三条大橋のスタバで「床」体験

海岸通りさんのblog,Starbuck*Stageで知った,京都の「床」。
京都出張の帰りに,早速寄ってみました。

鴨川納涼床で楽しむコーヒー

ちなみに,「床」とは京都・二条から五条の鴨川べりにずらりと並ぶ木組みのやぐらの事。
詳しくは上のスタバホームページにて(^^;

17時前にクライアントとの打ち合わせが終わり,外に出てみるとなんて蒸し暑さ!
昨日からの出張でほとんどクーラーの効いた場所にいたので,身に堪えます(^^;

でも,そんなことではめげずに。
タクシーを使わずに四条烏丸交差点から祇園方面へ進み,三条大橋へと向かったのでした。
出張荷物とジャケットを小脇に抱えて歩いていると軽く汗ばんできますが,平気平気。

歩くこと約30分,ついに京都三条大橋店に到着!

NEC_0079.JPG

店内に入ると,確かにテラスの様に鴨川に張り出しているウッドデッキの空間が。
いや,「床」をウッドデッキなんて言ったら失礼か(^^;

丸机で13席ほどの狭い空間で,それなりに混んでしましたが,1席だけ空いている。
おお,座れるじゃん,早く注文しなくては!とガラス越しに「床」を見ていたら,水曜日なのでアロハシャツ姿のパートナーさんが気づいてくれて「先に荷物をどうぞ」と気を利かせてくれたのでした。

ナイス!スターバックス・エクスペリエンス!!

いつものアイスグランデヘーゼルナッツモカを頼み,初めての「床」の空間に向かいます。

NEC_0075.JPG

ずっと歩いてきた事もあり,座ってホッと一息。
アイスラテを飲みながら,「床」から見る鴨川辺りや三条大橋を眺めていると,先ほどのパートナーさんが近づいてきて何やらパンフレットを渡してくれました。
それは,まさに三条大橋店の「床」のためのパンフレット。

上のホームページにあるような「床」の歴史やらマナーなどが書いてありました。

「これだけはあんじょうおたのもうします」

と題して6項目の利用ルール。

確かにマナーは厳しそうで,この様に店員さんが一テーブルごとにお客さんに説明してますし,ゴミが出てはいけないとストローの包紙さえも事前に片付けてくれたり。

そのまま少しお話したのですが,やはり鴨川の岸辺の掃除に参加したり,マナーを守らせなくてはいけなかったりとハードルは高い様子。
ただ常に床にパートナーさんが立っている必要はないそうな。

頑張ってください・・・

NEC_0074.JPG

昨日からのクーラーに慣れた身には,店内の方が明らかに涼しく感じられまして。
ただ,18時前という夕方に鴨川沿いに吹く風に,少しは「涼」を感じられた,かな?

まだまだ京都伝統風物詩を粋に楽しむには,修行が足りませぬ(^^;


この記事へのコメント

  • 海岸通り

    ブログ記事のご紹介ありがとうございます。
    (恐縮です・・・)

    京都で床・・・羨ましいです。
    とても わかりやすい写真と内容で
    机上の『床体験』をさせていただきました~♪

    今年 床デビューのスタバですが
    周りの眼も 厳しいのでしょう・・・。
    ぜひ 来年につなげて欲しいものです。

    ちなみに『床』は禁煙ですか?
    テラス席は『喫煙』のイメージがあるので・・・。
    2006年07月27日 09:40
  • 綾小路麗華

    今の時期、蒸し暑いですが川床は、いいですよね。
    京都在住時には、出演仲間達と、
    夜中に花火をしました!!

    あと、等間隔に座っているカップルとか、
    笑えませんでしたか??

    あれもお約束で、
    距離間をちゃんと守っているんでしょうか??

    あと残る行事は、大文字ですかね。
    いいなぁ~、あたしも行きたい。
    でも、100%観光がいいなぁ。
    2006年07月27日 23:28
  • 天のがわ

    こんばんわ
    「床」って・・ こういうものだったんですねぇ!(・・*
    とっても勉強になりましたw(^^*
    夏の暑い時に川を眺めながら涼をとる。
    風流だぁ。。(*^^*)
    リンクも全て見せていただきましたが
    色々と約束事も有るのね・・。^^
    でも・・ 皆が心地よく過ごすための大人のマナーですものね。。w
    2006年07月27日 23:58
  • マキパパ

    >海岸通り さん

    こちらこそ「床」を教えていただいてありがとうございました。
    間違いなく,海岸通りさんの記事が無ければ「スタバで床」な体験は出来なかったと思います。
    スタバのホームページの情報さえ,見逃していましたし(^^;

    「床」は禁煙でしたね。
    パートナーさんもずっと床に出ているわけでは無いと仰ってましたが,どうしてどうして。
    かなり細かな気配りをされているように感じました。

    この気配りが,来年へと繋がりますように・・・
    2006年07月28日 17:40
  • マキパパ

    >綾小路麗華 さん

    「川床」!?
    ちょいとググって調べてみましたが,「川床(かわどこ)」と「納涼床(のうりょうゆか)」は違うんですね・・・。
    ワタシがスタバで体験した「床」は,納涼床の部類になると。

    ・・・う~ん,勉強になります (^。^)

    確かに,100%観光がいいのですが出張ですのでそうはいきませんね~。
    時間を見つけてはちょくちょく,出歩くようにしています(^^;
    2006年07月28日 17:41
  • マキパパ

    >天のがわ さん

    鴨川下流の浅瀬に直接床机を置き,まさに川の流れの中で夕涼みをしていたことが「床」の始まりだそうな。
    河川敷工事で鴨川の中洲が無くなり,川の流れが速くなってしまったために,現在の高床形式な納涼床になったそうです。

    実際,今日とは蒸し暑い場所なのですが,それでも川辺に佇むと「涼」を感じられるんですよね。

    古い伝統や格式ほど,新参者に対してのあたりは厳しいものですね。
    スタバで床の伝統も,今年から続くようにマナー良く使いたいものです。
    2006年07月28日 17:42
  • oh!

    床、いいですね~!
    写真を見たら京都行きたくなりました。(観光で)
    鴨川の風景って、妙に旅行気分をかきたてますよね。
    私は以前夏、鴨川をのぞむバー(?)でお酒を飲みましたが、雰囲気満点で最高!お酒にも酔いましたが、鴨川沿いで夜風にあたりながら飲んでる自分に酔ってました(笑)
    いつか大文字見に行きたいな~。
    2006年07月31日 09:58
  • マキパパ

    >Oh!ちゃん

    確かに,ワタシも観光でのんびりと行きたい!
    当分は無理でしょうけど(>_<)

    飲んでいるシチュエーションに酔っちゃうなんて・・・Oh!ちゃんらしくて素敵です(笑)

    大文字はやはり凄くて,このシーズンの出張ホテル予約が取り辛い(^^;
    2006年08月02日 01:25

この記事へのトラックバック