TOP Gourmet > 「豊田屋」で夏に熱々の鍋祭り!裏メニューも@平井(大衆酒場)
2016年07月13日

「豊田屋」で夏に熱々の鍋祭り!裏メニューも@平井(大衆酒場)

ずっと行きたかった居酒屋があります。

そこのお店は居酒屋ながら,名物ともいえる鍋料理の数々がそれは見事なそうな。
ネットでも結構な写真が流れています。

そのお店は「豊田屋」。
総武線で秋葉原から約10分。亀戸の次の「平井」駅が最寄り駅です。
平井駅からは歩いて5分もかかりません。北口から出ると良いです。

平井 豊田屋
大衆酒場 豊田屋

豊田屋です。ついに伺うことができました!(涙)
行きたくて飲み友達のツテを頼り,豊田屋の近所に住んでいらっしゃる同級生のエージェントさんにブッキングを依頼。
とある飲み会で豊田屋の話になり,お願いしたのが5月ですから・・・2ヶ月待ちました。

ということで,ようやく店の前に立っています。
ありがとうございます!ありがとうございます!!

夏に鍋料理?良いんです。
ここ数日は真夏日が続いていますが,美味しさは正義。

平井 豊田屋
メニューの数々

店内は思ったほど広くはなく・・・そう,ここは「大衆居酒屋」なんです。
鍋料理の専門店ではありません。
他にも美味しそうな一品料理のメニューがいっぱいです!

席は一番奥にある小上がりに通していただきました。
ここはまさに「小上がり」ですね(笑)
4畳半ほどのスペースに小机が一つ,ポツンと置かれていました。
そこを6人で囲みます。

メニューが多すぎて何を頼もうか迷ってしまいます。
エージェントさんや経験者メンバーからのおすすめ料理を中心にオーダーです。

名物の鍋料理には注意点が・・・(まもなく終了!)


ちなみに。
名物の鍋料理には2パターンあるとのこと。

上の写真,黄色い札がかかっているのがテーブルで調理する鍋。
今日のメニューでいうところの「とん鍋」「とんちり」「牛鍋」「ねぎま鍋」「カモ鍋」「アンキモ鍋」がそうです。季節が季節なら「牡蠣鍋」や「白子鍋」なんかもあるのでしょうね。

一方で,黒い札の鍋は厨房で調理されて運ばれてきます。
今日のメニューでは「穴子鍋」「ニラ玉鍋」「どじょう鍋」となります。

そして・・・この黄色のメニューは,なんと7/16(土)で一旦終了とのこと(!)
テーブルでグツグツ煮るためのコンロを,もう片付けてしまうのだとか。
なので夏の間も黒札メニューの鍋料理は食べられますが,目の前でグツグツ調理する感は楽しめません。

秋の鍋スタートは9/16(金)だそうですので,それまでを待ちましょう。。。
牡蠣鍋や白子鍋も楽しみたいっ(^ ^)

一品料理がそれぞれ美味しい流石の大衆居酒屋!


さぁ乾杯。そして一品料理の数々を楽しみましょう!!

平井 豊田屋
関アジサシ。プリップリのお刺身。850円

平井 豊田屋
アナゴ天ぷら。アツアツホクホクで白身美味しい。500円

平井 豊田屋
レバ焼き。タレの味がしっかりと。2本で200円

平井 豊田屋
ギョーザ。これで2皿分です。ビールに合う!大きめ!これは鉄板ですね。480円

平井 豊田屋
ウインナ玉子焼き。玉子の下は刻みキャベツでした。650円

平井 豊田屋
ホヤ貝。まだ塩をピュッと吹く新鮮ホヤを刺身に。生臭くなくて潮の味!これもオススメ。580円

平井 豊田屋
カモ串焼。こちらは塩味で。カモの焼鳥って初めてカモ。2本で400円

平井 豊田屋
ハムステーキ。肉厚です。オロシの入ったオリジナルソースをかけて。530円

一品一品が美味しくて,そしてメンバーの半数が初めてということもあって,色々と頼んでしまいました。
ふぅ。お腹いっぱいです。

・・・なんてことはアリマセン。お鍋は別腹。
そう,鍋料理はこれからです。これからなのです!

見よ!この鍋料理の数々!!


ではここからは,鍋料理をオーダーしていきます。
やはり黄色い札の,テーブルで調理できる鍋からですね。

平井 豊田屋
ねぎま鍋 1,000円

いきなり出た!お肉てんこ盛り!!
でもお肉のようでこれマグロなんだぜ?魚なのに肉々しいだなんて。
グツグツ。煮込むと・・・

平井 豊田屋
ねぎま鍋アツアツ!

だし汁が濃すぎず薄すぎず美味しいんだよなぁ。
熱をいれてもまだ柔らかいマグロのお肉。いやーこれはクセになります。

平井 豊田屋
どじょう鍋。1人前750円

こちらは1人前のこぶりな鍋で出てきました。
黒い札のメニューですから,最初から調理されて運ばれてきます。

平井 豊田屋
どじょうって久しぶりに食べました。小骨も多いですがネギもいっぱいで美味しかったです。

平井 豊田屋
アンキモ鍋。1人前2,000円

さぁ来ましたよ来ましたアンキモ鍋!来たよアンキモ!!
てんこ盛りのアンキモが煮えていく様子は言葉で表せません。
動画でいっちゃいます。

平井 豊田屋
ぐつぐつぐつー(音量注意)

お代わりしたい。。。でも他の鍋も食べたい。。。

平井 豊田屋
カモ鍋。1人前1,450円

さぁまたお肉が来ましたよ!カモです。カモの肉。
エージェントさんによると,このカモ鍋をしてからの〆できしめんが良いそうな。

これ試験に出ますからね!!

・・・えっ待って? さらにエージェントさんからのおすすめで。
鍋にとんかつを。とんかつを入れてしまうの?!

平井 豊田屋
とんかつ。衣がカリッカリで肉厚でソースが良く合います。美味し!900円

とんかつはみんな気になっていたのです。
単品で頼むのとお鍋に入れるのとで2皿いきました(^ ^)
みんな大好きだー!!

単品のカリカリとんかつを堪能した後に・・・みんな白米欲しいと(笑)
でも続いてとんかつを鍋に投入します。
しばらくしてお店の人の指示でトキ玉子を投入します。

嗚呼!こんなに食べたのにまだ胃袋がとんかつを欲しているよ!!
そんな気分になった様子を,こちらも動画で。

平井 豊田屋
あーーーむゎーーーー(音量注意)

ここでグルグルと回してしまってはイケマセン。
煮こむのです。カリッカリの衣と豚肉を煮こむのです!

平井 豊田屋
できました。メニューにはありませんが,かつとじ鍋とでも言いましょうか。

カリカリの衣も多少は柔らかくなっていますが,それでもイケます。
もう別料理です。ご飯・・・(まだ言う)

平井 豊田屋の予約の方法は?


料理と鍋ばかり楽しんできましたが,ここは大衆居酒屋。
お酒だって楽しみました。

平井 豊田屋
スクイーズ。グレープフルーツ果汁の焼酎割りです。450円

このスクイーズ,手動のプレスを使って半分に割ったグレープフルーツをギュギュっと絞るのです。
小上がりの座席から絞る様子がしっかりと確認できました。
ビールやらハイボールの合間の骨休め?にオススメです。気に入りました!

あとお店の看板にも大きくでていた「浅草無双」という日本酒もオススメです。
一口いただきましたが,すっきり飲みやすく。なにより1杯250円で安い(笑)

ということで,最後に〆できしめんを投入です。

平井 豊田屋
だし汁を追加して,ネギとカモ肉の油をどぼーん

カモ鍋をしてそこにとんかつを投入しましたからね。だし汁もだいぶ少なくなり。
まずは下ごしらえです。

平井 豊田屋
きしめんどーん!3人前です(3玉)

これだけの量を食べてきて,まだきしめんをいってしまうのです。
いけるの?いけます。はやく食べたい(笑)

平井 豊田屋
きしめんを投入!すぐにこのようにほぐれていきます

平井 豊田屋
きしめんリフトアップ!(笑)

ちゃんと煮こむので,白かったきしめんがほらこのように。
ダシ汁の味がじっくりとしみこんでいて,嗚呼美味しい。

まん・・・ぞく・・・っ!!

初めての豊田屋は,こうして幕を閉じたのでした。
いきなりの小上がりからの裏メニューまで。ぜいたくなスタートだったかも。


さっそく次回を予約と思いましたが,黄色い札の方のお鍋がしばらく終了なんですよね・・・
せっかくなので,次回は冬ならではの牡蠣鍋や白子もいただきたいですし。

今回みたいにお店で予約するもよし,電話で予約するも良し。
電話の場合は,2ヶ月前の20日頃から受け付けるそうです。
仮に今(7月)電話すると,9月の予約になるわけです。
そして常連度?が高まっていくと,その先のスケジュールも・・・ごにょごにょ

カウンター席もありますし,1人でも楽しめます。その方がお店にも入りやすいかも。
1人の場合でも,お鍋は1人分で出てくるそうです。
でも色んな種類を食べたいので,やはりある程度人数揃ったほうが良いかなぁ。

冬は激戦なのが分かりました。
大衆酒場なので地元の方で賑わうばかりか,ネットなどで広まって私のように遠方からも。
間違いなく,再訪します。

ごちそうさま!!!

平井 豊田屋


関連ランキング:居酒屋 | 平井駅東あずま駅亀戸水神駅



■関連エントリ
「豚組しゃぶ庵」で夏のビアホール!時間無制限でしゃぶギョプサル食べ放題2016@六本木(豚しゃぶ)
「串三昧」でアツアツ串揚げ食べ放題!@茨城県神栖市(とんかつ・串揚げ)
「埼玉屋」の新鮮ホルモンにノックアウト@東十条(やきとん)
「どうどう」で刺身を堪能!@浦和(海鮮居酒屋)
「丸鶏もと家 上野店」でタッカンマリ鍋と博多んもん天ぷらを楽しむ!@上野(韓国料理・天ぷら)

■スポンサード リンク


posted by マキパパ at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
recent article


Related Posts with Thumbnails