後厄のお払い

今日は仕事が休み。

カミサンの後厄の御祓いを地元の神社で行ってきました。

昨年が女性大厄の本厄33歳でしたので,今年が後厄。
多少はトラブルもありましたが,大きなケガも無くどうにか乗り切れましたので(^。^)
お札をお返しして,きちんと後厄の御祓いもしてと・・・

ハプニングは忘れた頃にやってくる。
いや,予期してたというべきか?

木曜日の午後4時前という事もあり,私たち家族の他は誰もいない神殿内。

5歳になるムスメは,御祓いの最中も集中できるだろうと心配はないのですが,2歳になるムスコは・・・祝詞を上げる時間が持つはずもなく。

カミサンが前面に座り,ワタシと子供達がその後ろで座って待機する形ですが,ムスコは御祓いが始まってまもなくソワソワ。

予測はしていたので,すぐさま棒付きキャンデーを取り出して渡す。

しばらくは大人しくしてると思いきや・・・

キャンデーを口に含んでワタシの抱っこという結界を抜け出すと,久しぶりのだだっ広い畳の空間を大いに気に入った様子で,「ゴロンゴロ~ン」と言うと横になって転がり始めました(!)。

ゴロ~ンと言いながら,20畳近くはある神殿の畳を端から端まで転がるムスコ。
止めようにもカミサンは御払いを受けている当人ですし,ワタシもなんか動き出すタイミング?を逸してしまい。

カミサンもムスメも,笑いをこらえるのに必死です(^^;

ゴロンゴロンと転がって満足したのか,ワタシの「メッッ!」という怒った顔が効いたのか,ようやくワタシの腕の中に戻ってきました。

と,同時に御祓いが終わり,神主さんがこちらを振り向く!!
間一髪!!!

いや,これを間一髪と言うのでしょうか?(笑)

最後に御祓いしてもらったお札とお守り,そして御神酒を貰ったのですが,すぐさま食べ物の気配を感じたのか「何貰ったの?何?」と神主さんに聞く始末。

流石に神主さんも笑っていましたねぇ。

バチアタリムスコ,怖いもの知らず。

この記事へのコメント

  • 天のがわ

    こんにちわ
    w(^^;;)・・・ 息子さん。。ww
    可愛い~~~~~~!!!!! ^^
    記事読んで思わず微笑んでしまいました。(笑
    でも・・ 現場に居た皆さんは
    ハラハラドキドキ物でしたよね。w(^^;
    うふふふふふwww
    分かるわぁ~~♪^^;
    とにかく!
    転がって畳の広さを満喫できたし!
    厄も落せてみんな良かった良かったwww
    お疲れさまでした~~w b(^^;
    2006年03月10日 17:18
  • マキパパ

    >天のがわ さん

    可愛い反面,ムスメが2歳のときの同じようなシチュエーションの時には大人しくしてた事を考えると・・・

    オトコノコとオンナノコの違いでしょうかねぇ?

    でも。

    ちょこっとワタシもあの広さの(しかも神殿というシチュエーションで)ゴロンゴロンしてみたかったりして!!

    ( ̄bー ̄)シィーッッ!
    2006年03月10日 23:54
  • けんぽ

    多分私は息子と一緒にやってますよ。^^
    2006年03月11日 09:17
  • 天のがわ

    こんにちわ
    うははははw(^^;
    マキパパさんもけんぽさんも。。(爆
    みんな・・ 気持は同じね♪w
    ゴロンゴロンやりたいのねぇ・・w(^^;;
    やっぱり女の子は基本的に親から離れて行かないですよね。(・・* 
    ウチの娘もそうですよ。^^
    飼ってた犬も同じよ~~♪b(^^;
    メスは鎖に繋いでなくてもズーーーっとウチの周りに居るのに・・
    オスは鎖をぶち切って (・・;
    直ぐに居なくなってしまう!息子さんと同じ。。(笑
    男の子は1人でもどんどん遠くに行っちゃう(笑
    友達の息子さんはそうねぇ。。(^^;;
    人間でも小さい頃から男の子と女の子は違うよね・・ (笑
    2006年03月11日 14:48
  • マキパパ

    >けんぽ さん

    流石けんぽさん!(笑)

    でも奥さんの視線が・・・痛そう(^^;
    2006年03月12日 09:24
  • マキパパ

    >天のがわ さん

    そうですね,子供とはいえ男女の性格の違い?の様なものを感じました。

    オトコはみんな鎖を断ち切って遠くに行ってしまう・・・
    意味深!! w
    2006年03月12日 09:26
  • でっちん

    後厄も終盤のでっちんです!
    う~ん、みんなチャンとお払いとか行くんですねぇ。
    自宅に仏壇がある程信心深い?でっちんだけど
    『厄』に関しては
     『人間のバイオリズムとか、
      その歳になったら
      丁度ガタが来て体調崩しやすいってコトだろぉ?』
    てな考えで、厄払いなんて考えたことも無かったんですがね?
    大厄はなぁ~~~んにも無くて?
    ホレ、アタシの考えどおりじゃん?!と思ってたら、
    後厄の今年は
    地区子供会長だ、小学校の専門部長だ、
    皆がサイコーに嫌がる小6の学年委員長だ、と兼任しまくり
    挙句にパニック障害出るわ、マサカの鬱病にはなるわ、
    トドメは単身赴任のダンナが仕事辞めて帰ってくるわ!!!
    『後厄だよ!全員集合!!』てなくらい
    怒涛の33歳後厄の1年でした…

    後厄も終盤になり、数々の「チョー」業務もラストスパート忙殺状態、
    鬱ってる暇も無いほどで、最近やたら元気なでっちん。
    うーん、厄が抜けてきたからなのかな…?
    チナミニ、失業夫とはお互い放し飼いの関係で平和に暮らしていますとさ。

    お払いをうけた奥様も、くれぐれもお気をつけアソバセ?
    2006年03月13日 11:18
  • マキパパ

    >でっちん さん

    結局,何かあると「厄だからねぇ」「厄年でねぇ」とある種の言い訳に使えるのも,日本人の良いシステムです。

    お元気そうで,何よりです!!
    2006年03月16日 15:21

この記事へのトラックバック