Firefox 2.0.0.6 リリース

愛用しているタブブラウザ,Firefoxのセキュリティ修正版がリリースされました。

「Firefox 2.0.0.6」が公開、脆弱性2件を修正 (INTERNET Watch)

リリースノートによると,今回修正されたセキュリティの問題は次の2点。
<Firefox 2.0.0.6 で修正済み>
MFSA 2007-27:エスケープされていない URI が外部プログラムに渡される
MFSA 2007-26:クロームによって読み込まれた about:blank ウィンドウを通じた特権昇格
どれも危険度の高い脆弱性だそうなので,ダウンロードや自動更新機能による差分更新などではやくアップデートをかけるようにしましょう。

Firefoxも,脆弱性の問題がたびたび取り上げられるようになったなと感じます。
それだけに,修正版の早いリリースというのは助かりますね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック