2014年06月03日

「餃子坊 豚八戒」のバリエーション豊富な餃子にハマる!@阿佐ヶ谷(餃子・中華料理)

ビール好きで餃子好きな仲間と行ってきました。

阿佐ヶ谷で,というか東京でも5本の指に入る餃子の名店です。
場所は,中央線の阿佐ヶ谷駅。
駅南口を右折し,線路沿いに路地を歩いて左の角でした。

餃子坊 豚八戒
餃子坊 豚八戒

小さな作りのお店です。
L字のカウンター席で,席は7人か8人くらいでしょうか。
しかも有名店というからには,この大きさは行列は必至でしょうね。

営業時間は18時から。
予約も出来るのですが,この18時からの最初の回だけなのです。
この日のメンバーは,最終的に6人。
4人以上の予約で利用できるという,2階席を案内いただきました。

ちなみに2階に上がるには,とうぜん階段を上がるわけですが・・・
階段というか,ハシゴです(^^;

手すりも何もないので,苦手な人はキツイかも。スカートも危険。
あと,2階への入口も非常に狭い作りになっているので,通り抜けるのが大変。
まぁ私は通り抜けられましたけどね(笑)

ハシゴの直ぐ下がトイレなのですが,酔っていてここを下るのは慎重になります。
慎重に,慎重に。餃子はもうすぐ。

>> 5種類のオリジナル餃子を2周する!(続きを読む)
タグ:中華料理
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

「料理処 石屋」週末限定ランチのから揚げ定食がアツアツ!@浦和(割烹居酒屋)

Facebookで流れてきた情報で,浦和の美味しそうなランチのお店を発見。

いや,ずっと前からそのお店の前は何度も通ったことがあるのですが,なかなか入れなかったのです。
だって老舗料亭。割烹居酒屋。ちょいと敷居が高い。

ただ,その情報によればランチが中々にリーズナブルなのです。本当に?
さっそく休みの日に,行ってきました。
サンクス,もっぴー

場所は,枝垂れ桜で有名な古刹,玉蔵院の横です。
浦和駅からだと,コルソや伊勢丹を通りすぎて中山道へ,7分くらいでしょうか。

料理処 石屋@浦和
浦和の割烹居酒屋|料理処 石屋

老舗なのです。ウェブサイトを見ても分かりますが,昭和15年(1940年)創業。
今の場所は2013年に移転したとのことで,建物は新しさがあります。

暖簾をくぐるのに・・・勇気が要るぜぇ(笑)
でも外に出ていたランチメニューで,ほっと一安心。
ランチは確かにリーズナブルでした。ウワサは真であった!

>> から揚げ定食は週末(金・土)限定です(続きを読む)
posted by マキパパ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

「楽亭」のメニュー豊富でどれも安心な定食が懐かしい@中浦和(お食事処)

結婚15周年の前日に,公休だった私。

ランチがてら,昔なつかしの地「中浦和」をカミサンとサイクリングでした。
結婚して,娘が生まれ,息子が生まれ,娘が幼稚園に入園するまでの5年間住んでいた街。
娘は今年中学2年生に上がりましたので,逆算すると9年前までいた事になります。

当時住んでいたマンション,どうなったっけ?から始まったサイクリング。
周辺を走ってて,とても変わった所,変わらない所,思い出すこといろいろありすぎ!

途中でお腹が空いたねと,寄った場所は。
中浦和にいた頃,何度も通った中浦和駅前の定食屋「お食事処 楽亭」でした。

中浦和 楽亭
とにかくメニューが豊富なんです!

こちらに載っていないメニューも,壁メニューに書いてあったりします。
まぐろの生姜焼き定食なんか,いつも品切れで食べられなかった思い出が(笑)

久しぶりの楽亭の定食。
早速いただきます!!

>> 変わらない安心感。ザ・定食屋さんです (続きを読む)
posted by マキパパ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

「焼肉かんや」で栃木和牛の柔らかホルモン!@那須(韓国家庭料理)

春休みの那須旅行
ドライブで到着した初日の夜に向かったのは,焼肉店でした。

肉です。ええ肉です。もちろん肉。

今回チョイスしたお店は,韓国家庭料理の「焼肉かんや」というお店です。
メインは炭火焼肉!

那須炭火焼肉かんや
▼ 公式サイト ホーム - yakinikukanya ページ!

那須街道沿いのお店です。

那須インターを降りて,宿泊先のカントリーコネクションに向かう際に,この那須街道(17号)を北上します。
その途中にあるお店ですね。(*1)

あらかじめ予約をしてありましたので,早速入りましょう。

>> 栃木和牛をしっかりと楽しめます!(続きを読む)
posted by マキパパ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

祝!13周年の「和浦酒場」で寿司ナイト!@浦和(居酒屋)

浦和のホームグラウンドである「和浦酒場」。

2001年3月3日にOPENしたこのお店は,桃の節句に毎年何かしらイベントをしてくれるのです。
今年は「寿司ナイト」!


和浦酒場本店十三周年 寿司Night

ほぅ。そうきましたか。
店長の和さんが,寿司職人の腕を存分にふるうとか(!)
ちょうど公休だったもので,子供たちを寝かしつけた後にカミサンと遊びに行きました。


3月3日は寿司Night!!

店頭には黒板の手書きPOPが出ています。
入口のすりガラス越しに,早くも人がいっぱいいる雰囲気。
でも先行で入っていた地元友人に席をとっていてもらいましたよ。サンクス!

では早速13周年の店内へと入ります。

>> いつもは無いメニューでもさすがの美味しさ!(続きを読む)
posted by マキパパ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

「丸喜」にて浦和でもエイジングビーフ!@浦和(熟成和牛焼肉)

新年は1/2から昨日1/6まで働いており,ようやく本日公休なワタシ。
逆に子供たちは今日から3学期スタート。そして半日で終了。

そんなこんなで,夜は家族で食べに行きましょうということになりました。

娘は昨日まで冬期講習お疲れ様。息子はスケボー上手くなってね
パパお仕事昨日までお疲れ様。カミサンいつもありがとう。

そんな理由をつけてたら,もう「お肉食べよ!」しか無くてですね(^^;
以前行ったことのある大宮のエイジング・ビーフに連れて行きたかったのですが,ちと遠いよ〜と子供たちが渋りまして。

浦和で探してみたところ。
あら近くにエイジングビーフな焼肉店があるじゃないですか(!)

ということで,浦和パルコのスタバで作戦会議の後に,向かった先は・・・

熟成和牛焼肉 丸喜
熟成和牛焼肉 丸喜

「丸喜」と書いて「まるよし」と読みます。
マルキじゃありません。ちと紛らわしい(笑)

浦和駅の西側出口から,線路沿いに北へ。
イトーヨーカドーを超えて,いつもの和浦酒場が見える辺りでパインズホテル方面に向かう小道に入ると,すぐにこの看板が見えます。
地下1Fはアーロンというブリティッシュパブ。その2Fが「丸喜」ですね。

熟成和焼肉とは
熟成和牛肉とは

一定の環境で,20日から40日も寝かせるエイジングビーフ。
お肉が柔らかくなり,旨味も増すわけです。
それはもう旨いのです。大宮の「エイジング・ビーフ」でも経験済み!

さらに「当店は全部位をご堪能頂く為に,和牛を一頭買いしておりますので,稀少部位もおいしく低価格でお楽しみ頂けるようご用意しております」とのことで,これはもう嬉しい限り。

早速店内に入ります!

牛一頭買いならではの希少部位も!(続きを読む)
posted by マキパパ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

ボジョレー・ヌーヴォー2013解禁日に有楽町で旬のワインを楽しむ!@有楽町ワイン倶楽部(ビストロバル)

今年もサントリーさんにお誘いいただき,ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日に楽しんで参りました。

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は,毎年11月の第3木曜日。
今年は11月21日(木)になります。

今年のパーティ会場は,有楽町にあるビストロバル。
その名も「有楽町ワイン倶楽部」でした。

銀座・新橋駅のワインバー・ビストロバル 有楽町ワイン倶楽部

有楽町駅を降りて少し歩いたところの地下1F。
階段を降りると大きな看板が目に入ったのでした。

BEAUJOLAIS NOUVEAU 2013
2013ボジョレー・ヌーボー 祝・解禁

毎度のうんちくになりますが・・・

ボジョレー・ヌーヴォーは,フランス南東部,リヨンの北に位置するボジョレー地区の畑のぶどうでつくられた新酒です。
またボジョレー地区の上には更に限定された地域があり,ボジョレー・ヴィラージュ地区といいます。

ボジョレー・ヌーヴォーの条件は,「その年にボジョレーで収穫されたガメイ種のブドウ100%である」こと。
赤ワイン用のガメイ種ですから,赤い新酒のワインとなるわけです。

なので市場には白のヌーヴォーもありますが,それは「ボジョレー」ではありません。
ボジョレー・ヌーヴォーの白ちょうだい!となると,いやいやいやとなるわけです。注意。

もっとも,白だって新酒のヌーヴォーがあるわけですから,ウェルカムです。
実際私も普段は白を飲む方が多いですから,白のヌーヴォーも毎年楽しみなのです!

BEAUJOLAIS NOUVEAU 2013
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2013

ということで,ジョルジュさんが作った今年のヌーヴォーたち。
美味しくいただきますよっっ!

いただいたヌーヴォーはこの5種類!(続きを読む)
タグ:ワイン
posted by マキパパ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

recent article


Related Posts with Thumbnails
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。