2008年10月03日

再びアップルのウェブサイト「Macをはじめた人たちの声」に!

以前参加していた,StartMac 体験モニターがご縁となり。
アップルのWebサイトに掲載していただいたことがあります。

アップル−Macをはじめた人たちの声− Mac導入編2

そして今日,アップルのホットニュースで流れていましたが・・・
なんと,再びコンテンツに登場させていただきました(!)

Macをはじめた人たちの声:Macの信頼性と安定性StartMac1.png

このリンク先は,まさにWindowsからMacに「Switch」した方々の体験談ばかり。
Macを始めた/始めようとする方が持つであろう疑問を,FAQ形式にしたコンテンツですね。

ワタシもこの体験モニターでSwitchしたわけですが,その際に利用したOne to Oneパーソナルトレーニングについてのインタビューを,再掲していただいたようです。

掲載されているFAQは・・・ (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

もうひとつのStartMac:両親のiPhotoフォトアルバム作り

両親が夏に海外旅行に行ってきた時のフォトアルバムを,iMacのiPhoto '08で作り始めました。

iPhoto’08の新しいカレンダーとフォトブック

以前,iPhotoでムスメの卒園フォトアルバムを作成したことがあるワタシ。
iPhotoに取り込んだ写真を,簡単にフォトブックにすることができるわけですが・・・

その時に完成したフォトブックを見た両親が,「いつかは自分達も作りたいね」と言っていたのを思い出します。
ついに実行に移すということで,操作方法を教えてあげたのでした。

iMacでiPhoto
初めて触るiMac

自室のiMacをリビングに持ち込み,起動。
写真の取り込みまではワタシの作業です。
とにかく,難しい操作は一切なしで。

フォトブックを作るに当たっては,その沢山撮影された写真の山から,お気に入りショットを絞り込むことから始まります。
両親に分かりやすいように,スマートフォルダで「★」「★★」というフォルダを作成しました。

iPhoto★フォルダ
絞り込み用のスマートフォルダを作成

どう使うかというと・・・
旅行中の写真で,とりあえず気に入った写真全てに「★」のレートをつけてもらいます。
「★」のフォルダを後でクリックすれば,スマートフォルダの自動機能で絞り込まれた写真だけが表示されるわけです。

続いて,この「★」のフォルダの中からフォトブックの想定枚数に収まるよう,今度は「★★」のレートを写真につけて,最終的な枚数を調整します。
最後に「★★」フォルダの写真を元に,フォトブックのレイアウトに当てはめていけばいいわけです。

iPhotoでフォトブック2
写真を拡大しては見入っている父親

自分達の写真をiMacの画面で見るのは,初めての両親。
iPhoto上のサムネイルも,大きさは自由に変えられるという事を見せてあげたら大層驚いていましたね(^^ゞ

とりあえず,マウスで写真に「★」レートをつけ始めました。
うん,マウス操作はすぐに慣れたようです(笑)

時にはダブルクリックして写真を拡大しては,なにやら旅行中のエピソードなどを語り合っています。
いい感じ・・・ですが,これではしばらく数日は終わりそうにありませんね(^^;

ならばと,スイッチ入れた後の操作(ログインからiPhoto起動まで)と,iMacのシャットダウンの方法を教えてあげて。

気長に待つことにしますか・・・


■関連エントリ
[Start Mac #12] ムスメとiMac
[Start Mac #13] iPhotoでムスメの卒園アルバムを
[Start Mac #15] iPhotoのフォトアルバム届きました!
iLife'08とiWork'08が届きました


Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:12 | Comment(8) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

アップルストア銀座でファミリーフォトコンテストに参加してきました

アップルストアでは,ゴールデンウィーク中にいろいろとイベントが開催されています。

その中のひとつ「ファミリーフォトコンテスト」に参加してきました。
そういえば,昨年も同じ時期に「Movieコンテスト」に参加してましたっけ(^^ゞ

ゴールデンウィークファミリーフォトコンテスト
家族をテーマにした写真の出来映えを競い合う,ファミリーフォトコンテストです。 自慢の写真を披露するチャンス。ぜひご参加ください。
ということで,アップルストア銀座の3Fシアターへ。

ファミリーフォトコンテスト

今回のコンテスト参加者は13名。
各参加者が持ち寄った10枚の写真データを,iPhotoのスライドショーで順番に見るというパターンです。

参加者のほかに当日立ち寄った一般の観客もいて,全員で気に入った作品を3つ選ぶ,投票方式です。

ちなみに賞品は次の通り。

1位:iPod nano 8G(Apple Store限定色Red)
2位:one to oneカード(!)
3位:iTunesカード 1曲分

しかもこの3位の賞品,なんと投票した観客の皆さんにも一様に配られるそうで。
・・・ラッキーですねぇ。

皆さん,「ファミリー」をテーマに思い思いの写真を持ち寄ってます。

お子さんの出産から成長まで。
愛犬という家族の日常。
家族との思い出の写真。

ワタシも,3月末に行った山中湖の家族旅行の写真から厳選10枚を持って臨みました。

が・・・

あえなく入賞ならず。
iTunesカードを貰ってきました(^^;

Golden week iTunes Card
ゴールデンウィークのアップルストア限定デザイン

このカードでiTunes Storeにて1曲分のダウンロードができます。
ありがとうございます。

そして,例の「あなたの街のiPodを見つけよう」のiPod map用に写真もパチリ(^^ゞ

iPod touch @Apple Store Ginza
iPod touch @Apple Store Ginza

昨年同様に結果は残念でしたが,参加することに意義があるのです。
意義があると思いたいっ(笑)

来年も開催があれば,また参加したいと思います。

■関連エントリ
iLife'06 Movieコンテストに参加してきました
アップルのProCareと「one to one」
両親の結婚40周年お祝い旅行でした
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

アップル本社で「Aperture 2」説明会

今日は仕事帰りに,初台にあるアップル本社へ。

Start Mac体験モニターがご縁で,アップルの写真編集・管理ソフトである「Aperture 2」説明会開催のお誘いがあり,参加してきました。

Apertuer2説明会
久しぶりのアップル本社です

いつも使っているiPhotoも十分使い勝手が良く,これナシにデジカメ写真の管理なんて!というほど愛用しているのですが,なにぶん画像の編集に関してはちと弱い。

まぁ編集ができるほどに,良い写真も撮れなければ,レタッチの知識もないのですが(^^;
同じアップル製品ですし,参加させていただきました。

最初はタイミング良く発表になった,新しいiMacのプレゼンが入ります(笑)
Core2Duo搭載のマシンで13万円台というのは安いんですよ,というのが印象的でした。

New iMac (Early 2008)
新しいiMac(といっても見かけでは分かりませんが(^^;)とAperture 2

そして本題の「Aperture 2」について,プロダクトマーケティングの吉原氏による説明が始まります。

まず説明してもらったのが,
Aperture(アパーチャー)というソフトウェアは;写真の取り込み,管理,編集,そして出力までをシンプルな統合されたワークフローで実現する革新的なオールインワン・ポストプロダクションツール
ということ。
初期の「1.0」はそれこそプロフェッショナル用途でお値段も52,000円もしましたが,その後改良が進み,今の「2」ではプロ用途でありながらハイアマチュアな方でも容易に使える使いやすさ,そして画質にもこだわっている形になったそうです。

Apertuer2
Aperture 2

実際にデモでは,iPhotoに負けず劣らず,サクサクとたくさんの写真がプレビューされていく様子が分かりました。
(ちなみにデモ機はMacBook Pro17インチでした)

どうもプロ用ソフトなので,重苦しいイメージを(勝手に)描いていたのですが,どうやら改めねばならないようです。
RAWデータを処理するエンジンが2.0となり,さらに磨きがかかっているとか。

RAWとは「ロー」と読みます(詳しくはWikipediaあたり)。
完成状態にされていない,未現像の画像データのことですね。

普段使用しているデジカメのJPG画像は,実は写真を撮影した際にデジカメ内部ですでに「現像(デモザイク)」が終わっています。
しかし,デジタル一眼レフのような上級機を中心に,デモザイク「前」の生データをそのまま保存する機能があります。

この生データがRAWであり,現像するソフトがApertureという事ですね。
(現像ソフトは他にもたくさんあります)

Apertuer2ショートカット
ショートカットのキーカスタマイズが半端ない(笑)

説明会は実質1時間半という短い時間だったため,この高機能なソフトの全てはとても語りつくせず。
主に,画像の読み込みから管理方法,そしてレタッチを中心とした説明などなど。

中でも,Apertureの虫眼鏡なルーペ拡大機能は,便利だなと思いました。
iPhotoでは写真画像全てを大きくしていく感じで,場合によっては重い処理になるので・・・

また,メタデータによるコピーライト(写真の版権)付けや,緯度経度と連動したGoogle Mapへの撮影場所表示機能などなど,正直そこまで使いこなせないよという高機能さです。

まぁワタシとしては,まずはRAWデータを作れるデジカメがないといけないなぁと(^^;
当面はJPGばかり扱うので,やはりiPhotoになってしまいますね。

でもApertureも,いずれは使ってみたいソフトだなと思いました。
その高機能な数々のツールを使いこなせれば,また写真ライフも楽しいだろうなぁと。

アップルストア銀座での無料ワークショップに,機会があれば参加してみることにします。


<5/1追記>
実は説明会の終了間際に,スタッフの方からサプライズな告知があったのでした。
日本のiPodをお使いの方々をオンラインで繋げる面白い仕組みを近日中に公開予定
とのことです(!)
発表までオフレコなのかな,と思いましたが・・・

参加されたStart Mac体験モニター同期の皆さん,結構書かれてましたので,ワタシも追記しちゃいます。
確かに,「詳細は述べられませんが」という断りはありましたが,「blogにしないで」とは仰ってませんでしたから(^^ゞ

Aperture 2,説明会 (MacBSの日常生活日記)
Aperture2説明会 (伊藤浩一のW-ZERO3応援団)
Aperture 2 説明会 (Digital Life Innovator)
Aperture2セミナーとiPodに関するOne more thing ([mi]みたいもん!)
Aperture 2 説明会に行ってきました。 (朝之丞のTry and Tested)

正直,どんなサービス化は皆目見当がつかないのですが(^^;とても気になります。
メールで連絡をくれるとのことでしたので,こちらも楽しみにしたいと思います。


<5/2追記>
説明会から2日,アップルのプロダクトマーケティングチームから早速この「新しい仕組み」の連絡がありました。(早っ(笑))
詳細は,こちらのエントリで!。


■関連エントリ
「iMac」アップデート!
MacBook Air触りました!(Macworld 2008報告会)
アップル本社のMac OS X Leopard説明会に行ってきました


Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

アップルストア銀座でジュニア向けフォトワークショップ!

アップルストア銀座で開催された「ジュニア向けワークショップ」に,ムスメと参加してきました。

ジュニア向けフォトワークショップ
参加したのはフォトワークショップです
SNAP:フォトワークショップ
デジカメは,撮るだけではもったいない。iPhotoを使った編集やプリント,さらにウェブで共有したり,フォトアルバムやスライドショーを作ったり。さまざまな楽しみ方をお教えします。ワークショップ終了後は,完成したDVDと次の作品づくりに活かせるマスターブックをお持ち帰りいただけます。
ムスメがアップルストア銀座に行くのは,実は2回目。
昨年の5月,アップルからのインタビューを受ける際に,家族で行ってたりします(^^ゞ

one to one でプライベートレッスン,そして・・・

なんと,ムスメもアップルストア銀座の様子を覚えていたようで,「ここ来た事ある!」と。
よく覚えていたなぁ〜(!)

ストア入り口近くに置かれているMacBook Airの人だかりを横目に,5Fのセミナールームへと上がります。

5Fスタジオシリーズ
懐かしのセミナールーム

StartMac体験モニター
でいただいた「ProCare(今ではone to oneにサービス名称が変わっています)」カードの有効期限が切れてからの,実に久しぶりのセミナールームです。

参加メンバーは,ムスメを入れて7人。
男の子が4人に,女の子が3人,そして付き添いのパパさんたちという構成です。
・・・ママさんはいないのね(^^;

ウチのiMacはほとんど触ったことがないムスメ,キーボードは打てません。
マウスの操作は若干ながら可能。
緊張しながら,ワークショップ開始です。

フォトワークショップですが,要はiPhoto入門のスタジオクラスということですね。
大まかな流れですが;
・デジカメでアップルストア銀座内の写真を撮る
・MacBook Proとデジカメをつなぐ
・iPhotoに写真を取り込む
・Photo Boothで面白い顔の写真を撮る
・その写真もiPhotoに取り込む
・イベントの説明と合体方法
・写真の(簡単な)編集方法
・スライドショーのやり方
・ディスクに焼く(お持ち帰り)
という感じ。
あくまで子供たちに分かる言葉で,ゆっくりとしたペースで進んでいきます。

ムスメとデジカメ
デジカメで撮影するのは初めての経験

MacBook Proでマウス操作
MacBook Proの操作もひとりで!

ムスメも自分ひとりでのMac操作は初めてながら,途中でファイル名など文字を入力する時以外はちゃんとマウスで操作していました。

Shiftキーを押しながら,マウスでアイコンの全選択をしたり。
写真の編集のときに,この方が良い!と仕上がりにこだわってみたり。
なかなかどうして,結構楽しんでいる様子(笑)

こだわりのiPhoto編集
ムスメがこだわった「セピア」+「ビネット」の編集結果(^^ゞ

先生から「(リンゴマーク)」の出し方を教わりましたが(「Option」+「Shift」+「K」ですね)気に入ったらしくて,何度も繰り返していました。

Photo Boothは面白い!
やはりPhoto Boothは面白いですね(笑)

Photo Boothでの「変顔」写真は,やはり面白かった様子。
ウチのiMacでも,友人や従姉弟と遊んだことがありますが,やはりこういう「変な」コトって,子供たちはすぐに食いつきますね(笑)

あっという間の1時間30分でしたが,ムスメも楽しんでくれたようです。
まぁ,いわれたとおりの操作をしただけなので,ウチに帰って反復練習しないと忘れてしまいそうですが(^^;

そうそう,実際に参加して気づいたのですが,1時間30分という時間なので何か飲み物を準備していった方が良いですね。
もちろん,ペットボトルなどフタ付きのものです。次回は忘れずに・・・

フォトハンドブック
おみやげのフォトハンドブック

このジュニア向けワークショップは,他に音楽や映像作成もあったりします。
常に開催しているわけではなく,ウェブサイトでひっそり?告知されているので,機会をみてまた申し込んでみようと思います。
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

MacBook Air触りました!(Macworld 2008報告会)

初台にあるアップルジャパン本社にて,先日お呼びいただいた「Macworld 2008報告会」に参加してきました。

ワタシ達Start Mac体験モニターのメンバーの他,その友人達(ゲスト)という事で会場は100名近くの混雑ぶり。
やはり注目は,MacBook Airですね(^。^)

入口案内

今日の報告内容は,Macworld 2008で発表された製品のうち,次の3つの製品についてのプレゼンでした。

1) MacBook Air

・世界で最も薄く「フルスペック」なノートブック
・他社が小型化で犠牲にする,液晶の大きさやフルスペックサイズのキーボードにあえてこだわった
・パッケージも従来のノート製品に比べて非常にコンパクト
・リモートDisc(Wi-Fiを使用した無線ネットワークドライブ)のデモ
・リモートDisc機能は,MacBook Air同梱のDVDからインストールすることでWindows PCでも利用可能

やはり一番最初は,このMacBook Airでした!
プレゼンで,「フルスペック」という言葉にこだわっていたのが印象的。

持ち運ぶノートで妥協される,液晶の大きさやキーボードの大きさにこだわったフルスペックの大きさで,かつ薄くて軽いマシンという紹介でしたね。納得です。

MacBook Air
例の「封筒パフォーマンス」ですが,中にはさらに封筒が!

MacBook Air
その封筒の中にMacBook Airは入っていたのでした(笑)

MacBookのラインナップは,

・MacBook Pro ・・・ より高いパフォーマンス
・MacBook Air ・・・ 高いポータビリティ
・MacBook ・・・ よりおもとめ安い価格

というカテゴリに分類されるそうです。

2) Time Capsule

Mac OS X Leopardで搭載されたTime Machineの利便性
・複数のMacやMacBookから,ワイヤレスでTime Machineが可能

アップルのスタッフの方に聞きましたが,やはりこのTime CapsuleはTime Machine専用ということ。
NAS的な使い方は,本来用途として想定されていないそうです。
「設定を変えれば・・・」的に語尾を濁していらっしゃいましたが(^^;

Time Capsule
Time Capsule,結構重量感があります

3) iPod touch Upgrade

・WebClipsでウェブサイトをホーム画面に登録できる
・Mailに添付されたPDFやワード,エクセルのファイルも閲覧可能
・ホーム画面は最大9ページまで使用が可能

先日すでにSoftware Upgradeしたのですが,あらためて説明を聞くとなるほどと思うことも。
iPod touchの可能性は,ますます広がりますね。

Apple 32F Wireless
会場となった東京オペラシティ32Fセミナールームにはこんな電波がw

という形でおおむね20分程度でしたか,プレゼンは終了しました。
日本で(当面は)展開予定の無いiTunes Movie Rentalsと,それに伴いアップグレードされるApple TVについては,省略されたようです。

また,今までStart Mac体験モニターメンバーを中心に案内を送っていたのを,今後はゲストのメンバーにも連絡をしたいとの事で,希望者は登録をお願いしますとのアナウンスもありました。
あちこちでガッツポーズしている姿が見られたのが,印象的(^。^)

ここで5分ほど休憩をはさみ,いよいよ実機にじっくりと触れる時間がきます!
セミナー会場後方に,展示スペースがあり,そこには箱に梱包された状態のMacBook Airが4台,Time Capsule,Upgrade済みのiPod touchが置かれていました。

ワタシも写真撮りまくりでしたので,一部をご紹介。
ほとんどの写真をFlickrにアップしていますので,ご興味がある方はぜひぜひ。
Macworld2008 meeting JAN19/2008
(一部,Flickrアカウントで閲覧許可をfriend設定のみとしている写真もあります)

MacBook Air
ついにMacBook Airとご対面!
右のMagSafe電源アダプタやMacBook Air SuperDriveの小ささにも注目

MacBook Airの箱
初公開?となるMacBook Airの箱。小さいです。

この箱ですが,大きさの割りに実は結構「重い」んです。
付属品を入れたとしても,こんなに重くなる?という感じ。

スタッフの方は「緩衝剤がしっかり入っていますので」という説明でしたが・・・
重い箱を開けて取り出したMacBook Airが見事に軽いという,あえての演出かなとも思ってみたり。

MacBook Air
銀色のコーティングがカッコイイです >MacBook Air

MacBook Air
「薄い!」「軽い!! 」という声があちらこちらで

Air in EXPACK500
封筒パフォーマンス,ここに極まる!

モニターメンバーのしゅん爺さんが用意してきた,EXPACK500の封筒。
MacBook Airは,ここにも見事に入りました!
・・・良い子のみんなは真似して郵送しないでください(笑)

MacBook Air
MacBook Airがワタシの手の上に!

基調講演後は,MacBook Airについてはいろいろと思うところもありましたが・・・
いざ,実際に手にとってみると一気に魅力が出てきちゃいました(^^ゞ
薄いんですけど,結構剛性もあって,しっかりとしたつくりになっています。
部屋が広いせいか,大きさもあまり気になりませんでしたし・・・

か〜な〜り,気持ちはグラついております(^^;(^^;(^^;

MacBook Airを触るのと,写真を撮るのが精一杯で,動画を録るのを忘れました。
MacBook Airに搭載されているマルチタッチによるジェスチャーなど,これは写真よりも動画の方が,百見は一動にしかず(←?)。

ということで,モニターメンバーのWADA-blogのわださんが,見事な動画記事をエントリされてましたので,思わずリンク。

Macworld2008報告会≪動画編≫ (WADA-blog)

わださん,流石です!(飲みにいけなくて残念でした・・・)

報告会後は,モニターメンバーとオペラシティの地下にあるHUBにてお茶しました。
iPod nanoなの。のしゅん爺さん
はるちー備忘録blogのはるちーさん
tenginのサンラブさん
朝之丞のTry and Testedの朝之丞さん
Mac OS X Trend InformationsのFlipperさん

Flipperさんは,あのMac OS X News & Topicsも運営されていらっしゃいます。お目にかかれて光栄です!!
ビギナーB子のMac女王への道のbakabrosさんご夫妻&お子さんのつんちゃんにも会うことができました。
先日のLeopardの発表会では大きなお腹だったのに・・・感動です。
つんちゃん,抱っこもさせていただきました!)

報告会の最後で,Start Mac体験モニター2期のメンバーによる「写真部」の紹介があったのですが,スタバ好き,カフェ好きのメンバーが揃って「マックカフェ」同好会?を発足させましょうとw
こういった繋がりも,また楽しいことです(^。^)

iPod touch & iPhone
Software Upgrade済みのワタシのiPod touchとしゅん爺さんのiPhone

Mac談義にblog四方山話と,大いに楽しみました。
ありがとうございます!!


Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:39 | Comment(16) | TrackBack(8) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

iPod touch January Software Upgradeを購入

昨日のMacworld 2008の基調講演で発表された,iPod touch用の5つのアプリケーション。


アプリケーションの詳細はウェブサイトにて

やはり「有償」というところに引っかかりますが・・・
ちょっと寂しいiPod touchのホーム画面を見てしまうと,ねぇ(^^;

という事で,早速,ワタシのiPod touchにも導入してみました。
iTunes&iPod環境はすべてiMacに移行しましたので,Mac OS X上での作業となります。

iTunes経由でSoftware Upgradeを購入するのですが,動画レンタルに対応した最新のiTunes 7.6が必要とのこと。
まずはMac OS Xのソフトウェアアップグレードを利用して,iTunesやQuicktimeのアップデートを行います。

アップデート後のiTunesにiPod touchを接続すると,今度はiPod touchのファームウェアアップグレードになりました。

iPod touch Upgrade
iPod touch ファームウェア1.1.3

ファームウェアの更新も無事済ませた上で,あらためてiTunesにiPod touchを接続します。
するとiTunes Storeに接続し,次の画面が出てきます。

touch1
1月のソフトウェア・アップグレード

「1月の」と入れているあたり,「2月の」「3月の」・・・と,今後も出てくるんですかねぇ?

touch2
5つのアプリケーションの説明

ソフトウェア・アップグレードのボタンをクリックすると,注意事項が表示されます。

touch4
注意事項はよく読みましょう

「*一部の機能またはサービスは地域によってはご利用できません」という一文が気になります。
でも今更引き返すのもなんですし,このままGoGo!

touch3
ソフトウェア購入代金 ¥2,480-也

ダウンロードが終了すると,iPod touchを同期するように聞いてきます。

touch7
ご購入ありがとうございました

ワタシの場合はすでにiMacにiPod touchをつないだ状態でしたので,iTunesから「同期」を選択。
するとデータの転送が始まり,自動でiPod touchが再起動を始めます。

しばらく待つと・・・

DSCF0411
無事に完了!

ちゃんとアイコンが増えています(涙)
この説明きどおり,「ホーム画面を編集」してアイコンの並び替えもできるようになりました。

早速新しい5つのソフトウェアを使ってみて,いくつか気になったこと。

・「メール」は複数アカウントが可能(IMAP対応)
・「地図」はピンチ操作で拡大や縮小が可能。まさにGoogle Map!
・ ただし,道順検索や現在地情報は「機能しません」(ーー;)
・「株価」は米Yahooベース。日本の株価は「表示できません」(−−〆)
・「メモ」は便利!手書き風のフォントがかわいい
・「天気」も米Yahooベース。でも「TOKYO」「SAITAMA」「CHIBA」など日本の主要都市はサポートされている模様
・ Safariでの「横ブラウズ」時に,日本語入力が可能になった(!)

「地図」は確かに便利ですが,一部機能が働かず。
そして「株価」はそもそも日本の株式市場が表示できないなど,日本向けにローカライズされた有償にしてはちょっとお粗末です。

でも,メールデータをiPod touchローカルに保存できるようになったことや,そのメールと連携できる使い勝手の良いメモによって,ますますiPod touchを使うケースが出てきたと思います。

という事で,個人的にはアップデートに満足なのでした(^^ゞ


Apple Store(Japan)
タグ:apple ipod itunes
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(6) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails