扱う方法の設定によっては,そのファイルが実行されてしまう可能性があるとしている。
回避するには,Safariを「使わない(!)」か,Safariでのダウンロードしたコンテンツの保存先を標準のデスクトップ「以外」にするなどがあるようです。

この問題,以前はアップル側は「セキュリティ問題としては扱わない」としたそうですが・・・

Appleは対処せず:Safariの「じゅうたん爆撃」問題、StopBadware.orgも対処を要求 (ITmedia News)

マイクロソフトが認めたことで,手を合わせて解決に乗り出してほしいものです。

まだ具体的な攻撃の事例は挙がっていないようですが,注意しておいた方がいいですね。

■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「Safari 3.1.2 for Windows」リリース
Excerpt: Apple謹製ブラウザ「Safari」のセキュリティアップデート版がリリースされています。 ただしWindows版のみ。バージョンは3.1.2となります。 ・Windows版「Safari 3.1...
Weblog: くうねるあそぶ
Tracked: 2008-06-21 01:00
recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。