2013年08月02日

ドーラ船長の若かりし頃

今宵はバルスです。(*1)

いや「天空の城ラピュタ」の放映があったわけです。
息子と最後まで見ていました。

今宵の鑑賞で今更気づいてしまったことがあり・・・。
それは「ドーラの若かりし頃」!

ドーラと言えば,海賊ドーラ一家の頭領。
シャルル,ルイ,アンリの海賊3兄弟のママでもあります。(*2)

物語の途中,シータから「ラピュタのことは忘れて」と言われ,打ちひしがれ家に戻るパズー。
と,そこに居座って勝手に食事をとっていたドーラ一家。

このシーンでのセリフ。

ドーラ「シータがそういった?馬鹿。お前を助けるために脅かされてやったに決まってるじゃないか。」
ルイ「よくわかるねぇ、ママ。」
ドーラ「伊達に女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。私の若いころにそっくりだよ。お前達も嫁にするならああいう娘にしな。」
ルイ「え?ママのようになるの?」
シャルル「あの子?」

私の若いころにそっくり(!)

いや,このくだりは全くもって覚えているわけです。
なのに,この後のシーンでそれを意味するような絵が出ていたとは・・・

ということで,このシーンでした。
タイガーモス号に乗って,動きやすいようにとドーラがシータに貸す服を探す場面。
DVDで言うところの,1:09:48あたり。ドーラの寝室でしょうか。

スクリーンショット 2013-08-03 0.02.59.png

ん?この壁画に描かれている女性は?!

スクリーンショット 2013-08-03 0.04.22.png

この太いおさげ,そして巨乳(笑)

このお姿こそ,ドーラの若い頃・・・ですよね??
シータにそっくりだよ!
言い伝えは真であった!! (C)大ババさま

何故でしょう,今頃になって気づいたの。
1986年の映画で,テレビでもDVDでも何度も見ているはずなのに。

ということで,思わずサクッとblogエントリでした。


*1 めでたく?今年の正月の“あけおめ”(毎秒33,388ツイート)で抜かれた前回のバルス記録(毎秒14,594ツイート)を,今回また追い抜いたようです。

*2 この名前ってば,みんな中世フランスの王様の名前じゃない。




■関連エントリ
「天空の城 ラピュタ」を観終わって小学4年の息子と語り合ったこと
タグ:映画
posted by マキパパ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

映画「ダークナイト ライジング」を観てきました(ネタバレあり)

ずーーっと観たかった,ダークナイト ライジング(原題:The Dark Knight Rises)。

映画『ダークナイト ライジング』公式サイト

新生バットマンの3作目にして,三部作の完結編です。
ここ最近,テレビでも前作の「ダークナイト」放映してたりしましたからね。
ダークナイトも152分の長尺でしたが,ダークナイト ライジングはさらに長い165分(!)

でもダークナイトもそうでしたが,今回もその長さを気にすることなく,集中して観ることが出来ましたよ。
観たのは単身赴任の地,静岡の映画館CINE CITY ZART

残念ながらIMAXの巨大な画面というわけにはいきませんが,そこはそれ。

ダークナイト・ライジングなう
伝説が,壮絶に,終わる。

休みの日だったので,夕方すぐに観られる日本語吹替えか,レイトショーまでまたなくちゃの字幕スーパー版か迷ったのです。
でも結果として字幕版。個人的には正解!

なぜか。
・・・あとはネタバレになるので,改行します。

壮絶に終わるの?終わってしまうの? (続きを読む)
タグ:静岡 映画館
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました

今日は公休,カミサンと予定していた映画「アリス・イン・ワンダーランド」を見てきました。@ユナイテッド・シネマ浦和

「アリス・イン・ワンダーランド」オフィシャルサイト
※このサイト,Firefoxではエラーが出ます・・・
↑ワタシのWindowsマシンの環境のせいかも。Mac版FirefoxではOKです

Alice in wonderland

ワタシもカミサンも大好きな,ティム・バートン監督の作品。
本当なら3Dで観たかったのですが,子供たちが小学校から帰るまでの時間で川崎のIMAXにも行けず。
地元の映画館で通常の2D,ただし字幕で鑑賞です。

ジョニーデップは地声じゃないとのぅ!

パラドクスと不条理と非現実的な世界 (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

映画「ドラえもん のび太の人魚大海戦」を観てきました

公休の今日は,春休み中の子供たちとドラえもん映画を観てきました。
ユナイテッド・シネマ浦和

映画館でドラえもんを見るのは,実に久しぶり。
ってか,子供たちとは初めてのこと(!)

「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」公式サイト
ひみつ道具「架空水」で町を海の底にして,本物の魚を泳がせて遊んでいたのび太とドラえもん。そこへ迷い込んできたのは,なんと五千年前に地球へやってきた人魚族の王女・ソフィア。ドラえもんたちはソフィアと一緒に海の世界へ・・・。
draemon
映画「ドラえもん のび太の人魚大海戦」

ドラえもんの映画,もう30周年なんですねー。
ちなみにYahoo!でも特集が組まれていますね。

大人のためのドラえもん特集2010 - Yahoo! JAPAN

ちなみにiPhoneやiPod touchへのアプリのインフォメーションを見せることで,鑑賞料金が割引になるキャンペーンもしています。

draemon×yahoo
ドラえもんiPhoneアプリケーション登場! - Yahoo! JAPAN

大人が300円引き,子供が200円引き(最大4名まで)となります。
ウチも早速子供料金を割引に(ありがとございまーす)。

ということで,以下ネタバレ。


なのでドラえもんなのです! (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

映画「2012」を観てきました

今日は公休,カミサンと急遽決まった映画「2012」を観てきました。@ユナイテッド・シネマ浦和

2012 - オフィシャルサイト

ネタバレも何も,とにかく地球上の文明が大規模な自然災害によって破壊されていく映画です。それだけ!
その破壊されていく様は,映画館の巨大なスクリーンでこそ迫力が増し,そして肩に力が入りまくって・・・かなり疲れます(^^;

2012 Movie

世界中で地震や津波などの大災害が起こる中,必死に生き延びようとする人々。
地球の崩壊が進む中,ジョン・キューザック演じる家族を守ろうと奮闘する主人公。

スクリーンから一瞬とも目が話せない2時間半でした・・・

一応,改行を。

2012はディザスタームービーです (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

映画「20世紀少年<第2章>最後の希望」を観てきました

今日は公休,カミサンと前々から約束していた映画「20世紀少年<第2章>」を見てきました。@ユナイテッド・シネマ浦和

映画「20世紀少年<第2章>最後の希望」公式サイト

半年前の2008年9月半ばに,第1章を観たのでした。
ちなみに今回の第2章公開の前に,この第1章がDVD・Blu-ray化されましたが,「終わりの始まり」というサブタイトルがつきましたね・・・

20th Century Boys Part2
「20世紀少年」−第2章−最後の希望
えぇ原作を知りませんから。
こうなったら3部作全て観るまでは,読みませんから!
と前のエントリで書いたものの。

あれから我慢できずに・・・
20世紀少年,21世紀少年と原作を全巻読破していたりします(^^ゞ

以下ネタバレ含みます (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(2) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

映画「レッドクリフ」を観てきました

今日は公休です。

ムスコを幼稚園に送った後は・・・
カミサンと約束していた映画「レッドクリフ」を観ることに。
ユナイテッドシネマ浦和

今日は水曜日でレディースデーで,カミサンは1,000円。
そして初回上映ということで,ワタシも1,200円。
オトクです。

レッドクリフ(RED CLIFF)公式サイト

レッドクリフ=赤壁。
三国志の最大の見せ場である「赤壁の戦い」の映画化です。
二部作のうちの1回目(Part I)となります。

photo.jpg
18年来,その映画化の構想を温めてきたジョン・ウーは夢の具現化にあたり,80万の兵士を擁する曹操軍に対し,劉備軍と孫権軍が同盟を組んで立ち向かう最大の見せ場”赤壁の戦い”をもとにオリジナル脚本を書き下ろした
三国志,赤壁の戦い,そしてジョン・ウー監督。
ジョン・ウー監督といえば,アクション。美学。

もう,楽しみにしていましたよ!

以下ネタバレ含みます・・・ (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画とHomeTheater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails