サントリー登美の丘ワイナリー技師長が語る特別ツアーに参加(後編)

サントリーのワイナリーツアー「前編」に続いて,いよいよ醸造所に入ったワタシ達。
ワインの製造工程を見学します。

技師長が語る特別ワイナリーツアー (サントリー登美の丘ワイナリー)

登美の丘ワイナリー
この資料室のあと,工場エリアに入ります

「破砕・圧搾場」,「発酵室」,「瓶詰室」を経て,「樽熟庫」へ。
ここの中で樽詰めまたは瓶詰めされたワインたちが,じっくりと熟成されているわけです!

celler no.4
今回はセラーNO4(4番貯蔵庫)に入りました

入った瞬間に,みんな「寒い!!」。

それもそのはず,ゆっくりと熟成させるために,夏場は18度に室温を設定しているそうです。
9月半ばでなお残暑が続くお天気で汗ばんだ体から,一気に汗が引いていきました。

樽詰熟成
樽詰めされたワインが整然と並びます

うっすらとしたワインの香りに木の樽の香りが重なり,独特の香りが漂います。
数年に一度樽を詰め替えて,底にたまったワインのかすを捨てる作業もあるそうです。

さらに,その奥には「瓶熟庫」がありました。

瓶詰熟成
まだワインラベルは貼られていません

ここで寝かされたワインが,最後には一緒に混ぜ合わされ,均一の味となって出荷されていくそうです。

で,いよいよ本日のメインイベント!

瓶詰室のさらに奥には,テイスティングセミナー会場があったのでした。

テイスティング会場
まるで中世の古城の一室のような・・・

隠れ家のような,とても趣のある一室です。
そこで繰り広げられるワインテイスティングのために,用意されていたのがこちら。

テイスティング6グラス
全部で6種類もありました!
左から,1~6の番号がふられているのが分かるかと思います。

今回用意されたのは,次の6銘柄です。
1.登美の丘2005(白・辛口)
2.特別瓶熟品シャルドネ1992(白・辛口)
3.登美2004(白・辛口)
4.登美の丘2004(赤・フルボディ)
5.特別瓶熟品メルロ1999(赤・フルボディ)
6.登美2003(赤・フルボディ)
なんとまだ市販されていない(=非売品)の瓶熟品ワインもあるんです!

2.のシャルドネは,まだ製品化途中の段階だそうで,値段から発売予定からまだ未定。
5.のメルロは「紫玉台園1999」として,登美の丘ワイナリー限定で売り出すそうです
(720ml/¥5,267)

この一本一本を,技師長の渡辺さんが作成された年の状況を思い出したり,解説を入れつつ。
順番にテイスティングしていきます。

ひらたさんは,味なら5番,香りなら6番と言っていました。
ワタシも異議なし!

でもどちらかというと白ワインの方が好きなワタシ,一番の好みは3番でした。

登美2004
テイスティングだというのに飲みすぎてしまいますね(^^;

普段はワインは開けても一本ですから,こんな形で飲み比べしたのも初めての体験。
実に美味しい,そして貴重な体験でした。

テイスティング終了
あらら,3番の登美2004は飲み干しています(笑)


でも実は,このあと本日最大の貴重な体験が待っていたんです・・・ フフ。



あっという間のワイナリーツアー。
最後は帰りのバスの時間までワイナリー内のショップでお土産タイムです。

今日という休みの日を,ワタシの興味に時間を使うことを快く?許してくれたカミサンに。
ワインを2本,お土産に購入しました。帰ったらご機嫌取らないと・・・(^^;


と,新宿から同行いただいているサントリーのスタッフの方に,ワタシ達5人が呼ばれまして。

なんと,あの「貴腐ワイン」のテイスティングをしてみませんかと!!

貴腐ワイン
このショット「一杯」で¥2,100です(!)

貴腐ワインとは・・・
ボトリティス・シネレアという貴腐菌がつくことで葡萄の表面に無数の穴が開き,そこから余分な水分が蒸発し,糖度があがった葡萄をつかうので一般に甘口となる。そのため食後酒・デザートワインとして珍重される。
Wikipediaより)
とにかく珍しく,貴重なワインとのこと。

登美の丘ワイナリーでは,「登美ノーブル・ドール」として販売されています。

登美ノーブル・ドール
値段を見て夢を馳せましょう(笑)

味は,濃厚なジュース?いやワイン?すごく甘い。絶句。
濃厚で,コクがあり,かといってくどすぎず・・・
喉をゴクリと通ったときのあの美味しさ。

オドロキです。生まれて初めての体験です。
あぁん,こんなにスゴイの,ワタシ初めて・・・ (*^_^*)

モダシンさんは,一気に飲み干した後に貴腐ワインだったと気づかれたようで・・・(^^;
いえいえ美味しいものを一気にというのも,ある意味幸せなことですね。

ちなみに隣の棚には,こんな貴腐ワインも置いてありました。

登美ノーブル・ルージュ
登美ノーブル・ルージュ。値段をよく見てみましょう(!!

登美ノーブル・ルージュ」という貴腐ワイン。
このリンク先の説明を読んだだけでも,希少品で貴重なワインだということが分かります。
1976年に,その数177本しか瓶詰めされていないそうです。

ホント,ワインてば奥が深い。
でもそのストーリーや背景を知れば知るほど,同じワインでも違った印象になってくるから不思議です。
ちょっと固いイメージがあったワインが,何か身近に感じられるようになりました。


そんなこんなで,実に貴重な一日でした。
ええ,ワインというものを思いっきり見直しました。

この「技師長が語る特別ワイナリーツアー」は,11月までの土日期間限定です。
通常のワイナリー見学はいつでもやっていますが,技師長から直々にワインへの熱い思いが伝わってくるのは,ワイン好きにはたまらないことと思います。

2007年のスケジュールは・・・
9月15日(土)・22日(土)・29日(土)・30日(日)
10月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)
11月17日(土)・18日(日)
参加費は一人¥2,000,毎回限定20名との事です。

NET先からも予約ができますね。

貴重な体験,どうもありがとうございました!!


<2007.9.18追記>
技師長が語る特別ワイナリーツアー,11月分の行程の予約が今日から始まったのですが・・・
先ほど見ると,何と既に満席に!!やはり大人気なんですね~。

通常のワイナリーガイドツアーテイスティングセミナーの受付は続いています。
そちらを利用するのも手ですね!

・・・とは言っても,あの気持ちの熱い(そしてステキな)技師長さんのお話は必聴です。
来年のスケジュールに期待しましょう!


■同行させていただいたメンバーのエントリ

技師長が語る特別ワイナリーツアー (Drift Diary12)
「登美の丘ワイナリー」特別ツアー参加レポート ([N]ネタフル)
「登美の丘ワイナリー」ぶどう畑の見学 ([N]ネタフル)
「登美の丘ワイナリー」醸造所の見学 ([N]ネタフル)
「登美の丘ワイナリー」ワインの試飲 ([N]ネタフル)
「登美の丘ワイナリー」貴腐ワインを試飲 ([N]ネタフル)
「登美の丘ワイナリー」技師長と食事 ([N]ネタフル)
秋の大人の遠足 - 「登美の丘ワイナリー」に行ってきました。 (Modern Syntax)
技師長が語る特別な登美の丘ワイナリーツアーいってきました (dh memoranda)

みなさん,「貴腐ワイン」はやはり衝撃だったようですね(^。^)

"サントリー登美の丘ワイナリー技師長が語る特別ツアーに参加(後編)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]