2007年04月13日

次期Mac OS Xのリリースは10月に

次期Mac OS X「Leopard」のリリースがもう間もなく?と思っていましたが,具体的に今年の10月までずれ込むという発表が米Appleよりありました。

アップル、次期Mac OS Xリリースを10月に--原因はiPhone開発 (CNET Japan)

主な理由として,ワタシも大注目のガジェットiPhoneを予定通り6月にリリースするために,人的な開発のリソースを動因したからとか。

確かに現在のアップルの状況を見ると,MacよりもiPodの構成が高く,そこから「電話を再定義する」と息巻くiPhone開発へリソースを注ぐのは当然かも・・・
Macユーザよりも近い将来のiPhoneユーザを優先させたことになるわけですね。

iLifeの次期バージョンがいつになるのかも,気になるところです。

ワタシが参加していた「Start Mac体験モニター」の後に続く,現在募集中の「モニター第二弾」のメンバーは,もしかしたら新しいこのLeopard(しかもそれを搭載した新型Mac?)を使えて羨ましいねぇなんて思ってましたが・・・

4ヶ月のモニター終了直後くらいに,このLeopardが発売されることになりますね。

とはいえ,このモニター第二弾募集は4/15(日)まで。

まだの方は,急いでお申し込みください!!

あなたもMacをはじめよう!


Macをはじめよう。Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

Start Mac体験モニター修了式

今日はStart Mac体験モニターの修了式&懇親パーティでした。

実は夜勤明けだったワタシ,眠い体にムチ打って新宿駅でカミサンとムスメ&ムスコと待ち合わせ。
会場である,そしてモニター中の座談会で2度訪れたことのある東京オペラシティへと向かいます。

開始時間は15時からですが,一足早くアップル本社オフィスの51Fへ。
ちゃんと,パーティ会場である32Fへの案内が出てました(笑)

会場案内

なぜ最初にオフィスに伺ったかは・・・いずれ分かるかと( ̄ー ̄)v

32Fの会場は,普段はアップルのトレーニングセンターとして使われている場所。
ここのセミナー会場の一室が,パーティ会場へと変わるわけですね。

パーティ会場

早めに伺ったということもあり,会場へは一番乗り。
まさにパーティ会場の様相で,シャンパンやワインなどがずらりと並び,中央のテーブルにはあのDEAN&DELUCAのお菓子の数々が!

DEAN&DELUCA

マカロンは,食感が独特で美味しいお菓子。
カミサンもご満足の様子でした(笑)

そして早速オレンジジュースをもらって喜ぶムスメ(^。^)

オレンジジュース

ボチボチとモニターメンバーが揃いだして,皆さんそれぞれに歓談を始めます。

ワタシも座談会を通して実際にお会いした方々,blogのコメントを通してのみで今回初めてお会いする方々,いろいろとお話しすることが出来ました。

朝之丞のTry and Tested
の朝之丞さん
ビギナーB子のMac女王への道のbakabrosさん
iPod nano なの。のしゅん爺さん
F20RC de PhotaringのHiroHeroさん
はるちー備忘録blogのはるはるさん
Maimai829のMaimaiさん

とは,一緒に撮影したお写真があるのですが・・・
了解を得ていないのでアップは自粛します(^^;

Maimaiさんから声をかけていただいた時は,嬉しくもあり緊張もしました。
ミーハー根性で,しっかり一緒に撮影させていただきましたけど(^^ゞ

第一回の座談会で一緒だった,akiyan.comのあきやんさんとも,またThinkPad話で盛り上がりまして(笑)
あきやんさんは,最近Biz.IDにも自身の素晴らしい経歴がインタビュー記事として取り上げられています。(ThinkPadもしっかり写ってますね!)

EPOCHAL(エポカル)のpoepoepoeppieさんと息子さんには,ウチのムスメとムスコがお世話になり。ありがとうございました!


さて,ワタシが持っていったムスメの卒園アルバムフォトブックは,しっかりこちらに展示していただいてました。

卒園フォトブック

手前の「ようちえんのおもいで」がソレ。
ご覧いただいた方,いらっしゃいますでしょうか?
まぁ親バカな作品でございますけど(笑)

途中で,今回のモニターメンバーによるiLife作品が紹介されました。

ワタシも第二回の座談会で披露させていただいた
「ムスコが撮影した写真」のスライドショーを再び披露させていただきまして。

披露中は,いくつかコメントさせていただいたのですが,何とその様子をカミサンはすっかり撮影するのを忘れており(-"-)
でもみたいもんのいしたにまさきさんの連れとして来ていた,[N]ネタフルのコグレマサトさんが,ムービーを撮ってくれていたとの事!(ラッキー!)
今度幼稚園で下さいましっっ!!

また,先のHiroHeroさんによる,自転車レースのムービーもとても参考になりました。
写真をさながらアニメの様にコマ送りして,自転車があたかも動いているようなムービー。なるほどです。

すごいといえば,メタルギター by 羊パパの羊パパさんの作品。

Macの起動音から始まる,30秒ほどのムービーで,羊パパさんの作曲によるGarageBandの作品に,iMacの操作の様子が小気味良く動いています。
映像と音のシンクロ!しかもこれを2時間程度で仕上げるとは!!
(アップルのロゴ等を除いたバージョンがFlipClipで見られます

流石です。凄すぎます。
Quicktimeのデータで結構ですので,欲しいです!!

アップルのスタッフによる,アップルTVのお披露目もありましたね。
このモニターメンバーによるiLifeの作品のいくつかも,このアップルTVに取り込まれており,そこから上映されていました。

随分と薄くてコンパクトだったんですね〜

アップルTV

ムスコがその小ささに「アチョー」と反応しております。
・・・意味はありません(^^;

そういえば,今回のワタシ達のモニター期間よりも前に,MacBookを同様にモニターしてその作品を発表していた10名の初代メンバーの方々(経緯はpaqn!のアイバミカさんのエントリに詳しいです)も招待されておりまして。
(アップルのWebサイトの「Macをはじめよう」のビジネス編にも出ていらっしゃいます)

その方々と,いつの間にやらムスコが遊んでいる!?
すいません,面倒見ていただいちゃって・・・

初代モニターメンバー

お顔が写らない程度にトリミングしてあります。
皆さん気さくな方々で,集合写真にも一緒にまぜていただきました。
(mixiで見ましたよ〜!!(^^)/)


そんなこんなでとても楽しくてエキサイティングな2時間。
あっという間でした。

今回のモニターではWindows使いだったワタシが,Macという新しい(そして憧れていた)OSとハードウェアを触ることが出来たことはもちろん。
こういったブロガーのメンバーと,実際に知り合えたこともホントに大きな収穫でした。

皆さんそれぞれに,様々な職業や趣味を持ち,そしてステキなblogを運営していらっしゃる方ばかり。

これからもコメントやらTrackBackやらで押しかけますが,よろしくお願いします〜(^^)/


そして今回のモニターを運営していただいたアップルのスタッフメンバーです。

アップルスタッフ

本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!

締めくくりにお話をいただいた時に印象的だったのが,

「Macを使って,ハッピーになる」
ということ。

これからもずっとMacを使い続けていこうと思います。


終了後は,先の朝之丞さん&お嬢さん,bakabrosさん&ご主人(スティーブ・ジョブ介さん!),まんぷく::日記の今村さん,WADA-blog(わだぶろぐ)のわださんと一緒に,中華料理屋で2次会という,これまたステキなひと時を過ごしました。


最後に・・・

今日一日のパーティ会場での子守,そして座談会やスタジオクラスなどで家を空ける時も,快く送り出してくれたカミサンに心からの感謝をささげます。

「ありがとう」
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(20) | TrackBack(5) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

[Start Mac #16] Start Mac体験モニター終了

今日でStart Mac体験モニターが終了します。

昨年の11月下旬から始まった,この4ヶ月ちょっとのモニター。
筋金入りのWindowsユーザなくせに,いつも頭のどこかでMacに思いを寄せていたワタシですが,そのココロを数々の体験で見事に鷲掴みでしてくれたのでした(笑)

モニター記事およびモニター関連記事を数えると,19エントリ。
ちょっと振り返ってみます。

DSCF9112.JPG

2006.11.02 Start Mac体験モニターに選ばれる
2006.11.09 Start Mac体験モニターのオリエンテーション
2006.11.17 いよいよiMacが!
2006.11.22 [Start Mac #01]iMac届きました
2006.11.23 [Start Mac #02] セットアップと所感
2006.11.27 [Start Mac #03] Mailが送信できない!?
2006.11.30 [Start Mac #04] 簡単!Windowsとのファイル共有
2006.12.02 [Start Mac #05] 座談会にて
2006.12.10 [Start Mac #06] ProCareのStudioSeries
2006.12.17 [Start Mac #07] 友人とiMacで遊ぶ
2007.01.27 [Start Mac #08] おかえり,iPod。
2007.01.31 [Start Mac #09] ProCareのStudioSeries #2
2007.02.03 [Start Mac #10] 座談会にて #2
2007.02.11 [Start Mac #11] ProCareのStudioSeries #3
2007.03.07 [Start Mac #12] ムスメとiMac
2007.03.19 [Start Mac #13] iPhotoでムスメの卒園アルバムを
2007.03.27 [Start Mac #14] Start Mac体験モニター第二弾!募集開始です!!
2007.03.29 [Start Mac #15] iPhotoのフォトアルバム届きました!
2007.03.31 [Start Mac #16] 体験モニター終了 (この記事)

当初に目標とした;

・iPodをiMacで管理させる(iTunesのWin=>Mac移行)
・子供達のとりためた画像データを,iPhotoで作品にする

は達成できたのかなと。

DSCF9553.JPG

DSCF9656.jpg

ProCareの体験モニターも,アップルストア銀座で随分と堪能させていただきました。

アップルストアがそこそこ近くにある事が前提になってしまいますが,ProCareはホント素晴らしいサービスです。
たくさんのハードメーカー,そしてそれ以上にたくさんのソフトメーカーで複雑に構成されるWindowsではここまでの手厚いサービスは望めません。

ただ,iMac 20"と同じモニター題材であるAirMac Expressおよび.Mac(ドットマック)についてはあまり記事に出来ませんでした・・・
AirMac Expressは,愛機ThinkPad X31でNETに繋ぎまくりの使いまくり状態なんですけどね(^^;

.Macについては,正直まだ見極めが出来ていません。
Macドメインのメアドを使い続けるのに,年間9,800円はちと辛い。
もちろんそれ以外にもっと多機能なサービスで構成されていますが,標準で1GBというNET上のスペースという事もあり,Windows PCベースの様々なNETサービスの機能や金額と比較しても高い金額だと思います。

ただ同じ年間9,800円であるProCareサービスも,最初に目にしたときのイメージは同じような印象でした。
が,実際に利用するとそのサポートの厚さに驚き!だった事もあり。

.MacにしてもProCareにしても,モニター終了後も今年の10月まではそのまま使い続けられますので,またじっくり見極めていきたいと思います。

細かな事ですが,Boot CampなどでMacにインストールできるWindowsが旧式なFAT32ファイルシステムに限られている事も残念なところです。

ファイルベースのセキュリティの強さは,NTFSで使用してこそ真価を発揮しますが,まだ読みこみしかMacはサポートしていませんね。

マイクロソフトとの調整も大変とは思いますが,ここはぜひとも頑張って欲しいところです。


このStart Mac体験モニターも,新しくWindowsユーザ限定で第2弾の募集が開始されましたが,ひとつアップルさんにご提案。
(モニター座談会の2回目の中で,皆さんにお伝えした内容でもありますが・・・)


ご年配の方々にも,モニターしていただいてはいかがでしょうか?



というのも,ProCareのスタジオクラスに参加したとき,たいてい数人はご年配の方がいらっしゃるんですね。
Mac歴は少ないものの,それでも向学心にあふれて写真を整理したい,Webを公開してみたいと学んでいらっしゃる。

もちろんblogを運営している方は少ないでしょうし,そもそもNETに繋いで他人のblogを見てること自体が少ないでしょうから(勝手な予想ですが),あまりNETで広がるクチコミ効果は望めませんが・・・

・職場を離れるので皆が持っている「仕事のPC」は必要ありません
・団塊の世代,退職金でお金は持ってます
・孫の写真やらビデオやら,デジタルな機器を使い始めています
・そんな年配の方々が,これからどんどん増えていきます
・そして有り余る?時間で何かとイベントがあり

その集まりの中で 「それこそリアルなクチコミ効果」 が期待できるのかなと。

ワタシの両親も,最近(ようやく)デジカメを使い始めましたのですが,今回のモニターで写真管理や作品として出来たフォトブックを見て,かなりMacに興味を持ったようです(笑)

リビングの液晶AQUOSテレビにMacが繋がるので,Core 2 Duo+LeopardにモデルチェンジしたMac miniが将来発売されたとしたら,ProCareつけてプレゼントしてあげようと思ってます(^^ゞ

まぁNETを前提としないので,募集方法や体験モニター中の様子を他の年配の方にお知らせするところが難しいですかねぇ(^^;


さて,今回のモニターでワタシも完全にWindowsからMacにSwitchしたかというと,実はそうでもありません。

手軽に普段から持ち歩けるサブノート筐体が現行モデルにない事,結局仕事ではWindowsだからという事。そんなところが理由です。

とはいえ,ヒトがデジタルでモノを作るのに,何もMacだけ!Windowsだけ!と偏って考える事はないんだろうなという気がします。
それぞれに得意・不得意があるわけですから,TPOに応じて使い分けられれば良いんじゃないかと。
MacにはMacの素晴らしさが,WindowsにはWindowsならではの素晴らしさがあるんですから。

いよっっ!両刀使い!! (笑)

なのでMacユーザの方には,ようやくIntelというCPUや仮想化ソフトなどでようやく環境が揃ってきたこの機会に,ぜひともWindowsを使って欲しいですね。

結局は業界標準なWindows向けのサービスの何と多いことか。
悪いところでは,Windowsしか利用できないサービスもあったりしますが…
それが,Mac(の筐体)でそれらを利用できちゃうわけですから!

一方,Windowsユーザの方はぜひともMacを体験して,こんなにも使いやすくてクールなOSがあるという事をぜひとも知ってほしいと思うわけです。

ただ…

このMacの素晴らしさがどうにも世間に広まっていません。


体験モニター中にワタシの周りの方にいろいろ話しましたが,その反応は,Macの素晴らしい数々の機能を初めて目にする,理解するというものばかりでした。
Windows Vistaはあれほど騒がれたと言うのに・・・

iPodの使いやすさとクールさが認められているわけですから,こちらも今がチャンスです。

ワタシ達のモニターレポートが次のモニターの方に,そしてもっとMacの良さが一般に広がるためのクチコミの波になってくれればと願わずにはいられません。

だって,Macってこんなに素晴らしいんだもの。


・・・長くなってしまいましたが(^^;

想像力と創造力をかきたてる,Macというコンピュータ。
地域は限られますが,それを強力にサポートするProCareサービス。

ホントにありがとうございました。

makipapa loves Mac.


Macをはじめよう。Apple Store(Japan)
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(9) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

[Start Mac #15] iPhotoのフォトアルバム届きました!

先週iPhotoで作成した「ムスメの卒園アルバム」フォトブックですが・・・

本日無事に届きました!


3/19にiPhotoからNETに注文してから,3日後の3/21に「発送しました」メール。
そのメールには;
ブック、カード、およびカレンダーは、4 〜 7 営業日でお届けいたします (一部地域を除く)。営業日は、土曜日、日曜日、および祝祭日を含みません。
とありましたが,それからまさに6日後,本日3/29の到着というわけですね。

フォトブック1

発送はエアーメール(INTERNATIONAL PRIORITY AIRMAIL)のようですが,よく見ると差出人は東京オペラシティの日本のアップル本社から。
アメリカで作成されて日本法人へ,それから配達されているのかもしれませんね。


フォトブック2

封筒の裏面。
緑に白でくりぬかれたアップルのロゴが綺麗です。
ちなみに「(C)2006 Apple Computer,Inc.」でした(笑)
(今年1月に Apple Inc に社名変更)


フォトブック3

今回は,iPhotoで選択できる「ソフトカバー 大サイズ(サイズ28cm x 21.5cm)」ですが,たまたま近くにあったニンテンドーDSと比較すると,ご覧の通り。
A4よりわずかに小さなくらいです。
きちんと透明なプラスチックの袋で梱包されています。

ちなみに表紙の中心はくりぬかれており,「穴」が開いています。
穴の向こうに長靴の写真が見えている,そんな感じですね。


フォトブック4

写真の印字品質ですが,まぁまぁな感じ。
元が2848×2136の600万画素データですから,こんなものでしょうか?
あまり写真については詳しくないので(^^;

ハードカバーのフォトブックの印刷がどのようなクォリティなのか,そちらも興味ありますね〜。

実は,このフォトブックのデータからスライドショーを作成し,それをiDVDに連携させてDVDビデオも作成していたりします。

フォトブックiDVD

アップル iDVD 6

こちらのビデオは,もちろん音楽付きで。
映像と音楽が重なって生まれる効果も,また大きい!(涙)

という事で,ディスプレイでも見ている写真ですが,フォトブックになって印刷・製本されたものを見るのは,また違った楽しさがありますね。
我ながら,うまく写真の配置も出来たかなと(^^ゞ


フォトブック5

最後のページに,さりげなく「Made on a Mac」.
個人的に,こういった演出は嬉しいかも!

あとは,値段さえ安ければ・・・(^^;

とりあえず,10日近くかかる納期や1,000円近い送料。
これは何とかなりませんかね??

「Designed by Apple in California」にこだわってアメリカでの製本なのかもしれませんが,日本だってクォリティ高くできるでしょうし。
納期ももっと短くなると思うんですけどねぇ。

とはいえ,とても大満足なフォトブックなのでした(^^)/


iPhotoでは,今回のフォトブックのほかにも,オリジナルカレンダーやグリーティングカードなども作成できます。
自分が撮りためた画像データが,このように作品として,しかも手軽にできるのはホント素晴らしいですね。

アップル iPhoto フォトブックス

アップル iPhoto カレンダー

アップル iPhoto グリーティングカード

フォトブック&DVDビデオ。
両方ともStart Mac体験モニター修了パーティーに持っていこうと思います。
posted by マキパパ at 23:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

[Start Mac #14] Start Mac体験モニター第二弾!募集開始です!!

ついにというか,予想通りというか。

今月末でワタシ達の「Start Mac体験モニター」は期間終了となりますが,第二弾の募集が開始されました!!

あなたもMacをはじめよう!
「Start Mac体験モニター」第二弾!
Macが初めての方限定で50名を大募集。
レッスン付きなので一人でも安心。

今回は「Macが初めての方」限定なんですね。
つまり,WindowsからMacへの「Switch」.

アップルから送られてくるメールにも,「Vista? Macをはじめよう」なんてコピーが使われているくらいに,ある意味新しいOSを始める良いタイミングなのかもしれません。

Macをはじめよう。Apple Store(Japan)

既にblogを運営しており,4ヶ月のモニター期間中に10回以上記事をエントリする事が今回も同じ条件。
blog更新情報を,pingで事務局にお知らせできるように改善されていますね。

そしてモニター業務を完遂後は,アップルの承認を経て貸出機材はモニターの方に譲渡される事も,すでに告知されています。
そりゃあblogでワタシ達が散々「(修了したら)貰える!」とエントリしまくりましたから,今更隠しようがないでしょうけど(^^;

申込フォームを見ましたが,blogのURLと月間アクセス数(PV/月)も申告する必要がありますが・・・

でも,今回もblogの有名無名は関係ないでしょうね。
座談会で,スタッフの方から「募集申込のあった全てのblogをきちんと見て,今回のクチコミマーケティングである体験モニターに相応しいblogを選んだ」と教えてもらいましたし。

ワタシの場合は,申込フォームの「Macでやってみたい事(400字程度)」をビッシリと書いた記憶があります。
友人のMac Book Proで見せてもらったiPhotoのスライドショー,そして操作感。
自分も子供達の撮りためた写真をこんな風に作品にして,共有したい!!
そんな感じでした。

ワタシもそうでしたが,Windowsはバリバリ使っているものの,いつもどこかでMacを意識してた方(笑)。
Macも使ってみたいなと思っていた方。

背中を押してあげます。

Macは(Mac OS X Tigerは)決して難しいOSではありません。

MacとiLifeの使いやすさ,そしてProCareサービスによる無料レッスンなどの素晴らしさ。
ワタシのエントリしたモニター記事の数々や,他の当選者の方々のblogを読んでいただければ分かります。


残念なのは,この素晴らしさがうまく消費者に浸透されていないこと。
なんだかんだ言って,注目されているのはWindowsでありVistaであり。
そのための体験モニター。クチコミ。

ワタシ達に続き,blogでガンガンMacの素晴らしさを広めていってほしいと思います。

募集締め切りは,2007年4月15日(日)まで!
当選者発表は2007年5月上旬の予定とのことです。

・・・貸出されるのは,Leopard搭載の新型Macなんでしょうかねぇ。
羨ましい(^^ゞ


という事で,まだiPhotoで作成したムスメの卒園アルバムが届きません。
3/21に発送のお知らせが来たので,もうそろそろとは思うのですが・・・(涙)
posted by マキパパ at 23:39 | Comment(10) | TrackBack(5) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

[Start Mac #13] iPhotoでムスメの卒園アルバムを

ムスメが入園してから,先日の卒園式まで撮影した写真までをひとくくりにして。
Macの写真管理ソフトiPhotoを使い,卒園記念のフォトブックを作成しました。

前回は作成半ばにしてムスメに見つかってしまい,途中で断念しましたが・・・
今回は卒園式当日の写真も取り込みましたし,子供達が寝静まってからスタート。

カミサンは録画していたドラマを見ているし,誰にも邪魔されません(笑)。

という事で,iPhotoを起動します。

撮りためた写真の数々から幼稚園の様子だけを探すのは大変なので,あらかじめ一つのアルバムに整理しておくことがポイント。

まずは,「ブック」作成のボタンを押してスタートです。

iPhotoブック作成

すると,「ブックのタイプ」を聞いてきます。要は ;

・フォトブックの種類(ハードカバーまたは大中小の3サイズ選べるソフトカバー)
・写真を並べるデザインのテンプレート

を決める訳です。

iPhotoブックタイプ

今回は,幼稚園のお子様な雰囲気も残しつつ,写真を並べるテンプレートも豊富なデザインの「クレヨン」にしました。

画面はフォトブックのレイアウト編集画面へと遷移します。
ここまでの流れは,とてもシンプルですね。

iPhotoレイアウト編集

次に実際に写真を配置して,デザインをカスタマイズします。
写真の配置は,まさに上部の一覧から,マウでドラッグ&ドロップして写真の位置に持っていくだけ。

という事で,表紙にはムスメがお世話になった幼稚園の下駄箱と長靴をレイアウトしてみました。
もちろん表紙のテキスト,フォントスタイルも自由に変更が可能です。

iPhotoデザイン変更

続いて,実際のアルバム部分に写真を配置します。
こちらも ;

・一ページあたりの写真の枚数(ページタイプ)
・写真の配置デザイン(ページデザイン)

を様々に組み合わせて,そこそこカスタマイズをすることが可能です。
どのデザインも,最初から完成度が高いのがさすがですね。

iPhoto5b.jpg

あとは,どんどん写真を配置していくだけ。
一度配置した写真も,元に戻したり他の枠の写真と入れ替えたりと何度でも繰り返すことが出来ます。

また配置した写真も,その部分をダブルクリックすることでズームしたり,ズーム後に微妙に位置を変えたりするのは,先日のスタジオクラスで教わった技だったりします(^^ゞ

iPhotoの技
このように,写真エリアの上部にズームバーが出ます。
この状態であれば,被写体の表示位置も変える事が可能。

まぁ技というよりは,標準機能な訳ですけど(^^;


260枚を越える,ムスメの2年間の幼稚園写真。
もちろん,ワタシが参加できたイベントだけですので全てではありませんが,どうにかこうにか枚数を吟味して絞って絞って・・・

・・・結局46ページもの枚数になってしまいました(^^;(^^;
ちなみにお値段はこんな感じです。

iPhotoブックの値段

ワタシが選択したソフトカバーのサイズ大は,こんなスペック。
サイズ28cm x 21.5cm
価格 2,520円(本体価格2,400円)
ページ数 20ページ
最大ページ数 100ページ
追加ページ 84円/ページ
あれもこれもと選んでいると,どうしてもダメですね・・・(^^;
みんな思い出のある写真ばかりですし!!

購入に同意すると,データの送信が始まります。
製本されたフォトブックは海外から発送されるそうなので,そこに送られているのでしょうか。

ちなみに今回のデータは42.5MBという容量でした。

iPhoto転送

無事にデータの送信が終われば,終了です。

iPhoto注文完了

ここまでかかった時間,わずか3時間程度。
あらかじめ収録したい写真を一つのアルバムとして整理していた事と,あらかじめテンプレートをある程度決めていたのでスムーズだったように思います。

途中,写真の多さからページを増やしたのですが・・・
もとからあったページに表示されていたページ数字が消えてしまうハプニングが。

一度iPhotoを終了させて再度表示すると,また現れる。
試しにページを増やすとまた消えてしまう。

再現性があるのでiPhotoのバグかなと思いますが,最初はページふり直さなくてはいけないかと焦りました(-_-;)


ちょうど同じタイミングで,Start Mac体験モニターメンバーのJunさんがblog「GoodPic.Com」で同じようにiPhotoを利用したフォトブックの作成記事をエントリされています。

iPhoto ブックで、フォトアルバムを作成してみる
トライ&エラーを簡単に繰り返せるので、かなり納得のいくまでレイアウトを吟味することができます。ページの追加も最大100ページまで可能なので、どんどん枚数が増えていってしまうのがキケン。最終的に94ページ!になってしまいましたが、編集作業にかかった時間は3〜4時間ぐらいでしょうか。
・・・あまりの手軽さがゆえに,ページ数が簡単に?増えてしまうのがiPhotoフォトブックの悩みでしょうか(^^;

こちらでは,製本が届くまでもエントリされています。

ウチにも注文確認メールが届きましたが,土日を含まない7〜10営業日で届くとの事。

う〜ん,届くまでが実に楽しみ! (^。^)

アップル−iLife6−iPhoto−フォトブックス(apple.com)
posted by マキパパ at 21:15 | Comment(10) | TrackBack(1) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

[Start Mac #12] ムスメとiMac

Macに収録されている写真管理ソフト,iPhotoを使って,ムスメの幼稚園卒園記念フォトブックを作成することにしました。

先月に銀座のApple Storeで,このiPhotoのスタジオクラスを受講した際のエントリでも宣言しています,ワタシ(笑)。

また取り込んだ写真を使って,カレンダーや写真集,グリーティングカードなども作り,完成見本も見せていただきました。

ふと,ムスメの幼稚園卒園記念に。
この2年間の写真を使って絵本を作ってあげようと思い立ったわけですね。
これが(^^ゞ

iPhotoでは写真管理だけでなく,「その写真をいかに公開するか」という事にも力が入っているソフト。

公開方法が,WebやPodcastingであったり,スライドショーを作成してそれをDVDに焼いたり。
またカードやカレンダーといった印刷物も可能で,その中にフォトブックがあったりする訳です。



4月の初めに,このStart Mac体験モニター修了式と懇親パーティが開催されるのですが,そちらで発表するiLife作品の一つとして持って行こうかなと(^^ゞ


そんなわけで,事前準備にとiPhotoに取り込んだ画像の中からムスメの幼稚園関係の写真で一つのアルバムを作成するべく,作業開始。

・・・をしていたら,いきなりムスメが近づいてきて。

「写真!?見る見る〜!!(嬉々)」

卒園してからのサプライズプレゼントにするため,今フォトブックを作成していることは秘密にしなくては(笑)

という事で,しばらくムスメにiMacを好きなように触らせてあげることにしました。

普段からワタシがiMacを操作している姿を見ているせいか,いきなりマウスを持って画面上のマウスポインタをグルグルさせています。

普段は「触っちゃダメ!!」と言ってあるので,今日は触ることが出来て嬉しいようです。

ムスメとiMac

・とりあえず写真をクリックすれば画像が拡大。
・終了ボタンで元の一覧表示画面。
・一覧表示画面でマウスのクルクルボタンを回すと上下にスクロール。

この3つを教えたら,すぐに色々な写真を見始めました。

子供だけに,こういったデジタルなデバイスも抵抗無く操作しちゃうのね,と思いつつ。

こんなことも出来るんだよ〜と,iPhotoのウィンドウを一時的にDockに隠す操作(いわゆるウィンドウの最小化)をして,ジーニーアクションを見せてあげました。

まさにアラジンと魔法のランプの魔人ジーニーが,ドロンと消えていくがごとくのアニメーション。

Googleで調べてみると,このアニメーションがスローモーションで再生できるようですね。

いとしのイースターエッグたち
[1] アプリケーションやウィンドウを表示します。
 ↓
[2] キーボードの「Option + Shift」を押しながら、ウィンドウ左上の黄色いボタンを押すか、ウィンドウのタイトル部分をダブルクリックします。

ムスメもiPhotoのウィンドウがDockに吸い込まれていく様,そしてまた出現する様のアニメーションに大喜びです。

そしたら,「パパ,見てみて!!」と。
iMacのディスプレイの一箇所を指差しています。

ウィンドウを最小化すると,そのウィンドウがDock上でアイコン状態になるのですが,なんとウィンドウが表示していた「内容そのもの」がアイコン化されるんですね!

ちなみにこんなiPhotoのウィンドウを最小化すると・・・

ジーニーエフェクト1

Mac OS XのDock上では,こんな感じになります。

ジーニーエフェクト2
(ちょいと小さいですが(^^;)

芸が細かいです!! >Mac OS X

そして,そんな細かいところに気づいたムスメも凄いなぁと(^^ゞ
マウスも初めて握ったにしては,それなりに使えているようです。

そんなこんなで,しばらくiMacで遊んでいたのでした。
さ〜て,フォトブックが出来るのはいつになりますか・・・(^^;
posted by マキパパ at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(2) | Start Mac体験モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails