自宅でクリスマスの飾り付けを2013

催事応援で連続出勤後に,お休みだった今日。

自宅のクリスマスイルミ的なものを,ようやくやりました。
同居の父が毎年仕切って飾り付けていましたが,しばらく不在にしているので今年は全て私とカミサンで仕切りです。

庭の白樺の木をツリーに見立てて,メインのイルミネーション。
白樺の木は背が高いので,何気に遠くからでも目立つのでここは大事(笑)

あとミニ灯籠的なオブジェとそばの銀杏の木。
今年はガレージから玄関に続くフェンス的なものと,結婚した時に購入した林檎の樹もイルミで飾ってみました。

庭にクリスマスの飾り付け。半日かかった!

白樺の木は脚立が必要です。
一番上に立ってもまだ木のてっぺんには届かないので,あとは棒を使ってうまく枝にひっかけます。

ガレージから玄関までのフェンスも,何気に大変。
何がって,長ーーーいイルミをぐるぐる押し出すように巻きつけたのですが,電球がひっかかるのでちょっとずつ伸ばしていくしかないわけです。

イルミネーション点灯!

暗くなるのをまって,いざイルミネーション点灯!
やっぱりこのイルミの輝きを見ると,年の瀬だなぁと。

子供たちも学校から帰ってくるなり,クリスマス飾ったのね!と歓声が。
私自身が子供の頃は,こういうイルミ付けはしていませんでしたが・・・
子供たちは,こうやって年中行事として染みこんでいくのかもしれません。

年中行事としては,室内のクリスマスツリー組み立ては私と息子の仕事です。
といっても,ミニサイズなのでものの10分もかからずに終わっちゃうのですけどね。

Xmastree 2013 pt3 at Home

写真では見えませんが,ツリーのてっぺんには息子が幼稚園時代に工作で作った,樹の枝とボンドで固められたミニミニツリーがあるのです。
小さな頃の何気ないアイテムが,ずっと長く残ってたりするわけで。
もっと大事なものも,何かあったと思うけれど。

今日飾り付けたイルミは,クリスマスの12/25を超えて年末までキラキラさせています。
飾り付けた後に「もうちょっとあそこを増やしたい」「ここにもう一本追加したい」欲求がふつふつ。

セーブしないと,どんどん広がっていってしまうので(片すのだって大変)抑えます(^^;


■関連エントリ
サザンライツへ(2005)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック