全長90センチの迫力「フィッシャープライス ウルトラ恐竜スパイク」は大きかった!



ズーン,ズーン。

ぼくが歩くとそんな音がするよ。
こう見えても全長90cm。全身稼動のロボット恐竜なんだ!


そんなぼくの名前は「スパイク」

アメリカの知育玩具トップブランド,フィッシャープライス社で作られたんだよ。
はるばると浦和までやってきたのさ。

DSCF1033
ぼくたちはすぐに仲良しになりました

この子もぼくを気に入ってくれたみたい。
これからいっぱいいっぱい,遊ぼうね!!


・・・ということで大型の4足歩行ロボット,フィッシャープライス ウルトラ恐竜スパイクCyberBuzzさん経由でモニターさせていただくことになりました。

ちなみにモニター後は,そのままいただけることになっています。
ありがとうございます!!

一見して分かるのは,その恐竜本体の大きさ。
奥行91×高さ70×幅26.5cmという大きさです。

届いた箱も,そりゃ大きい!(笑)

DSCF1022
足を曲げたムスコも隠れてしまう大きさ

箱が届いてから,しばらく時間がとれずに「おあずけ」状態だった恐竜スパイク。
ムスコも「まだ開けないの?」「まだ??」とだいぶおねだりでしたが・・・(^^;

ようやくの休みの日,早速開封です!!

DSCF1024DSCF1025
外箱の一部も大きく開いて英語でその特徴が

ちょっと困ったのが,この箱の開け方。
つい上蓋を開くのかな,横を開けるのかなと探してみるも,それらしいものがアリマセン。
結局紙の隙間をビリリとこじ開けて,箱の片方を開きました。

DSCF1026
・・・これで開け方は合っているのか知らん??

なにはともあれ,中を引っ張り出しますよ。
この瞬間,ムスコもワタシもドキドキワクワクです。
大きさが大きさだけに,やはりねぇ(笑)

DSCF1028
こんなん出ました!!

すべてが針金止めしてあります。
説明書が首の下のリモコンの後ろに括りつけられていたのですが・・・
説明書は固定せずとも,開封してすぐに見られると良いなと思いました。

さぁ,この拘束具を早く解除してあげないとね!

DSCF1029
全て解除したら組み立てです

パーツは,恐竜本体と前足2本,後ろ足2本,尻尾の先の6つです。
組み立ても実に簡単なものです。

DSCF1030DSCF1031
分かりやすく目印が

4本の足を本体に取り付けますが,その全てに■とか★などのマークが入っています。
おなじマークの部分を,それぞれ取り付けてあげればOK!
これは分かりやすいですね。

取り付けもパチンと押し込むだけです。
ドライバー等は一切不要。

おっと!電動ロボットなので,遊ぶには電池が必要ですね。

DSCF1035DSCF1037
本体とリモコンの両方に必要になります。

本体側は充電式電池。リモコンは単三電池が3本必要です。
ちなみに単三電池は付属していないので,別途準備しておく必要あり!

DSCF1034DSCF1042
本体側の充電池

満充電までは,おおむね4時間かかるそうな。
ただ,箱から開封した時点で若干?充電が完了しており,リモコンの電池を用意するだけですぐに動かすことが出来ました。

そのあたりは,嬉しい配慮ですね(^.^)

DSCF1038
よし,遊ぼうか!

DSCF1041
うん!!

こう見るとスパイク,何気にカワイイ顔をしています(笑)
つぶらなヒトミも,たまに瞬きをするギミックの細かさです(!)

リモコンには6つのボタンがついています。
(1)4足歩行で前進&左右に方向転換
(2)首が上下に大きく動く
(3)口をあける、とじる
(4)立ち上がって、大迫力で吠える
(5)頭を下に下げて、鼻をくんくん
(6)お楽しみボタンで、笑う、あくび、くしゃみも!
基本的に前進のみ。後退することはできません(^^;

後ろに戻るためには,おおきく右なり左に旋回しないといけないのですが・・・
体が大きいだけに,なんとも大回りになってしまいます(笑)

後退するメカな機構は,難しかったのでしょうか・・・

ちなみに(4)の立ち上がって吠えるのは,確かに迫力です!
ビデオをどぞー。


ががが,がおー!

さぁここで。ずっと様子を見ていたムスメが乱入!
ムスメも操作したくて,我慢出来なくなった様子です(笑)

「ウルトラ恐竜スパイク」の対象年齢は,3歳から10歳。
うん,まだ大丈夫(^^ゞ

先ほど書いたように,リモコンでの主な操作は6つ。
すぐにその操作を覚えた,ムスメとムスコ。
早速,なにやら自分たちのルールを決めて遊んでいます。

DSCF1043DSCF1047

DSCF1048DSCF1049

どうやら付属の骨や,岩ボールを口にくわえさせ・・・
洗濯物で作ったスパイクの「家」に運び込むというルールのようです。
その様子もビデオでどぞー!


こういうときって子供たちは遊びの天才ですね

ああ残念,ここで充電池がなくなる・・・
そうですね,ちゃんと充電してあげないといけませんね(^^;

ということで,ムスコの友達が遊びに来ても,リモコンの取り合い必至な「ウルトラ恐竜スパイク」。
ムスコも大いに気に入ってくれたのでした!

かといって・・・

DSCF1054
はいどぅはいどぅ!

スパイクに乗って遊ぶことは,出来ませんから!!(^^;



フィッシャープライスのCM




この記事へのコメント

  • けんぽ

    これは欲しいが、我が家には置き場所が確実に無い^^;

    バックさせるとなるともうちょっと複雑機構が必要ですよ~。
    2009年11月24日 11:27
  • マキパパ

    >けんぽ さん

    確かに大きいです。迫力です(笑)

    なるほど,やはり後退させるのは単純に歯車を逆回転させるだけでは駄目なのですね(^^;
    そのあたりは仕方の無いところでしょう・・・
    2009年11月27日 02:37

この記事へのトラックバック