「iPhone」を含むアドレスが8,000件超!タイプミスに注意

タイポスクワッティング。

何かで聞いたな,と思ったら訳すと「タイプミスの不法占拠」の事でした。
有名なサイトのドメイン名と似たドメインを取得して「占拠」し,アドレスをタイプミスしたユーザーが,誤ってアクセスしてくるのを待っているわけですね。

そんなタイポ(スペルはtypoとなんかカワイイ?(^^;)なサイトでも,iPhoneは大人気のようです。

「iPhone」使ったURLは8000件超に--“タイポスクワッティング”にご用心 (CNET Japan)

セキュリティ大手のマカフィーの発表によれば,タイポスクワッティングのサイトは12万件以上。
たとえば,youtube.comをyuotube.com(←リンク貼りませんよ(^^;)と一文字変えても,なにやら別のサイトに飛ばされるそうです。

iPhone関連も・・・

iphone.com
⇒ 米AppleのiPhoneのサイトへ飛びます

iphoen.com
iphon.com
iphoe.com
iphne.com

・・・この4つ(他のパターンもあるかも)。
なんと,タイトルが「iPhone」というすべて同じデザインのサイトが用意されていました(-_-;)

そこから先はクリックませんでしたが,なるほど,考える人はいるものですねぇ。

タイポスクワッティングの主な目的は,広告収入との事。
誤ってクリックしたユーザーに広告をクリックさせたり,悪質なものではスパイウェアやウィルスを仕掛けたり。

タイプミスには,注意したいものです。

研究報告書「2007年タイポスクワッティングの現状」(マカフィー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「iPhone」人気の裏側...タイポスクワッティングにご用心
Excerpt: セキュリティ大手のマカフィーが、研究報告書「2007年タイポスクワッティングの現状」を発表したと CNET Japan が伝えています。 タイポスクワッティングとは、「つづり間違いのドメイン名の..
Weblog: Blog!NOBON
Tracked: 2007-11-22 01:03