「D」の三菱電機が携帯市場から撤退

ドコモの携帯で「D」シリーズを発売する三菱電機が,携帯端末事業から撤退するそうです。

三菱電機、携帯端末事業から撤退 (ケータイWatch)

年々販売台数が減少している中で,しかも今回のドコモ905iシリーズから導入された端末本体の割賦販売制度(バリューコースなど)で,機種変更のサイクルも長くなっていくことが予想されます。
・・・確かに改善の見通しは厳しいのかもしれませんね。

ディスプレイがスライドするデザインで,いち早く携帯の大画面化を進めてきた「D」シリーズ。
ドコモユーザとして,端末の選択肢が減るというのはちょっと寂しい気がします。

三菱電機のニュースリリースはこちら。

事業再編に関するお知らせ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック