2015年08月28日

アップルが9月9日にスペシャルイベントを開催!「Hey Siri, give us a hint」2015 →Siriに聞いてみた(英語で)

iPhone 6sの発表はもう間違いないでしょう!

アメリカ現地時間で2015年9月9日午前10時より,スペシャルイベントの開催が決まりました。
日本時間では,9月10日午前2時になりますね。

Apple Events - Special Event September 2015 - Apple

関係各所に送られたという招待状のデザインです。

apple-event.jpg
「Hey Siri, Give Us a Hint」

Siriが全面に出てる!
ネットを巡るウワサから「iPhone 6s」が発表されることは間違いなく。
あとは「iOS 9」や「OS X El Capitan」についてももっと具体的な情報も出ることでしょう。

新しいApple TVは?iPhone 6sにもForce Touchは搭載されるの?
想像が駆け巡ります。

毎年のこの記事恒例,日本でのiPhone発売日の歴史!

・iPhone 3G
2008年 6月9日(月) → 7月11日(金) 32日後
・iPhone 3GS
2009年 6月9日(火) → 6月26日(金) 17日後
・iPhone 4
2010年 6月7日(月) → 6月24日(木) 17日後
・iPhone 4S
2011年 10月5日(水) → 10月14日(金) 10日後
・iPhone 5
2012年 9月12日(火) → 9月21日(金) 9日後
・iPhone 5s,5c
2013年 9月10日(火) → 9月20日(火) 10日後
・iPhone 6,iPhone 6 Plus
2014年 9月10日(水) → 9月19日(土) 9日後
・iPhone 6s?
2015年 9月9日(水) → ???

ここ数年は10日前後ですから,今回も9月20日前後になるのでしょうか。

そして1年前にiPhone 6を購入している私,今回は・・・うーむ。
どんな魅力的なハードに,サービスに,そちら次第でしょうか。
何か,何かヒントを!!

ヒントをくださいとSiriに聞いてみた


今回の招待状から,ピンとくる方も多いと思います。
そうですね,そのままSiriに聞いてしまえば良いじゃない。

「Hey Siri, give us a hint」!



・Why don't you check a roumors blog ? That's what I do.
 (なぜあなたは噂になってるブログをチェックしないの?私はよくやってます)
→ それはよくやっていますが,もっと詳しく知りたいのです(^^;

・Well, I hear there's something big happening on September 9.
 (えーと,私は9月9日に何か重大発表があると聞いています)
→ それは私も聞いています。

・Can you get a hint ? No. You may, however, get a what what
 (あなたはヒントを得ることができますか?いいえ,ただし何かを得るかもしれないも)
→ 深すぎてよく分かりません(笑)



・What, you can't tell from my colorful wavey words ?
 (ええ?私のこの色とりどりに紡がれた言葉からあなたは予想できない?」
→ 色とりどりすぎて謎が深まるばかりです。

・The only hint I can give you right now is a hint of lime. And that there's a big announcement on September 9.
 (今あなたに私が与えることができる唯一のヒントは、ライム味。そして9月9日に大きな発表があります)
→ この「hint of lime」が分かりませんでした。よく使われる言い回しなのか知らん?

・Look deep within yourself and you will find the answer. Especially on September 9.
 (自分自身を深く見つめてみて,答えがきっと見つかります。特に9月9日に)
→ 見つめても見つめても見つからない・・・早く知りたいのです。

・・・。

えっと,結局謎は深まるばかりなのでした(^^;
ちなみに今回は「設定」ー「一般」ー「Siri」の「言語」を英語にして問いかけてみました。
「Give us a hint」を繰り返すものだから,子供たちが不審がっており(笑)

ちなみに「ヒントをください」といった日本語でも,ちゃんと答えが返ってくるようです。

とにかく,来月の9日。新しいiPhoneが明らかになります。
それに基づいたテクノロジーや,サービスなども公開されるでしょう。
お祭り!お祭り!

楽しみに待ちたいと思います。


■関連エントリ
アップルが9月9日にスペシャルイベントを開催!「Wish we could say more」2014
アップルが9月10日にスペシャルイベント「This should brighten everyone's day」を開催!2013
アップルが9月12日にスペシャルイベント「It's almost here.」を開催! (2012)
アップルが10月4日にiPhoneのイベント「Let's talk iPhone.」を開催決定! (2011)
Appleが10月20日にSpecialイベント「Back to the Mac」を開催! (2010)
今年も9月9日にアップルのスペシャルイベントが(2009)
9月9日にアップルのスペシャルイベントが (2008)
いよいよ新型iPod? (2007)
posted by マキパパ at 22:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

「トラベラーズノート」の2016ダイアリー発表

昨年から使ってる手帳「トラベラーズノート」。

Canon EOS M2を購入した際のキャンペーンでいただいたものですが,仕事にプライベートに愛用しています。
外側も中身も,自分の好きなようにカスタマイズしていけるのが醍醐味。

そんなトラベラーズノートの,2016ダイアリーの概要が発表になっています。

Traveller's notebook 2016 Diary
2016ダイアリー商品一覧| トラベラーズノート
トラベラーズノートが世に出たのが2006年。
その年の秋に2007年版のダイアリーがリリースされたので、
最初から使い始めている人にとっては、2016年版は10冊目のトラベラーズノートダイアリーとなる。
2016限定アイテムの下敷きは,かつてのアメリカのフラッグ・キャリアであったパンアメリカン航空とのコラボレーションとのこと。
画像の中の,ブルー地に白抜きのロゴが印象的です。

私はこの下敷き,2015年のダイナーのデザインを使っています。

Traveller's notebook 2015 Diary
2015限定アイテム下敷き

ダイアリー部分はカバーバンドで固定していますが,ノート(方眼目のセクションリフィル)は固定せずにさっと単体で取り出せるようにしているのですが・・・
そんなときでも,この下敷きがあるとしっかりと面を固定して書くことができます。
またしおりとしても使えますし,裏面に定規が印刷されているのでそちらも便利だったり。

革カバーとリフィルがセットになったパッケージの他,リフィル単体も。
ダイアリーリフィルは,私は通常の週間タイプを使っています。
トラベラーズノートに浮気?する前にずっと使っていた,ほぼ日手帳のWEEKSも同じく「縦に1週間の見開き」というデザインなこともあって,これが好きなのです。
ほぼ日WEEKSの前は,能率のバーチカルなタイプを使っていたので,トラベラーズノートのバーチカルも気になるところではあるのですが・・・(笑)

強いて言えば,1〜6月と7〜12月の2冊に分かれてしまうのが難点かな。
連結バンドを使ってカバーにセットするのですが,どうしてもそこが盛りっとしてしまうのです。

発売は9月10日から。まだAmazonにもないんだぜ。
楽しみです。



■関連エントリ
「EOS M2 デビューキャンペーン」にて「ロゴ刻印入りトラベラーズノート」が届きました!
世界巡回モレスキン展「Detour TOKYO」をみた@表参道MoMA Design Store
MOLESKINEのノートブック
タグ:グッズ
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

Appleの「WWDC 2015」は6月8日から開催

恒例のアップルの世界開発者会議「WWDC15(Apple Worldwide Develovers Conference)」の開催が発表されました。

WWDC2015
WWDC - Apple Developer (英語サイト)

日時はアメリカ時間2015年6月8日から6月12日まで。
開催場所は,サンフランシスコのMoscone West。
いつものパターンであれば,基調講演は日本時間で6月9日(火)の深夜といったところでしょうか。

テーマは「The epicenter of change.」
直訳すると「変化の震源地」とでもなりますか。
カラフルな円と四角のロゴの意味は・・・はてさて。

「to learn about the future of iOS and OS X」というとおり,未来のiOS(iOS 9?)とOS X(10.11?)の概要が発表ということになるのでしょう。

ちなみにiOSに絡むWWDCの歴史は次の通り。

2008年 「iOS 2.0」「iPhone 3G」「App Store」「MobileMe」など
2009年 「iOS 3.0」「iPhone 3GS」「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」など
2010年 「iOS 4.0」「iPhone 4」など
2011年 「iOS 5」「iCloud」「Mac OS X 10.7 Lion」など
2012年 「iOS 6」「Retinaディスプレイ搭載MacBook Pro」「Mac OS X 10.8 Mountain Lion」など
2013年 「iOS 7」「新型MacBook Air」「新型Mac Pro」「OS X 10.9 Mavericks」など
2014年 「iOS 8」「OS X 10.10 Yosemite」「新開発言語 swift」など

どのような次世代のOSが,アプリケーションが,Appleの描く未来が見られるというのでしょう。
楽しみ,楽しみ!!

・・・予約注文したApple Watchもその頃には届いていますように(^^ゞ

WWDC 2015へのカウントダウンのサイトも登場しています。

WWDC 2015 - AppleTimer


■関連エントリ
今宵の「WWDC 2014」はApple TVで!
Appleの「WWDC 2014」は6月2日から開催
「WWDC2013」の会場に「7」「X」バナーが!
WWDC2012:基調講演のまとめ,そしてビデオで再確認(次世代MacBook Pro,Moutain Lionは2012年7月,iOS 6は2012年秋)
WWDC2011:基調講演のまとめ(OS X Lionは7月発売,iOS 5+iCloudは今年秋に)
WWDC10:ついに「iPhone 4」登場,6月24日発売!
WWDC09:基調講演まとめ(iPhone 3GS!)
WWDC08:iPhone 3GとFOMAとEMONSTERと
タグ:apple
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

Appleスペシャルイベント:新しいMacBookはMacBook Airではなかった

昨晩開催されたAppleのスペシャルイベントで,印象に残ったのは新しいMacBookでした。
時計ではなく!


Apple - Live - March 2015 Special Event

最近のイベント中継は,AppleTV経由で見ています。
昨晩も,コタツに入ってくつろぎながら,コーヒー片手に見ていました。ラクチン。

この米Appleのサイトでは,ライブ中継のスクリーンショットが並んでいます。
こちらも中継に連動しながら,リアルタイムに更新されていました。
以前はどこか中継サイトはないか,画像が見られるところはないかとNETを彷徨ったものですが・・・

Apple公式で対応してくれた訳です。ありがたいことです。

Apple Watch高い!


イベントの順番とは異なりますが,Apple Watch。

こちらはもう事前にリークされた情報通りで,お値段もそのとおりでした。
買うならばスポーツエディション,しかもスペースグレイアルミニウムかな。

スポーツエディションで,サイズ38mmが42,800円。税込価格だと46,224円。
私の腕の大きさだと,きっとサイズ42mmの48,800円。税込価格で52,704円(!)


Apple - Apple Watch

お高いです。いや時計って高いものですし。スマートウォッチですし。
・・・いやいや,やっぱり高いでしょう(^^;

iPhoneとの連携が前提のスマートウォッチです。
普段使っているナイキのアプリ「Nike+Running」が最初から対応を表明してくれているので,気にはなります。
でも結局iPhoneも持って行かなくちゃならないんですよね。うーむ。
走りながらiPhoneを操作するよりは,はるかに状況を把握しやすいとは思うんですけど。

気になっていた耐水性能は,スポーツエディションではそこそこあることが分かりました
防水じゃないです。耐水です。
Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。
ランニングが終わったあとに,Apple Watchつけたままシャワー浴びちゃいけません。

そして気になるバッテリ持続時間。



通常の使用とやらで,18時間。
睡眠6時間とすると24時間で「All-day battery」というのもうなずけます。
が,毎日充電。。。

iPhoneの時も,携帯を毎日充電するなんて・・・という違和感がありましたが,すっかり慣れました。
時計を毎日充電することにも,いずれ慣れるのでしょうか。

時計というデザインのデバイスだけに,どうしても既存の時計と比較しちゃうんですね。
iPhoneと連携したアイデアのあるアプリや,使い方が出てくることに期待をしつつ。
初代Apple Watchは購入見送りかなぁ。

4月10日(金)より,アップルストア直営店での試着と予約が始まります。
ファッションと同じで,試着しちゃうと心が動くかもしれませんけど!(笑)

新しいMacBookはMacBook Airではなかった


記事タイトルを繰り返しちゃいました。
今回のスペシャルイベントで印象に残ったのはむしろこちらの方です。


Apple - MacBook

プレゼンを見ていて感じたこと。
新しい「ノートブック」を生み出すという,徹底したこだわりがビシビシ伝わりました。

新しく開発したバタフライメカニズムのキーボード。
その薄すぎる筐体のほとんどに詰められたバッテリー。
感圧という新しいセンサーが搭載されたトラックパッド。
12インチのRetinaディスプレイが搭載された,余分な部分がない美しいデザイン。
嗚呼,完全なる発明です。

これは買いですよね。これまでで最も軽くて最もコンパクトなMacBook。
920gって,1kg切ってるんですよ?そして1.3cmの薄さだなんて!
お値段だってそこそこじゃない?

・・・ちょっと待て。

頭脳であるCPUは,Intel Core M プロセッサだとぅ?!
処理に負荷がかかるRetinaディスプレイ,それに重いOS X Yosemiteを動かすのに十分なパワー?
一抹の不安感が出てきます。

この違和感て,2008年の初代MacBook Airが出てきた時と似たような感覚。
あの時も,CPU性能の微妙な低さと,それに対する価格設定(当時で22万以上!)のアンバランスさに,ふと冷静になったのでした。



今回の新しいMacBookは,CPUまわり以外はほぼ完璧。
価格帯だって,十分魅力的。なのに,なのに・・・!!

メインマシンとして,様々な処理をガシガシとするのではなく。
NETブラウズ,SNSの読み書き,ブログを買いたり,サブマシン的な使い方。
でもこれだと,iPad Airにキーボードをつけたマシンじゃない。言い過ぎ?

USB-Cが一つきりというのも賛否出ていますが,これだと現状ではiPhoneもそのまま接続する事が出来ません。
うーむ,そこもワイヤレスでやれと?!

まぁ私の中で期待していた,「MacBook Air Retina」じゃなかったということです。
様々なシチュエーションがあり,新しいMacBookが買い!という方も大勢いて当然だと思います。



スペシャルイベントと同時にオンラインのアップルストアでも公開されたわけですが・・・
現時点でまだ注文が出来る状況ではありません。
即ポチっと出来る環境じゃなくて,良かった?(^^;

同時発表の幾つかのマイナーバージョンアップしたMacBook ProやAirとの比較。
Macのモデルを比較する - Apple Store(日本)

やはり新しいキーボードの感じや,感圧トラックパッド操作感を試したり。
どれくらいサクサクと重いOS X Yosemiteが動くのか。
この先のOSバージョンアップに耐えうるのか。

毎年買い換えるもんじゃなし,これを買って,2年とかそれ以上戦えますかと。
実際に実機を見て触って持ち上げて,見極めてからでも遅くないかもなぁ。

いずれ出るであろう,USB-Cを搭載してより薄く軽くコンパクトになった「真の」MacBook Air Retinaを待ち続ける?
まぁこちらも実機の動作を見て,ポチるかもですけれども(笑)


以上,昨晩のスペシャルイベントの感想でした。


■関連エントリ
アップルが3月9日にスペシャルイベントを開催!「Spring forward.」2015
Macworld 2008:基調講演のまとめと「Air」考 (2008)
MacBook Air触りました!(Macworld 2008報告会) (2008)
posted by マキパパ at 10:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

アップルが3月9日にスペシャルイベントを開催!「Spring forward.」2015

米アップルより,メディア関係者に招待状が送られたようです。

Apple Spring forward. 2015
Spring forward.

時間は,アメリカ現地時間で3月9日(月)の午前10時から。
日本時間だと,3月10日(火)の深夜2時からスペシャルイベントの開催となります。

"Spring forward"で思いつくのは,"Spring forward, fall back.(飛び出して後ずさる)"という慣用句。
サマータイムの変わり目で,時計を進めるのか遅らせるのかを覚えるための言葉でしたが・・・

時間。
時計。

そう,既に今春発売との発表のあった,Apple WATCHについての正式な発表があると思われます。
他にウワサのあるのは,12インチのMacBook Airや,大型化した12インチiPadなどがありますでしょうか。

米Appleのサイトでは,イベントの模様をいつものようにストリーミング中継することが発表されています。

Apple - Apple Events - Special Event March 2015
Live streaming video requires Safari 5.1.10 or later on OS X v10.6.8 or later; Safari on iOS 6.0 or later. Streaming via Apple TV requires second- or third-generation Apple TV with software 6.2 or later.
すなわち,OS X 10.6.8以降のSafariや,iOS 6.0以降が搭載されたSafari,あとは第2世代・第3世代のApple TVがあれば,中継が見られると。
毎度ながら,画質も綺麗な中継なんですよね。こちらも楽しみです。

日本時間の3月10日まで,2週間を切っています。
当日はまたコタツに入りながら,リビングにあるApple TVの大画面で楽しむことにします。

ファッションとしてのApple,磨きがかかるかどうか。


■関連エントリ
今宵の「WWDC 2014」はApple TVで!
アップルが9月9日にスペシャルイベントを開催!「Wish we could say more」2014
タグ:apple AppleWATCH
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

「ブルーボトルコーヒー」清澄白河ロースタリー&カフェが本日オープン。コーヒー飲むのに4時間待ち?!

アメリカで大人気のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」がついに本日オープン!

日本の1号店は,清澄白河ロースタリー&カフェ
海外各地から届いた豆を焙煎する工場でもあり,その煎りたての豆でバリスタが作るコーヒーが飲める店舗でもあります。

blue bottle coffee kiyosumi 2015

ブルーボトルコーヒーは私も気になっていて,このblogでも取り上げていました。

コーヒー界のアップル?!「ブルーボトルコーヒー」が日本進出 - くうねるあそぶ

「サードウェーブ」「コーヒー界のアップル」など異名を持つブルーボトルコーヒー。
その特徴や由来,そもそもサードウェーブって何?なんてことをまとめています。

コーヒー1杯飲むのに2時間〜4時間待ち?!


本日,2/6(金)オープンという情報はずいぶん前から出ていました。

今日は人間ドックだったので,ドック中にSNSで情報をチェック。
さすがに話題が集中しています。

・・・?!

@fashionsnapのつぶやきで「10:30AMの時点で2時間から2時間半待ち」との情報が。
似た様な情報はたくさん出ていて,

開店前で既に100人並んでいる
13時近くでも300人くらいの行列が続いている
14時過ぎて「4時間待ち」と言われる
16時で行列に並ぶのを締め切られた

Oh... 過熱すぎ!!!

店内の席数ですが,Pressによれば8席とのことで(つぶやきには24席というのもありましたが),それも時間がかかる理由でしょう。
ブルーボトルコーヒーでコーヒーをゆっくり楽しむには,まだまだしばらく先のようです。

ブルーボトルコーヒーのドリップコーヒーは450円〜550円


投稿された中にはメニューをアップしてくれているものもありました。
抜粋します。
●ドリップコーヒー
・シングルオリジン 550円〜
・ブレンド 450円
・オレ 500円
●エスプレッソ
・エスプレッソ 450円
・マキアート 460円
・ジブラルタル 480円
・アメリカーノ 450円
・カプチーノ 500円
・ラテ 520円
・モカ 600円
●ノンコーヒー
・ホットチョコレート 600円
・キッズ ホットチョコレート 500円
・ウォーター 300円
・スパークリングウォーター 300円
一杯あたり,500円前後という結構強気の価格設定です。
カップの大きさまでは分かりませんが(そもそもサイズの種類は無さそう),良いお値段。

アメリカのBlue Bottle Coffeで画像検索すると,メニューも探せたり。
・エスプレッソ $2.5
・マキアート $3
・カプチーノ $3.25
・ラテ $3.75
・モカ $4.75
などなど,1ドル120円と計算しても日本のお値段は高めの設定ですね。

ミーハーな性分なので,もちろん早くに訪れたい!のですが・・・
グッズもいろいろと気になるのですが・・・
流石に4時間は待てないです(^^;

Aaaaaand we're open!

Blue Bottle Coffeeさん(@bluebottle)が投稿した動画 -



Now all that's left to do is...well...make coffee, nonstop, all day.

Blue Bottle Coffeeさん(@bluebottle)が投稿した写真 -



ちなみに,2号店は青山にて3/7(土)にオープン。
「青山カフェ」というスタイルの店舗で,焙煎所はつかない模様。

そして3号店も代官山にこの春オープンだそうです。
またニュースになりそうですね!


■関連エントリ
コーヒー界のアップル?!「ブルーボトルコーヒー」が日本進出
浦和駅西口に再びタリーズ登場!「浦和さくら草通り店」5/15 OPEN! (2014)
「やじろべえ」で至極のカフェ・カプチーノをふたたび@浦和(珈琲店)
posted by マキパパ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

角川書店の電子書籍が60%以上オフになる「角川書店 冬の大型フェア」1/29までKindleストアで開催中!

もうタイトルオンリーなわけですが。

年末にかけてKindleストアではセール続出でしたが・・・
このタイミングで,また角川書店のフェアを開催しています。

角川書店 冬の大型フェア

2015 Kindle 角川書店 冬の大型フェア

このエントリを執筆している時点で,対象は7,820冊。
それらが概ね60%オフというお祭り!

角川書店のKindle本が,こうして溜まっていく一方なわけでして(笑)
でもまだ購入していない本もあるのですから,助かります。

取り急ぎ,ちらっとタイトルを見てましたが・・・

あの「ヒゲ」のポスターが印象的な,ジョニー・デップ主演の「チャーリー・モルデカイ」の原作が,Kindle化してますね。

期間は,1/29(木)の23:59まで。まだ1週間ある!

お早めに。



■関連エントリ
新しい「Kindle Paperwhite」を手動でソフトウェアアップデートする方法
Kindle PaperwhiteにBUFFALOの反射防止保護フィルムを
新しい「Kindle Paperwhite」開封の儀! (2013)
読書の秋に新しい「Kindle Paperwhite」が届きました! (2013)
posted by マキパパ at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | NETスクラップ (デジタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails