2008年01月07日

「Macworld 2008」報告会へのお誘いが!

Appleが毎年1月に,サンフランシスコにて開催するイベントMacworld Conference & Expo
Appleが新製品の発表を行なう重要な場です。

その「Macworld 2008」の報告会なるイベントへのお誘いメールが,アップルから今日届きました!
Start Mac体験モニターメンバーの中で,アップルからの情報提供を希望した方に送っているそうです。

先日のMac OS X Leopard説明会の際・・・
ただ,この「Start Mac体験モニター」は今回の第二回で当面は修了するとの事。
同時に,こういった形でモニターメンバーを一堂に会してイベントを行うもの最後だそうです。
というハナシをスタッフの方から聞いていただけに。

もう涙が止まりません・゚・( ´Д⊂)・゚・。

このMacworld 2008で発表されるであろう,ウワサの目玉は何といってもウルトラポータブルノートPCでしょう。
まぁあくまでウワサなのですが,Mac系のblog界隈ではこの話題でもちきりです(笑)

他にも,3G規格に対応したiPhoneですとか,iTuens Storeでムービレンタルサービス開始,Penryn Xeon搭載の新Mac Proなどなど。
MacにSwitchして実感したのですが,Windowsの世界ではこれほどまでに様々な製品やサービスのウワサが先行したり,blogで話題になることはないなぁということ。
そのMacの世界を開いたワタシが,また同じようにワクワクしているということ(!)

今年の「Macworld 2008」は,来週1月14日(月)〜18日(金)の開催です。
中でもやはり一番注目を浴び,あちらこちらのblogやウェブサイトでリアルに中継されるのが(←こういうこともWindowsの世界ではあまりないですね(^^;),15日(日本時間で16日未明)のアップルCEOであるスティーブ・ジョブスの基調講演。

おそらくは,その直前あたりからオンラインのApple Storeが「We'll be back soon...」になり。
ジョブスの基調講演が終わって,夜中の3時あたり?には。

その某ウルトラポータブルな製品を「ポチっ」としている自分が・・・!?

あぁ,とても楽しみ!!


・・・ただ,「お誘い」の連絡がもう少し早ければ(^^;
(報告会は19日なので,公休変更しないと・・・)
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(8) | TrackBack(4) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

Mac OS X Leopardのインストール(写真で見る導入編)

という事で,無事にMac OS X Leopardの開封儀式が終了したワタシ。

早速,iMacにLeopardをインストールしてみます。

インストール方法には;
・Mac OS Xをアップグレード(上書きインストール)
・アーカイブしてからインストール(旧環境を別に残しつつインストール)
・消去してからインストール(クリーンインストール)
が選べるようです。この辺はWindowsも同じですね。

今回ワタシが選択したのは,一番上の「Mac OS Xをアップグレード」。
NETを巡って調べてみると,この「上書き」が一番問題が起こりやすいということですが・・・
旧環境を別に残すという方法も迷いましたが,あまりHDDの空きがないので思い切りました(^^;

Start Mac体験モニター修了後に,ワタシの愛機となったiMac。
写真管理(iPhoto)や音楽(iPod)環境は完全にMacに移行しましたが,まだメールやらblog作成ツールなどなどは,愛機ThinkPadのWindows XP上で働いてくれています。

なので,iMacにはウェジェットをいくつか追加した他は,デフォルトのアプリケーションがほとんど。
iLife '08iWork '08上書きでインストールしていますが,当然Leopardはサポートしてるでしょうし・・・
愛用しているブラウザFirefoxは,Leopard対応をうたっています。
もう一つ,Skypeについては検証する必要がありそうです。

iMac内の写真や動画,音楽などの個人データは別途母艦のWindowsデスクトップにバックアップしていますので,万が一の時には「消去してからインストール」でクリーンインストールしちゃえばいいかなと(^^;

スマートに進めば,今と同じ環境をそのまま使えますし!
・・・思い切りすぎです??(^_^;)


という事で1年間使い慣れた,このMac OS X Tigerの環境ともこれでお別れです。

Tiger Desktop
Firefoxでダウンロードしたデータが散らばってます(^^;

Tiger Version
最終的に10.4.10までバージョンが進んだわけですね

LeopardのインストールDVDを入れると,メニュー画面が立ち上がります。

Leopard DVD Menu
「X]が印象的なメニュー画面

「Instructions」のフォルダには,パッケージに同封されていた冊子のPDFも入っていました。
「Install Mac OS X.app」のプログラムを起動して,インストール開始です!

Leopard Reboot
ここで一旦再起動

再起動が完了すると,あの紫のグラデーションが綺麗な「オーロラ」が現れます。

メディアでたびたび目にしたこの画像は,もう一発でLeopardと分かるイメージですねぇ(^^)
インストールはまだ始まったばかりですが,iMacにこの画像が出てくるとちょっと感動です(笑)

Leopard 言語選択
インストールで使用する言語を選択します

「ようこそ」と,Mac OS X Leopardインストーラが開きます。

Leopard ようこそ
すでにモニター上部のメニューバーが半透明化していますね

Leopard 使用許諾契約
ソフトウェア使用許諾契約に同意

ここで,Leopardをインストールする先を選択する画面になります。
ワタシの場合はiMacの内蔵HDDだけですので,選択肢はココしかありません。
Time Machine用に外付けHDDを購入しないと・・・)

Leopard インストール先
250GBのiMac内蔵HDD,もう空きが43GBほどしかありません

撮りためた子供たちのたくさんの動画で,結構容量使ってますね(^^;
この辺もインストール時間に影響するのでしょうか??

とりあえず,インストール先を確定します。

Leopard インストール先決定
Leopardの上書きインストールに必要な容量,約5.6GBです

続いてインストール方法を選択します。

Leopard 選択
最初に書いたとおり,3つのパターンが選択できます

もう迷いません,「上書きインストール」(^^ゞ

Leopard インストール
カスタマイズが押せますね・・・

カスタマイズという言葉に目がないワタシ,ポチっと押してみます。
どんなインストールオプションがあるのでしょうか??

Leopard カスタマイズ
インストールに必要な容量約5.6GBの内訳ですね

Leopard 言語環境
これだけの言語環境が入るんですね(ピンボケです(^^;)

言語環境はチェックボックスがグレーとなり,選択解除することが出来ませんでした。
システム的に日本語以外も必須なんでしょうか??

結局どこも変えることなく,インストール開始(笑)

Leopard DVDチェック
NETでは悪名高き?インストールDVDチェック

NETの情報によれば,ここのチェックでループに入ってしまった例もあるそうで。
スキップも可能と出ていますが,一応デフォルトで。
そのままチェックに入ります。

無事に終わりますように!


・・・どうにか,35分程度でチェックが終わりました。
ホッッ!!
<10/30追記>
ブルースクリーンエラーはこことかここあたりに。
やはりサードパーティ製のLeopard未対応が問題らしいです。

ふぅ,どうやら無事にチェックが完了したようです。
実際のインストールへと画面が変わります。

Leopard インストール中
インストール開始後しばらくすると所要時間が計算され・・・!?

最初にiMacがはじき出したインストール所要時間。

なんと2時間13分!?
NETで見るかぎり,みなさん数十分程度で終了してるというのに。

この後,実はこの所要時間はかなり大雑把な時間だったことが判明します。
数秒後には「1時間49分」に変わり,その後5分位で「1時間13分」。
さらに1分後に「55分」,そして10分くらいで「16分」。

・・・もうどんだけ,なのかと(^^;

結局Leopardの上書きにかかった時間は45分程度でした。
「DVDチェック」から換算すると,全体で概ね80分程度といったところでしょうか。

Leopard 完了
無事にLeopard化完了!(涙)

この後再起動がかかるのですが,再起動後しばらくするとMac OS X LeopardのオープニングMovieが始まります。
デジカメ動画撮影なので,画像も音声もとても小さいですが・・・
よろしかったらどうぞw


う〜ん,もっとアップで撮ればよかった(^^;

YouTubeには,もっとたくさんのLeopard関係のMovieがアップされていますね。

この動画の直後にあるとおり,この後Apple IDへの登録になります。
これがアクティベート化するという事なんでしょうか?

なんにしても,Windowsの時のような十何桁のプロダクトキーを打つこともなく。
不安だったトラブルもなく。

無事にワタシのiMacがLeopard化したのでした。
使っていくうちに,これから何か不具合が見つかるかもしれませんけど(^^;

Leopard Desktop
「今日,未来がやってくる。」

デスクトップ画面は,壁紙も含めてまったくTigerの環境のままでした。
せっかくなので,Leopardのイメージな「オーロラ」に変更しています。
(デスクトップ設定の「自然」カテゴリに収録されています)

もちろんDockが3D化,ダウンロードStackなど変化もあります。
鏡面仕様なデスクトップの映り込みが,もう!!(笑)

Leopard Version
さていくつまでバージョンがあがるかな?

我が家に未来がやってきました。

とはいっても,まだLeopardはインストールしたばかり。
300を超える新機能に基づく,数々の体験はこれからです。

かつてWindowsを新しくして,ここまでワクワクした事があったでしょうか・・・!!

寝不足な日々が続きそうです(^^;


Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

Mac OS X Leopardのインストール(開封編)

昨日のMac OS X Leopard説明会でアップルさんからいただいた,Mac OS X Leopardのパッケージ。

Leopardパッケージ
すっかりLeopardのイメージとなった,紫のグラデーションが綺麗な宇宙空間(ホワイトホール?)

Leopardパッケージ裏
パッケージ裏。Leopardで特徴的な新機能が紹介されています

今日は仕事もお休みなので,早速インストールです。

思えば,ずっとWindowsユーザだったワタシ。
それこそ,Windows3.1⇒95⇒98⇒2000⇒XPと,Windowsの入替儀式は何度もこなしてきました。

その都度アプリの新しいOSへの互換性チェックをしたり,データをバックアップしたり・・・
その時を思い出しますが,やはりOSのアップグレードというのは一大事なんですね。

そんなワタシが,Mac OS Xというパッケージを新しくしようとしている。
Start Mac体験モニター
でiMacを使い始めてから,もうすぐ1年。
とはいえ,まだまだビギナーなワタシ。OSをアップグレードするのは大丈夫なのか??

でも行動しなきゃ始まりません。とりあえず,開封!(笑)

Leopardパッケージ開封
おなじみのメッセージが目に入っ・・・?ちょっと違いますね

開封して目に飛び込んできたのが,いつものアップルからのメッセージ。

Designed and engineered by Apple in California


iMacの開封時
や,先日のiLife'08の時は「Designed by Apple in California」でしたが・・・
今回は「and engineered」という部分がプラスされてます。
Mac OS Xという根幹な部分なだけに,設計されたという言葉が加わったのでしょうか。

Leopardパッケージ開封
中身は非常にシンプルです

中身は;

・インストール用DVDが1枚
・CDジャケットサイズの説明書が1冊
・おまけ?のアップルロゴシールが1枚

以上!!(笑)

説明書にいたっては,PDF化されてインストール用DVDにも収録されています。
といってもその説明書に書いてあるインストールについての内容は,たった3ページのみ(^^;

それほど簡単ってことですかねぇ??

そうえいば,WindowsはOSのフルインストール版,アップグレード版が存在するのですが(更にジョブズさんに揶揄されたOSごとに様々なバージョンも(^^;),Mac OS Xはすべてをひっくるめて1種類なんですね。

その辺りのシンプルさ。文化が違うようです。

さてさて,お次はインストールと参ります!!

# ホントはすでにアップグレードが終了してiMacでは既にLeopardが稼動しているのですが,
# インストール編は次のエントリにて。記事を書くよりも,今はLeopardをいろいろと弄りたく候(笑)

Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

アップル本社のMac OS X Leopard説明会に行ってきました

今日はアップル本社でのMac OS X Leopardの説明会に参加してきました。
第二回Start Mac体験モニターの修了式も兼ねています)

台風20号で雨足が強まる中,初台の東京オペラシティに向かいます。
ここの32Fに,アップル社のセミナールームがあるんですね。
この場所に来るのは,ワタシ達の第一回Start Mac体験モニター修了式以来,久しぶり。

Leopardデモ
Leopardデモの始まりです!

プレゼンターは,モニター期間中に何度もお世話になった櫻場さん。
櫻場さんは,Mac OS Xのプロダクトマネージャーさんです。

13時半前から始まった説明会は,約1時間の内容でした。
いくつか気になったところをメモ。

Mac OS Xの歴史
LeopardはMac OS Xの6世代目にあたるんですね

・全世界26日の18時から同時発売。
時差の関係で日本は比較的早く手にすることができたそうな。
実は一番早いのは,オーストラリアのシドニーとか。

・メニューバーが半透明に,Dockが3D化して鏡面的なエフェクト
このDockのこだわりように会場は「ここまでヤル?」と笑いに包まれました(笑)
もうAppleったら!みたいな愛情ある笑いでもあり。

・Finder+キーボードSpaceキーで「Quick Look
Windowsでも搭載されているプレビューですが「アプリを立ち上げなくても」中が見れるんですね!
しかもエクセルやワードなど,アプリ本体がインストールされていなくても「OSレベルで」Quick Lookできてしまうのがすごい所です!

・新機能のSpaces
デスクトップ画面を最大4×4の16画面まで仮想表示できます。
が,今ひとつ使う場面や用途が思いつかず・・・(^^;

・機能が充実したMailアプリ
クールなテンプレートを使ったhtmlメールの作成や,メモ機能やToDo機能,iCalとの連携など。
RSSリーダ機能も搭載して,作業の大半をすごすMailアプリの中がさらに便利になったということです。

・SafariでWebクリップ
Safariの「Webクリップ」ボタンを押して必要な範囲を選択すると・・・
Dashboardウィジェットが作成されます。
またその背景にもMacならではの妙なこだわりがあり,場内はまた愛のある笑いに(笑)

・「日本語の」辞書機能が搭載される
前のバージョンTigerでは英英辞典が2つありましたが,Leopardでは小学館とタイアップしたそうです。
・大辞泉
・使い方の分かる類語例解辞典
・プログレッシブ英和中辞典
・プログレッシブ和英中辞典
・そしてNETならではのWikipedia
との連携で,すべてを串刺し検索が可能なのがスバラシイです。
しかも表示された辞書の内容の言葉それぞれにも,また検索先がハイパーリンクされています。
次から次へと知的欲求が満たせられ,櫻場さんいわくこれで5時間は遊べる,とか(笑)

・かなり進化したiChatの機能
場内が盛り上がったプレゼンでした。
アップル本社オフィスにいるスタッフとビデオiChatしたのですが,相手のデスクトップをリモート操作したり,相手のファイルを自分にコピーしたり,プレゼンのドキュメントを共有したり,背景だけを変えて遊び心タップリだったり・・・
とにかくLeopardをインストールしたらすぐにでも試したい機能がテンコモリでした。
LeopardのiChat
・・・まずはMac使いの相手を探さにゃいけませんが(^^;

・転ばぬ先のTime Machine
Leopardに標準搭載されたバックアップ機能ですね。
過去24時間の1時間ごと,それより過去の毎日ごとを1か月分,それより前はバックアップ先のディスク容量いっぱいまで毎週分を,ユーザーが意識することなく自動保存します。
本体のHDDクラッシュを踏まえて,基本的に外付けのHDDが保存対象先だそうですが・・・
実は裏技?も(後述)
ちなみにTime Machineを起動すると,例によってこだわりまくりの操作画面になるのですが,バックアップイメージのはるか先に見える真っ白な恒星の様な物体。
LeopardのTimeMachine
櫻場さんいわく,これはアップルのデザイナーさん達が「ホワイトホール」をイメージして作成したそうです。なるほど〜(^^)

と,こんなところです。

このエントリを書いていて,それぞれの機能をアップルのウェブサイトにリンクを貼っていたのですが・・・
要はLeopardの紹介ページの「新機能」に出てくる項目を紹介いただいたわけですね。

でも,ウェブサイトで写真をみて文章を読むのと,実際に目の前で開設されながら操作されているデスクトップ画面を見るのとでは,感動がまったく違います。

まさに百聞は一見にしかず。
これはLeopard,すぐにでも導入したくなりました!!

・・・と,ここで櫻場さんからちょっと焦り気味に?サプライズが発表。

「このMac OS X Leopardを,今日お持ち帰りいただきます」と。

!!!
場内大拍手です。

ただその後で訂正が入り,今日Leopardをお持ち帰りいただくのは「あくまでモニターメンバーのみ」との事。
でもゲストで参加した皆さんも,Leopardの素晴らしさをアップルのスタッフ直々に,アップル本社でデモしていただく機会はそうそうないでしょうから,これはこれですばらしい体験だったと思います。

説明会の後は,ブロガーのみなさんが集まっての懇親会でした。

毎度おなじみの,DEAN&DELUCAのケータリングです。

DEAN&DELUCA

美味しいシャンパンやワインを飲みつつ,久しぶりにお会いしたモニターメンバーの皆さんとMac談義に花が咲いたのでした。
ワタシが持っていったiPod touchも大活躍でした!?(笑)

朝之丞さんからは,ワタシのムスメにと仙台アップルストアのステキなTシャツをいただくという嬉しいサプライズもありまして。(ありがとうございます〜!)

設置されていたiMacにも,もちろんLeopardが搭載されていて自由に触れる事ができました。

Lepard on iMac

やはり自分で触ると,またいろいろと発見があって面白いです。
アップルのスタッフの方とも直接お話できました。

・Time Machineは(アップルの推奨ではないという断りつきで)パーティションを切った内蔵HDDにもバックアップが可能
・Leopardの「環境設定」アイコンは,iPod touchやiPhoneの環境設定と同じデザイン
・モバイルポータブルなMacBookは・・・「出ると良いですよね」というお返事(笑)
・日本語辞書機能の搭載で,こんなスクリーンセーバーも

Word of the Day
"Word of the Day"スクリーンセーバー
厳選されたその季節折々の言葉が,美しいヒラギノ明朝の書体で流れるように表示される,見て楽しむスクリーンセーバです。画面に表れた言葉の意味をより深く知りたくなったら,キーの一押しですぐに辞書が起動します。季節の移り変わりとともに,さまざまな言葉との新鮮な出会いを体験してください。(ウェブサイトより)

実に充実した,2時間半でした!!

ただ,この「Start Mac体験モニター」は今回の第二回で当面は修了するとの事。
同時に,こういった形でモニターメンバーを一堂に会してイベントを行うもの最後だそうです。

なんだか,とても寂しい・・・。

懇親会終了後は,モニターメンバーの;

はるちー備忘録blogのはるちーさん
iPod nanoなの。のしゅん爺さん
F20RC de PhotaringのHiroHeroさん

と一緒に,オペラシティの地下にあるHUBで一杯いきました。

iPods!
しゅん爺さんのiPhoneと集まったiPodシリーズの数々(笑)

久しぶりの集まりで,blogにMacの話題にまた楽しいひと時を過ごしました。
ありがとうございます!!

・・・さて明日は公休。
さっそく持ち帰ったLeopardを,iMacにインストールしてみることにします。

Leopard

とりあえずバックアップから,かな・・・??
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(4) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

Mac OS X Leopard説明会

昨日発表された,Mac OS X Leopard

昨年末から今年の3月まで,Start Mac体験モニター第一回メンバーとしてお世話になりました事務局さんから,このMac OS X Leopardの説明会を開催する旨,ご招待のメールをいただきました。

!!!

Mac OS X Leopard発売の 直後 に。

アップル本社の 中 で。

アップル本社の社員の方から,直接Leopardの プレゼン をしていただける。

こんなに嬉しいことはありません・゚・( ´Д⊂)・゚・。

同時に,最近まで行われていた第二回メンバーの方々の修了式&懇親パーティも実施するそうです。

先日の新型iMac&iLife'08の説明会は都合がつかず,参加できなかったワタシ。

今回は,すべての予定をキャンセル!
・・・という訳にはいきませんけど,なんとか都合をつけて参加したいと思います。

これまた楽しみが増えました(^。^)


Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

One to OneのStudioSeries「GarageBand入門」

ということで,先の「iPod & iTunes 入門」に続いて受講した「GarageBand入門」。

このGarageband '08はアップルのMac OS X統合ソフトウェアであるiLife '08に含まれる音楽制作ソフトで,音源を色々組み合わせてDTMを実現するシーケンスソフトともいえますね。
Start Mac体験モニターのミーティング時にデモを行っていただいたにもかかわらず,実はあまりいじっていないソフトなのでした(^^;

幼稚園の頃からピアノをしているので,音楽演奏や作製には抵抗がないのですが・・・
それ以上にiPhoto '08iMovie '08での製作の方が楽しくて(忙しくて?),つい後回しになっていたんですね。

ということで,いよいよGarageBandです。

GarageBand入門

自宅である程度使い慣れてきたiPhotoやiMovieのクラスを受講するのとは違い,ホントにGarageBandの各機能が見るのも動かすのも初めてなことばかり。

自分でmidiコントローラ(キーボードの形状をしています)を使いメロディーをゼロから作ることも出来ますが,あらかじめGarageBandに収録されている音源やループパターン組み合わせると,いとも簡単に音楽が作成できてしまいます!

単一トラックでのソロプレイでパターンを確認したり,繰り返し演奏でどんどんループを重ねていきながら曲の感じを試してみたり。

やはりこれは,このスタジオクラスやマックジーニアスなど詳しい方から(用語の意味も含めて)説明を受けないと,使いこなせないかも(^^;
まぁ音楽制作ソフトという専門的なソフトなので,当たり前といえばアタリマエですけど。

ただループパターンをコピーしたり移動したりといった操作方法は,やはりiLifeならではの統一された操作感なので,分かりやすかったですね。

ソフトの機能や,音楽制作の一連の流れを知ってしまえば・・・
あとはもう自分のインスピレーション,イマジネーションの広がりあるのみ!

クラスの終盤で20分ほど自由に音楽制作をするのですが,いろんな楽器や音楽ジャンルによるループを様々に組み合わせながら曲を作っていく過程のなんと面白いこと楽しいこと!!

・・・こりゃ,ハマリますね(^^ゞ

実際20分なんてあっという間に過ぎ去ってしまい,スタジオクラス終了となったのでした。

もちろん作製した音楽データは,iPhotoやiMovieのBGMとしてiLife間でちゃんと連携できますし,iTunesに書き出してiPodで聞くなんてこともできます。

iLife,あまりにすごいソフトが集まりすぎてます。
睡眠時間がどんどん減っていく・・・(^^;

Apple Store(Japan)


そうそう,今日のスタジオクラスでは驚いたことに,同じStart Mac体験モニター同期の「はるちー備忘録blog」のはるちーさんも受講されていたのでした。

クラス開始時間ギリギリにスタジオ入りしたワタシ,出欠確認後に空いていた席に座ったものの隣がはるちーさんである事に全く気づかなく。
クラスの最初に使用頻度やMac OSのバージョンなどを聞かれるのですが,そこでようやく気づいた次第(^^;

はるちーさんは,MacBookのバッテリが認識されない問題に最近遭遇しており,その対応でアップルストア銀座に。
せっかくだから,スタジオクラスも受講しようということだったそうです。

しかも,ちょうど同じく「iPod&iTunes」と「GarageBand」の2クラス!(笑)

一人で受講するより,とても楽しく受講することが出来ました。
ありがとうございます!

・・・して,バッテリの問題は解決したのかしらん??
posted by マキパパ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(2) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

One to OneのStudioSeries「iPod&iTunes入門」

9月になりましたね。

今日は午後から,Apple Store銀座にて再び「Studio Series(無料スタジオクラス)」を受講してきました。

おりしも今日は,銀座に新しい商業ビル「マロニエゲート」がオープンとあって,いつもの有楽町駅前からすごい人混み。テレビ局も結構取材に来ているのが分かります。

マロニエゲートが9月1日オープンということを失念していたワタシ。
銀座初出店となる東急ハンズも入っているので,ちょいと覗いていきたかったのですが・・・時間がなくてアウト(^^;
今度またゆっくり見ようと思います

今日受講したクラスは「iPod&iTunes入門」と「GarageBand入門」の2つ。
・iPod & iTunes 入門
このクラスでは,アップルのiTunesとiPodファミリーを最大限に使いこなすために必要な知識がすべて学べます。クラスの受講者は最大12名で,受講者用コンピュータとひとり1台のiPodをご用意しています。楽しく興味深く,インタラクティブな学習環境の中で,お一人お一人に合ったハンズオンでの指導をお受けいただけます。
・GarageBand 入門
アップルのエキスパートが,いかに簡単にこのような楽しみ方ができるかをご紹介します。プロが録音したループを使ってオリジナルの曲を作曲したり,Mac に接続した楽器を演奏して録音したりします。エフェクトもかけた上でミックスダウンすれば,自分の作品をCDにすることができます。必要な設備はすべて揃えてお待ちしておりますので,Macで音楽を作る熱意だけを持ってお越しください(曲のアイディアがなくても,大丈夫です)。

もちろんiPodiTunesはずっと以前から使用しており,スマートプレイリストも含めてそれなりに使い込んではいますが・・・
今日の本命である,GarageBand入門の前にこのクラスがあったので,「ついでに」受けてみようかなと(^^ゞ

・・・でもでも。

いざきちんと説明を聞いてみると,こりゃ知らなかったわいという機能もあるもんでして。
そのうちのいくつかをご紹介。(←ワタシだけ??(^^;)

・カバーフローのフルスクリーンモード
フルスクリーン化するボタンを今まで見過ごしてました。
正確には,iTunes7発表後に愛機ThinkPadで再生したことがありますが,カクカクな動きにその機能を忘れてました(笑)
ワタシのiTunesライブラリの曲は結構マメにアルバムアートワークをセットしているのですが,自宅のマシンの中でiMacならば動きも非常になめらか。
友人が遊びに来たときに見せるとインパクトがありそうです(笑)

・「最近追加した曲」のスマートプレイリスト作成
ストックした曲が増えるほどに,読み込んだデータがどこに行ったかわかりづらいので,このリストを一つ作成しておくと便利かも。

・iTunes Storeの「トップソング」はリアルタイムのランキング
よくある「週間ベスト〜」や「昨日の売上ベスト〜」ではなく。
NETならではの「リアルタイムなその時点」でのベスト10だそうです。

・iTunes Storeの未購入曲もプレイリストに追加できる(!)
今日のクラスでなるほど!だったのがこの技。
上のリアルタイムランキングで,この曲良いね!と思ったものの購入はちょい待てよ,という時に使えます。
リアルタイムなランキングですから,数日下手したら数時間でランク外にいってしまい「あの曲なんだっけ?」ということに。
その場合は,あらかじめ「購入予定」なんてタイトルでプレイリストを作成しておいて,iTunes Storeで表示されている曲をドラッグ&ドロップ。
iTunes Storeと同じ30秒の試聴制限つきで,プレイリストが作成されます。
いわば,iTunes Storeのブックマークな使い方ですね。これは便利!!

・アルバムアートワークの簡単な設定
アップルのウェブサイト,Dashboardウィジェットの音楽カテゴリあたりに,amazonなどと連携した便利ツールが多数。
Amazon Album ArtやSing that iTune!などなど。

なんだかんだいって,結構参考になったのでした(^^ゞ


Start Mac体験モニター中のエントリ[Start Mac #08] おかえり,iPod。にも書きましたが,ワタシが愛用しているのは第3世代のiPod。

DSCF9553.JPG

じんわりと赤く光るギミックが好きで,未だに愛用しているのですが・・・
やはりアートワークや歌詞が表示できる最新のiPodやnanoはイイナァと。

物欲がぁ!となっているわけですが,そこはあれ。(←?)
目前に迫った9月5日には新型iPodの発表があるでしょうから,ここはグッと我慢です。


(ということでGarageBand入門は次のエントリに続きます)

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails