iPhoneで撮影した写真に位置情報を付加させない設定方法

iPhoneにはGPS機能が搭載されているので,カメラで撮影すると「ジオタグ」が撮影データに付加されます。

ジオタグ。
写真データに付加される追加情報で,緯度と経度の数値が含まれています。

撮影した場所が特定できるので,地図サービスやiPhotoといった対応ソフトで場所を基準にした整理や公開をすることができる,便利な機能ですが・・・

一方で,そのことを念頭に入れておかないと,ちょっと危険な事にも。

「iPhone」で撮影した写真をブログ掲載する際は位置情報に気をつけよう ([N]ネタフル)

例えば,iPhoneを使って自宅で撮影した夕食の写真を「美味しいそうナウ」なんてアップしたりすると。
ジオタグがついてますから,そこから自宅の場所が判明してしまうわけです(!)

ちなみにiPhoneのメール送信を使ってアップした場合は,iPhone側でジオタグを削除してくれるので問題はありません。
ただ画像投稿機能のついたtwitterクライアントなど,アプリケーションで直接アップする場合は,そのアプリの仕様によって削除してくれたりそうでなかったり。

うぅむ,それは危険危険。

一番の簡単な方法は,iPhoneのGPS機能をオフってしまうこと(笑)

iPhone購入当初はそれこそ「節電」の為にGPSをオフっていましたが・・・
内部ソフトのバージョンが上がるにつれて制御もこなれてきたようで,GPSをずっとオンしたままでも著しいバッテリの消費は感じなくなりました。(*1)

GPSならではのアプリもあったりするので,その都度オンオフを切り替えるのも煩わしい。
そんなGPSをオンにしたまま場合の,ジオタグを付加させなくする手順です。
以前何かの雑誌かNETで見て覚えていたので,メモしておきます。

もともと,iPhone購入後に初めてカメラを起動した際は,ジオタグをつけるかどうかの設定を聞かれていたのでした。

ただ一度設定してしまうと,次からは聞いてこなくなります。
なので,いつしか忘れてしまい,写真に撮影場所のジオタグがモレなくついていたわけです。

その「位置情報の警告」をリセットすることで,再度設定を変えることができるわけですね。
以下手順です。

iPhone Geotag Clear
iPhoneの「設定」→「一般」からリセットをタップ

リセットというと,それまでの設定が全てクリアされそうなイメージがありますが,設定内容の項目ごとにクリアできるんですね。

iPhone Geotag Clear
リセットの一覧から「位置情報のリセット」を選択

iPhone Geotag Clear
パスコードを設定している場合は,ここで入力します

iPhone Geotag Clear
「警告をリセット」を押すと工場出荷時状態に!

そして改めてカメラアプリを立ち上げれば,位置情報の付加するかしないかを改めて聞いてきてくれるわけです。

iPhone Geotag Clear
「許可しない」でこれからの撮影時は安心!

身近なところで撮影することが多いiPhoneカメラならではこそ。
こういった落とし穴には注意したいものですね。


*1 ハードが変わらずとも進化していくのが,iPhoneの良さでもあります(^^ゞ

"iPhoneで撮影した写真に位置情報を付加させない設定方法"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]